FC2ブログ

かさぶた

私は毎年、
クリスマスには私のオランダ人の実家に行きます。
これは何やら親戚一同大集合の、
オランダ人としての義務らしいのですね。
必ず、必ず行かなければいかないのです。

まあ、それぞれ至近距離に住んでいるオランダ人家族が集まって、
近況報告やら近所の人のうわさ話やら昔話やらに花を咲かせる中で、
言葉もおぼつかない日本人がたった一人参加するわけですから、
そりゃ楽しくはありませんよ。
でも、私は典型的な日本女子。
世界に冠たる「お嫁さんにしたい民族」ナンバー1の大和撫子です。
私が行かないとなると、私のオランダ人は肩身が狭かろう。
両親にたいして、顔も立つまい。
「仲がうまくいってないんじゃないか」と余計な憶測も立つだろう。
私一人が我慢すればいいならね、
行きますよ。
行けばいいんでしょ。

そうやって私のオランダ人に延々と自己宣伝&恩を着せながら、
今年も行ってまいりました。

ところが、その心根がまずかったのか、
地下鉄の駅の工事中のところで、私は見事にすっ転びました。
下ろしたての黒いタイツの膝のところに穴が開き、
そこに擦り傷ができたのです。

その時は大したことがないような気がしたのですが、
パーティーの途中にふと膝に手を置いたら、
手に血がベットリとつきまして、これには驚きました。
黒い厚いタイツの下だったから、
気がつかなかったのです。

で、その夜タイツを脱いでみたら、
パリパリはがれるタイツのあまりの痛さに、
「くうううう・・・」
と思わず身体が九の字になって震えましたよ。

穴のすぐ下に大きな擦り傷がもう一つあり、
そっちのほうが傷が大きいことがわかりました。

なんで穴が開いている方のキズが小さくて、
開いていない方のキズが大きいんでしょうね?
つくづく不思議でしたが、
私も私のオランダ人もあんまり物理には明るくないもので、
その因果関係は証明できぬまま、
とにかく膝だけはズキズキ痛んでおりました。

大晦日にはこの膝まわりが赤く腫れあがりまして、
熱を持ってとても痛みました。
大人ですから痛いのは大丈夫なのですが、
大人だけに不安には耐えきれないものがありまして。

「足 擦り傷 壊死」
「擦り傷 炎症 壊死」
「擦過傷 壊死 敗血症」・・・

この当時の私の検索履歴を見ますと、
我ながらちょっと恥ずかしいです。
とにかく壊死を強く疑っているのです。
バカですね。

今はこの傷ももう大きなカサブタとなっています。
もうすぐ下のキズも完全にはがれると思いますけど、
今は治りきってはいなくて、ちょっとかゆい感じです。
これが触ると気持ち良くてね。
なんでしょう、固くなったカサブタって、触ってしまいますよね。
表面がツヤツヤツルツルしていて、
なんだろう、焼き始めて1分くらいの卵っていうか、
そろそろ乾きそうな予感に胸がワクワクするというかね。

そういえば私が昔家庭教師をしていたハーフの女の子は、
自分のキズが大好きで、
新しく痣だのキズだのが出来ると、
よく見せて自慢してくれたものでした。

「うわあ、痛そう。
 どうしたの?
 どこでやったの?」

と聞くと、
たどたどしい日本語で、
それでも大変得意そうに、

「でも私は全然痛くなかった!」
または、
「痛かったけど、泣かなかった!」
または、
「ちょっと泣いちゃったけど、今は痛くない!」

などと報告してくれるのです。
傷は男の勲章だとよく言いますけど、
子供の勲章でもあるのですね。

私は彼女ほどハードボイルドではありませんけど、
でもやっぱり、
何となく自分の膝のキズが気に入っています。
いつでも気にかかっているし、
皆にその傷が出来た状況・そして現在を、
語りたくてたまらないのです。

もうしばらく経ったら、
カサブタはすっかり固まって、
はがせるようになります。
こんなに大きなカサブタをはがせるなんていうのは、
もう何年振りでしょう。
うー、楽しみだぜ。









またか

オランダに帰ってきて、しばらく経ちました。
もう仕事も始まっていて、
日常生活に戻っています。
面白い事に、何年も行ったり来たりして生活するうちに、
モード変換があっと言う間になってきて、
日本にいる時の日本での自分と、
オランダにいる時のオランダでの自分が、
プツッと帰ってきた瞬間に入れ替わるのです。

ところで、オランダに戻ってきた瞬間に私のオランダ人がもたらしたビックニュースは、
失業した。
というものでした。
ははは。
またかよ!
この三年間で二度目の失業。
私のオランダ人、45歳。
「不惑」っていう言葉をとことんまで裏切りながら、
我が道をふらふら、ふらふら、どこまで行くのでしょう。

まあ、ただ、本人が、
失業したことであんまり幸福そうではないから、
それにやっぱり社会的な責任も失業してたら果たせませんから、
一刻も早く仕事を見つけて欲しいものです。

ところで、今私はニーアル・ファーガソンという人の、
「劣化国家」という本を読んでいます。
これは西欧諸国の社会システムが機能不全に陥っていて、
国家として劣化しつつある、
それは何故か。
という本なのです。
空港の本屋でチラッと見て、
面白そうだったので購入しました。
この、衰退する西欧諸国と、
先進国の社会的な機能不全というのは、
最近の日本の様子を見て、
一番私なんかも肌で感じているところです。

日本の人は、
もしかしたら私の家族の周りにいる人たちだけなのかも知れませんが、
会ってみるとなかなかどうして、
みんな知的ですし、まともですし、きちんとしてますし、
悩んで苦しんで、それでも人と共生しようと努力している、
良い人たちがとても多いのです。
311前と比べると、
人間らしい顔の人たちが激増中で、
私は帰る直前の金曜日に、
国会前のデモを見物して帰りましたが、
あの場にバラバラと集まって来ていた様々な人たち、
年齢も階層も実に混成した、
たった一人でも駆けつけた人たちの中にいると、
なんとなく気が休まりました。
もし私が日本にいる頃に世の中がこんなだったら、
私は日本の中でもう少し共鳴できる人を見つけられたかもしれません。

そうはいっても、
では今の日本はどうか、と聞かれたら、
「劣化国家」そのものなのです。
中にいる人間と、
中央にいる人間の意識の差が激しく、
1パーセントの『持てる人間』の持たざる者への収奪が、
これほど露骨でしかもやりたい放題なのは、
どこかで何かが間違っているからなのだろうと思うのです。

私はただその構図が、
貧乏人vs金持ちとか、
派遣vs経団連とかっていう感じなのかな、と思っていたわけですが、
ニーアル・ファーガソン氏の言うところの問題点は、
現世代だけの問題でなく、
現在の世代が今あるものを浪費しまくっていて、
そのツケをまだ小さな子供とか、生まれてもいない赤ん坊に先送りしている、
それができてしまう社会的な欠陥にあると言うのです。
つまり収奪は、現世代が未来の世代に対して行っており、
それが一番の問題だというのです。

今そこまで読んだところなのですが、
電子書籍の144ページには、
エドマンド・パーク氏の『フランス革命の省察』という本の中の一節が引用されていて、
私は感銘を受けました。

共和国と法を聖別するための第一に重要な原則のひとつは、
共和国と法の一時的な所有者であり、この世に生を借りた存在でしかない者たちが、
祖先から受け取ったものや、子孫に支払うべきものを気にとめもせず、
あたかも自分たちがすべてを所有するかのようにふるまってはならないというものだ。
また社会の元々の構造全体を意のままに破壊することで、
自分たちが受け継いだものの相続権を破棄したり、浪費したりする権利が自らにあると考えてはならない。
これから生まれ来る者たちに、
住居でなく廃墟を遺し、
自分たちが祖先の諸制度をほとんど尊重しなかったのと同じように、
後継者に自分たちの生みだした機構も尊重する必要がないと教えることになってしまう。
・・・・社会とはまさしく契約である…国家は…いま生きている者たちの間の協働事業であるというだけでなく、
生きている者たちと亡くなった者たち、これから生まれ来る者たちの間の協働事業でもあるのだ。


(行替えは私がしました)

そうなんですよねえ。
若い頃はぴんと来ませんでしたけど、
今のこの世の中は、
現在の五十代、六十代、七十代の人間がつくってきた世界で、
ああそうか、その人たちが世の中をその世代だけで食いつぶして、
子供に食いカス(放射能)と可能性が空っぽの世界を残したのだなあと、
しみじみ。
まあ東京オリンピックが最後の花火かもしれませんけどね。
ただ、それをどこまで先人が意識的にやってきたのだか、
おそらく先進諸国の社会システムの欠陥というのは、
それを自覚させずにどんどん膨張させてしまったことなのだろうと、
いうことですが・・・・

「劣化国家」、
ちょっと文章が難解で、
あんまり分からないところも一杯ありますが、
今現在私が世界の中で位置確認をするうえで、
アクチュアルだなあと思います。
まだ読み終わっていませんが、
あと何日かは楽しめそう。




親切

昨日はアムステルダムに泊まりました。
国立博物館を一度、じっくり観てみないとな、と思いまして、
ついでにアムスの最近できたヒルトンホテルに泊まりたくって、
ついでにアムスのカフェでお茶でもしてみたくって、
まあ、一言で言うと、遊びたくてね

今日は国立博物館でイヤホンガイドを借りて、
六時間ぶっ続けで博物館の中を歩き回りました。
なかなか学ぶべきことが多い充実した時間でしたがね、
退館時間が来るころにはもう頭も体力もからっぽになって、
一人のおばあさんとして博物館を出ました。
鏡は見なかったのですが、
あの時の私は確実にシワだらけだったと思います。
そのくらい疲れました。

それで、国立博物館から中央駅に向かうトラムに乗ったのですが、
トラムは人でぎゅうぎゅう詰め。
座る場所なんてどこにもないのです。
おばあさんは本当に疲れていましたから、
空いている椅子を探して必死になりましたよ。

そうするとね、奇跡のように、
ぎゅうぎゅう詰めのトラムの中に、
ひとつだけ空席があるのです。
私はソーリー、ソーリー、と言いながら、
急いで人をかきわけてその席に座りました。
普段は若いですから、こんな意地汚い事はしないのですよ。
でも、その時にはおばあさんだったものですから。

で、どうしてこんなに混んでいるのに、
ここだけ空いていたのかな、ラッキーだったな、
と思ってふと横を見ますと、
横にいるのは仕事を終えたばかりとみえる、
ペンキ屋らしき男の人でした。

ああ、私、またやっちゃったのかな。

瞬間的にそう思いました。

アムステルダムで、満員のトラムの中で、
何故かひとつだけ誰も座らない席があるとしたら、
それにはかならず理由がある。
そうなのです。
私は結構な頻度でそれを幸運と勘違いして、
とんでもない目にあったりするんですよね。

ホームレスの横に座ったりとか、
明らかに変な人の横に座ったりとか、
泥酔している人の横に座ったりとかね。

私の横に座った人は、
一見普通だけれども、
妙に怖い空気感の人でした。

ペンキで汚れた白い作業着を着ていて、
顔に白い飛沫が散っていて、
めくりあげた袖からは一面のタトゥーが見えています。
妙に強面というか、
筋肉モリモリだし、
或る意味恰好いいけど、
転び方によってはすごく怖い感じの人なのです。

いや、そんな言葉では説明できませんね。
あの妙な雰囲気は、
今にも爆発しそうな静かなテンションは、
ちょっと説明しがたいものです。

怪しい人の近くに位置してしまった時は、
あっという間にその場を離れるのが私の人生方針です。
何のためらいもなく席を外すことによって、
私は十年以上にもなる海外生活を無事に送ってきたのです。

ただね、その時の私は、おばあさんだったんですよね。
立ち上がる体力がなかったの。
しかも、そのペンキ屋は酔っぱらった風でもありませんでしたし、
イヤな臭いをさせているとか、
大声でわめき散らすとか、
そういう分かりやすい「印」がなかったんですよね。

で、私は彼の隣に座り続けました。
彼がふとこちらを見る度に、ギクリとしながら。

ところが、途中でふと気がついたのですが、
目線をちょっと下に向けてみると、
彼のズボンのチャックが大きく開いているのですよ。
もう、ぽっかりと大きく開いているのです。
そうして、強面のペンキ屋は全然それに気がついておらず、
相変わらずの人を殺しそうな目つき・または今殺してきたみたいな目つきで、
窓の外を眺めているのです。
ここから私の新しい悩みが始まりました。

言ってあげたものか、どうか?

「社会の窓が開いていますよ」と一言いってあげるのが、
親切なのは間違いないじゃないですか。
普通だったら、さりげなく言ってあげるんですけどね。

でも、それによって、
この目つきの人に絡まれたら、
私はもう老婆ですから、逃げ切れる体力はないのです。
アムステルダムにいる変な人は、
日本にいる変な人と違って内向的ではありませんから、
下手にチャックが開いてるとか指摘すると、
場所が場所だけにね。
どういう方向に転ぶか分からない面があります。
むしろ、わざと開けている可能性もあるし、
指摘することで火をつけちゃう可能性もあるし。

だけど、教えてあげると、
お礼を言う笑顔が意外に可愛らしかったりする場合だって、
ないとは言えないんですよねえ。

で、彼の股間をチラチラ気にしながら、
言うべきか、言わざるべきか、
私はずっと悩んでいたのです。
周りの人も誰一人口を開かないですしね。

せっかくの強面も、
その事によって大分可哀そうな強面になりました。
結構本気でヤバそうな雰囲気を発しているのに、
社会の窓が開いているというね。
しかも誰一人それを指摘できないというね。

なんだろうなあ・・・。
やっぱり、不良とかヤクザとかチーマーとか、
関東連合とかね、
それから単に目つきのヤバい労働者とか、
自分で本当に気をつけていないといけないんだろうなあ、
とつくづく思いました。
誰も言ってはくれないんだもの。

そんな事を思いながら、
社会の窓を開けたままのペンキ屋を見捨てて、
私は無事にロッテルダムに帰ってきたのでした!



子供に尻尾が生えてきた

昨日、家庭教師先の子供の家へ行きましたら、
子供がチラチラと私に目配せをしてくるのです。
子供の母親と話している時に、
しきりに手を引っぱったりするのです。
何か言いたいことがあるみたい。

「あのね、あのね、
 私の部屋に行こう?
 私の部屋に行こう?
 ママには内緒で、ね?」

まあこういう時の彼女の秘密は、
大人にとっては実にどうでもいい事が多いのですが、
私は一応真面目な顔で、
「わかった。」
とうなづきました。

こんな私にも子供時代には親友がいて、
ルミちゃんというアパートの隣の部屋に住んでいた子でした。
ちょうど6歳とか7歳くらいの時って、
彼女を相手に、
「絶対に秘密ね!」
と百回くらい言っていた気がします。

そうそう、そういうお年頃なのよねえ、
なんて感慨にひたりながら、
早く私に何か教えたくて矢も楯もなくなっている子供に手をひかれ、
私は階上の彼女の部屋に行きました。

子供の部屋は私の部屋より広くて、
赤・白・ピンクがあふれていて、
数々のおもちゃや洋服や何かでゴッチャゴチャ。
その真ん中に片足で立った子供は、
片足のまんまで、

「あのね、今日ね、
 朝ね・・・
 お尻がなんだか熱くてね、
 もしかしたら、
 しっぽが生えてきたのかもしれない」

とコソコソ私に言うのです。
なんと、彼女が胸に抱えていたのは、
カフカ的な秘密だったという訳です。

「あ、そう」と私は答えました。
どう答えたらいいか、
ちょっとよく分からなくてね。

この子は、
ずっと前から猫になりたいのです。
それは私も知っています。
ベルトにつけられる尻尾も持っているし、
センサーでもってぴくぴく動くネコミミも持っています。
しょっちゅうニャアニャア鳴いていますしね。
猫の鳴き声がとても上手なのです。

だから、一応、
「よかったね、じゃあ、
 そのうち本当に猫になっちゃうかもね?」
と時間稼ぎ。

「うん、そうなのかな」

子供は分別くさい顔で、
ベッドに転がりました。
その顔を眺めているとね、
私はやっぱり疑いを感じるのです。

言っても、私はこのくらいの年の時、
もっとリアリストだった気がするのですよ。
ファンタジーが好きでしたから、
妖精とか魔女とか、
いるといいなって思う気持ちはありましたが、
そこに大人が話をあわせてきて、
「サンタクロースはいるよ」的なことを言った途端、
「いい年して、こいつバカなのかな?
 そんなはずないじゃん!」
とシャッターを下ろすみたいなところがありましたよ。

うむ。
姫は私を試しておられるのかな?
とすると、この手に乗ってはいけないの?
あくまでも大人として、
断固として、
現実世界代表として対峙するべきなのかしら。

いや、でも。
子供にとって秘密を打ち明けるということは、
大切なお話を共有するということなんだから、
ここはいっちょのっかるのが、
本当の大人の対応なのでは?

その私の逡巡が顔に現れていたらしく、
子供はすっくと立ち上がり、
「見る?」と決然と言う訳です。
「いや、別にいい」と私が答える間もなく、
彼女はがっと裸の尻を剥きだし、
私にぐいぐいと突き出して、
触ってみろと言うのです。

こういう時のこの子は本当に大胆不敵です。
いやあ、憧れますね。
このためらいのない感じは。

この人は私をなんだと思っているのだろう・・・?
そう思いながらも、
私は子供の小さな尾てい骨のあたりを触ってみて、
そこは正直に、
「うーん、よくわからないな」
と答えました。
こんなに白日の下に晒された他人の尻を、
こんなに訳の分からない理由で触るのは初めてのことです。

「でもね、朝、
 そこが熱くなって、
 いま、尻尾が生えそうだって感じるの」

「私、昔ネットで、
 尻尾が生えている人の写真を見たことがあるよ」

私はふと思い出して言いました。
あれですよ、X51.ORG
一時、すごくはまったなあ。

「あのね、中国かどこかの人で、
 その人の尻尾は動かせるんだって。
 尾てい骨って、ここに骨があるでしょ? 
 それが長いんだって」

今度は私がちょっと夢中になって言うと、
子供にとってはそんな事はどうでも良かったらしく、
大変つまらなそうな顔をして、
あ、そう。
とズボンをはきました。

「ママには内緒ね。
 ママには言っちゃだめだよ」

念を押す子供に、

「絶対に言わないよ」

と約束をして、
私は本日の日本語の授業を行ったのでした。

その日の子供は一貫してテンションが高く、
返事が常に猫の鳴き声でした。
「わかった?」
「にゃー!」
「これ好き?」
「にゃー!」
いやー、しっぽの威力、すごいね。
あんまりアホ過ぎて、
私は笑いをかみ殺すのに必死でしたよ。
いやあ、大好きだなと思いました。

すると帰り際に、
子供の母親が私に言うのです。

「あの子、今日、どうでした?」
「うーん、猫でしたよ」
「ああ、そうですか。
 悪ふざけが過ぎるようだったら、
 もっと厳しく叱ってください」
「いや、別に、
 そんなに私も酷いという感じはしなかったので」
「あの子はあなたを怖いと思っていないんですよ」

遠回しに、
子供に舐められてますよ、
というメッセージを頂きました。

まあね。
右から左だけどね、
そんなメッセージは!























仕事始め。

今日から仕事始め。
・・・遅いですね。

でもこれから頑張るよ、あたしゃ!
プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR