FC2ブログ

がんばれ西村

またワールドカップの年がやってきました。
もうあれから4年も経ったのですか?
時が経つのは本当に早いですねえ。

4年前はオランダは決勝まで進出して大フィーバーでしたが、
私自身はワールドカップにたいした興味もないまま、
ただちょっと恰好良い日本人審判だけを観ていたものでした。
今年はもう一歩前進しまして、
ビールやらオレンジ色のTシャツやらを購入し、
最初から応援する気でテレビの前に座り込みました。

何故かというと、大型テレビを買ったのです。
42インチ、LG製。
輝くばかりに美しい、薄型のあの子です。

もう何年前になるでしょうか。
友達の家に遊びに行った時に、
私はものすごく大きなテレビ画面でツール・ド・フランスを観ました。
自転車競技に寄せる興味は1ミリもありませんでしたが、
選手たちが駆け抜けるどこかの国の景色が、
大画面の中でそれは美しくて、
私は目が釘付けになりました。

それからもう、大型テレビが欲しくて、欲しくてね。
どうしても欲しいので私のオランダ人に「半分づつお金出して買おうよ?」と言うのですが、
彼は典型的なオランダ人ですから、
「でも君が家でテレビを観ているところなんか見たことがないぜ?」と言うのです。
「買ったら観る!買ったら絶対に観るから!」と私が熱心に言っても、
断固として首を縦に振らないのです。
「欲しいなら自分で買えよ」とも言われました。
「だって、私は買ってしばらくしたら観なくなるかもしれないし!
 我が家での主な視聴者はあなたになるんだから、あなたが半分出すべきだと思う!」
と言ったら、
「僕はいらない。」ときっぱり。
そこで日蘭会議は常に物別れに終わっていたのです。
でもずっと大型テレビにたいする憧れは、胸の中で密かに燃え続けておりました。
あ、ちょっと綺麗に言ちゃったな。

ところが今年はワールドカップ。
私のオランダ人は面白い人で、
普段は何一つ金を出したくないくせに、
イベントに合わせて大きな物を買うみたいな、
あからさまに企業の戦略に乗っかっちゃうみたいなことを時々するんですよね。
「大画面で試合が観たい」と言い出しました。

ああ、そうか、そういえばワールドカップか、
そういう発想なかったな、と思いつつ、
私は彼に大賛成しました。
そして、野望を抱いてから数年を経て、
350ユーロづつ出して大型テレビを買うに至ったという訳です。
もう本当に嬉しくてね。

テレビが届いた日の夜が、
ちょうどブラジルVSクロアチア戦でした。
テレビをほどいた後の大量のゴミに囲まれながら、
新しい良い匂いのテレビにスイッチを入れ、
私はうっとりしながら試合観戦をしましたよ。

すると何とね、4年前に私の目を楽しませてくれた、
あの日本人審判・ニシムーラーがいるではありせんか。
偶然にもブラジル・クロアチア戦の主審をやっていたのです。
ああ、この人今年も呼ばれたのか、嬉しいなと思いました。
この間のワールドカップの時は、
私はもちろん審判の良し悪しなんかわかりませんから、
西村審判が抗議を受けたりする度に心配で、
横にいるオランダ人に
「今の大丈夫なの?ちゃんとしてたの?」と何度も聞いてしまったものです。
でもあの時の審判ぶりが好評だったから今年も呼ばれたということですよね。
やっぱり思った通り。
サッカーの試合で日本人がもっとも輝けるポジションは審判ですよ。

それにしても、4年前にも思いましたけど、
オランダ人の解説実況が、
西村氏が何かする度に、
「日本人審判が」「日本人審判が」と、
審判の前に必ず「日本人」をつけるのです。
最初から最後まで。

「ねえ、こんなに審判の国籍って大事なことなの?」と聞いてみると、
私のオランダ人は肩をすくめて、
「いいや。でも日本人の審判はエキゾチックで珍しいから」と言うのです。
そんなポジティブな理由なら良いようなものですが、
あんまり日本人、日本人言われるとねえ。
なんかちょっと鼻につきました。

試合ですけど、
大型画面で観ても案の定、私は途中から飽きてきました。
大体クロアチアとブラジル、どっちの味方をすればいいのでしょう。
正直どちらにも、何の思い入れもありませんし。

弟や兄が一緒にいれば、
どっちが強いのか、とか、有名な選手は誰か、とか、
今のはこういう事で、さっきのはああいう事で、
みたいなことをずっと教えてくれますけど、
私のオランダ人はもっとずっと寡黙な人ですから、
あんまり解説みたいなことはしてくれないんですよね。
つまらなくなって、
やっぱり私は主に西村氏を目で追っていました。

今年の仕事ぶりも良かったですねえ。
キビキビしてて、厳然としていてね。
ピッピーと笛を吹いて走っている姿なんか、
意味は全然わからないけれども男前でした。

西村氏がクロアチアに厳しすぎるペナルティを与えた時、
オランダの解説は、
「ああー!日本からブラジルへのプレゼントー!」と言いました。
私は反射的にテレビに向かって、
「なんだと、この野郎!日本に関係があるかっ」と叫びましたよ。
突然アグレッシブになった私を見て、
私のオランダ人はゲラゲラ笑いましたが、
そのあとで、
「だけどワールドカップみたいな重要な試合で、こんなミスジャッジはあり得ない」と言いました。

「あり得ない」だなんて言われると、
私はずぶの素人ですから、
「そうなのかな?」と思って黙るしかないんですけどね。

でも今になって思うのは、
やっぱり西村さん頑張れということですね。
ああいう大舞台で、
あんな風に自分の判断で試合の局面が変わってしまって、
皆がそれを観ていて、
その判断に対して囂々の論議が巻き起こっているなんて、
西村審判は今ずいぶん怖いだろうと思います。

裏に何かあったんだろうって勘ぐられたり、
審判としての資質を問われたり、
繰り返しあの場面がテレビで流れて検証されたり。

あれで良かったのかなって、ずっと考えちゃうでしょうね。
やはり責任の重い大変な仕事です。

でもそんな重要な試合を任せられるまでに上がってきたのは、
絶対に実力があるからだと思いますし、
ミスジャッジを一度もしない審判なんていやしないのですから、
負けないで、大舞台に立ち続けてもらいたいものです。

何十年後かに「西村雄一」でウィキペディアを開いたときに、
「2014年には批判を浴びたが、
 その後ワールドカップの名物審判として名をはせるようになった」
みたいな感じで書かれるようになるといいな。

私みたいなサッカーに何の興味もない人間には、
とにかく西村氏および彼の周辺の日本人審判団が楽しみですし。

日本人の審判団って、私が言うことでもありませんけれども、
やっぱりちょっとエキゾチックでキュートな感じというか、
ホビットが審判やっているみたいな妙な存在感があるのです。
湧き上がっている批判に負けて、良い所を失くしたりしないで欲しいものです。



都知事選

選挙の結果にため息。

選挙の前に、東京では府中以外の場所はムサシという会社の開票機を使う、という話を聞いて、
「ああ、じゃあまた投票率最低で舛添氏の圧勝じゃーん」
なんて言っていたのですが、その通りになっちゃった。

ムサシの件って、
都市伝説みたいなものなんですかねえ?

もう妙にリアリティあるっていうか、
信じそうになっちゃう自分がいますよ。

でも、そういう疑惑を持ち出すと、
日本では「洗脳されてる」とか「陰謀マニア」とか言われて、
「・・・好きだねえ」的な扱いになってしまう。

本当は、選挙の開票機がほぼ一社の独占となっていて、
その会社の役員は定期的に自民党に献金していて、
その会社の住所が役員の自宅になっていて、
大株主も役員と同じで、
そこの社外監査役が原子力機構の公認会計士である。

みたいなことが、事実として明らかになっているのであれば、
その結果、ムサシの開票機が使用される選挙で、
自民党系列が不可思議に勝ち続けるのであれば、
それはもう、疑われても仕方ない、みたいなことはあるのです。
選挙制度に疑惑が生じているというのは、
民主主義の根幹を揺るがす様なことじゃありませんか?
もし仮に単なる噂だとしても、
それが簡単に否定できるようなバカバカしいものだとしても、
というか、そうであればあるほど、
政府には説明責任が生じると思うのです。

「それは嘘ですよ。証拠をご覧ください」ってね。
メディアにも、「それじゃあどうなのかな?」って調査・検証してみる責任があると思いますしね。

日本はどっちもやらなくて、疑惑は疑惑のまま。
なんかすっきりしないというかね。
是非とも、市民の疑惑を増長させない程はっきりさせてほしい。

少なくとも私は、
疑って、疑って、疑って・・・
疑惑のかたまりの鬼のような顔になっていますよ。




アンチ・オリンピック

ソチでオリンピックが始まりましたね。
私の周辺はロシア関係の人々が多いものですから、
色んな方向からオリンピックの話を聞きます。
私がロシアに長く住んでいたということから、
当然並々ならぬ興味・関心があると思われるらしくて、
もう観ているに決まっている、という感じで、
「開会式すごかったね!」なんて言われる訳です。

でもねえ。
私はオリンピックが大嫌い。
ああいう権威を持った集りが嫌いだし、
オリンピックのセレモニーの非人間的なマスゲームも嫌いだし、
そもそも身体を動かすのが嫌いだしね。

去年日本列島を覆ったオリンピック招致のプロセスによって、
さらにさらにオリンピック嫌いに拍車がかかっているのです。

やっぱりねえ、うまくいった祭典とかシステムとか思想とか、
劇団でも賞でも何かのセレモニーでもなんでもいいですが、
あまりにも長く続いて権威を持ち始めると、
例外なく腐ってきますよね。

私はスポーツマンは嫌いじゃなくて、
ムキムキの筋肉も好きですし、
日々肉体の鍛錬に努め、常人には思いもかけない身体能力を獲得された方々は、
本当に尊敬に値すると思います。

ただ、私が気に食わないのは、
その上に、自分じゃ指一本動かしてない、
偉そうにふんぞり返っている爺さんたちがいて、
委員会だなんだって無意味に集まっては、
スポーツを食い物にして富と権力を欲しいままにしているってことです。

どうしてもオリンピックに出たいと思っている選手の人たちの、
その切実な思いを利用して、無理やり言う事を聞かせたりね。
選考委員会なんて、偉そうなクソジジイたちの宴でしょう。
体育会系の、脳みそ筋肉の、偉そうなクソジジイたちの宴です。
考えるだけでいやになりますよ。

オリンピックは大変金になる。
皆が当然のように思っている事だと思いますけど、これって本来どうなのでしょう。
自分で身体を削って、
怪我や私生活やプレッシャーと日々戦う選手が代償を手にするのは当然ですけど、
それ以外の人間がそこに発生する金に群がるっていうのは、
本来ならばとても醜いことだと思うのですよ。
で、景気なんて言ったってね。
オリンピック程度で沸き起こる景気なんて、
超短期的な花火みたいなもので、
こすからい利口な人々の懐を一瞬さっと潤して、
庶民には無駄な要らない巨大施設の維持費(負担)が残るだけ。
何でみんながオリンピックで浮かれていられるのか、
私にはさっぱりわからないのです。

オリンピックとか、ノーベル賞とか、みんなそう。
大きくなり過ぎたものは人間じゃ制御できなくて、
結局腐られて利権とパワーゲームの宝庫にしてしまうのだから、
もう終わらせちゃえばいいと思いますよね。

ふん、あたしゃ観ないよ。
意地悪ばあさんみたいにそう思っている今日この頃です。


田母神俊夫

都知事選に立候補する田母神俊夫氏ですが、
この人のツイッターって怖いのね・・・。

「福島県が県外に放射能避難をする人たちへの支援を打ち切ったことが批判的に報道されています。そして避難希望者が住居選択の自由を奪わないよう署名活動をして福島県などに提出したそうです。人の支援を得て避難することが当然という風潮はおかしい。自分で勝手に避難しろと言いたい。甘えるな。」 →原文


とかさ。
人の支援を得て避難することが当然という風潮はおかしいって、
そんな事考えたこともなかったな。
国民の安全確保なんて、当然政府の義務の一つとして考えていましたよ。
特に、福島の人々の健康被害に関しては、
自然災害じゃなくて人災、
しかも政府と官僚ががっちり癒着した構造のなかで生み出された、
政策ミスでしょう。
彼らの失政によって生きる土台を根こそぎ奪われた人たちがいるのに、
「勝手に避難しろ」?
田母神氏にとっては、避難の支援を当然のように求めるのは国民の甘えだそうです。
いやいやいやいや。

この人が都知事になって、
たとえば直下型の大地震なんかが東京で起きたら、
この人は自分が良く知っている自衛隊なんかを、一体何に使うんだろう。
避難に手を貸してやるのは甘やかすことなんだから、
つまりは、甘やかさない方向に、
黙らせる方向に使うのでしょうかね。

あー絶対やだな・・・。
こんな人が上に立つ世界に、
私の家族を置くのは絶対にいやです。

田母神氏の上のツイッター、
彼の意図を私、誤解していませんよね?
これ冗談として書かれた訳でも、
反語として書かれたわけでもありませんよね?
インタビューの一部をマスゴミが歪曲編集抜書きした訳でもありませんよね?
ツイッターって自己編集ですもんね。

ああ、やばいやばい。
日本も本当に色々な人が出てきますよね。
田母神氏みたいな人は話し合うと未知との遭遇的なものがあって、
意外と面白かったりするのかもしれませんけど、
権力をあげるのは是非ともやめてほしいものです。
実害があると思います。

光源氏の子供

それにしても、
大沢樹生氏の今回の騒動はどうなんですか、皆さんは?
私はもう、かぶりつき。
ニュースでチラッとでも「大沢」という文字が出てくると、
それだけでクリックしてしまうくらいですよ。

もう、ドロドロすぎてね。
現実を越えてドロドロしていて、
DNAの検査をするのもすごいし、
それで父親じゃないって判定が出てしまうのもすごいし、
その上その未成年の息子が出て来て、
「僕は本当の息子です」って言ったり、
現実離れしててよく分からない。
目が離せませんよね。

よく大沢樹生が、
DNA鑑定をしたきっかけについて、
「自分に似ていないし・・・」と言ってるのですが、
喜多嶋舞と大沢樹生って良く似ているから、
そこらへんも分からない所です。
私はあの子供、大沢樹生にそっくりだと思っちゃう。
でもDNA鑑定が出ているんだから、
違うのでしょうね。

でも、アメリカまで記者が追っかけていって、
まだほんの子供のその男の子に、
「自分は本当の子供です。」と言わせるなんて、
そんなこと、許されるの?
女性週刊誌とはいえね。
そこにもびっくりです。
そんな事言わなくちゃいけなかった子供の気持ちってどんなだろう。
そこに誘導していった記者の顔と履歴が見たいですね、つくづく。

話の筋を追っていけばいくほど、
本当に子供がかわいそうというか、
これは大人になってからこじれるだろうなあと、
つくづく思いました。
喜多嶋舞も大沢樹生も良いように言っているけれど、
結局はどちらも、
「こいつ、可愛くない。
 こいつ、要らない」

と動物の言葉に翻訳するとそういう趣旨で、
まあ、本音に正直な人たちなのかなとは思いましたけどね。
本能の赴くままに色々な人と関わって、
わからないまま子供が生まれて、
なんか子供とかよくわからないのでイヤになっちゃったのでしょうね。
実際、子供も一緒に暮らすとあんまり可愛くないのかもしれないしね。
特に障害があるということで、
まあ、彼ら、イヤになっちゃったのかな。

光源氏って、でも、結構そういう人でしたよね?
そういう意味では大沢樹生氏は名は体を表しただけかもしれませんね。
なんかちょっと源氏物語っぽいですよね、
そういえば、話のドロドロした感じが(笑)

私は子供がいないので、
あんまり知ったような口は利けません。
「子供が可哀そうだよ!」というのは簡単だけど、
実際に子供と暮らした時に自分がどうなるかなんて、
神のみぞ知るってところがありますしね。
自分が絶対にそういう羽目にならないかって、
そんな事は言えないと思いますし。

家族っていうのは、
本当に面倒くさい所があるし、
近いだけに愛憎が濃いというか、
お互い同士を苦しめ合ったりすることは、
普通にあると思うのです。

でも、だからこそ、
私は子供を持たなくて良かったな、とも思います。
だって、あの男の子に喜多嶋舞と大沢樹夫がやったことは、
人として最悪ですよ。
あんなことをするくらいなら子供なんて本当に持つべきじゃないし、
それは結果論だから仕方ないとしても、
もし仮に自分がそれをあんな形でやってしまったとしたら、
自分で自分が許せないだろうと思います。
醜いし、正しくないし、どこにも良い所がありません。
それは他人が断罪すべきことでもないけれど、
自分だったらと考えるとゾッとします。
私は案外自己批判しちゃうタイプなのでね。

どういう人になるんですかねえ、
あの子供は。
自分に与えられた人の何十倍も濃い物語を、
どうにかポジティブな意味でのアイデンティティに変えていってほしいものですが。



プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
11769位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR