FC2ブログ

ハルムス戯曲 数学者とアンドレイ・セミョーノヴィッチ

数学者とアンドレイ・セミョーノヴィッチ

数学者
(頭から球をとりながら)
 頭から球をとった。
 頭から球をとった。
 頭から球をとった。
 頭から球をとった。


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
 もとに戻せ。
 もとに戻せ。
 もとに戻せ。
 もとに戻せ。


数学者
いや、もどさん!
いや、もどさん!
いや、もどさん!
いや、もどさん!


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
なら もどすなよ。
なら もどすなよ。
なら もどすなよ。


数学者
ほら、もどさんぞ!
ほら、もどさんぞ!
ほら、もどさんぞ!


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
む、わかったよ。
む、わかったよ。
む、わかったよ。


数学者
よし 勝った!
よし 勝った!
よし 勝った!


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
ああ 勝ったから、落ち着けよ!


数学者
いいや、落ち着かんぞ!
いいや、落ち着かんぞ!
いいや、落ち着かんぞ!


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
数学者だといったって、ぶっちゃけ、あんたは利口じゃないよ。


数学者
いいや、利口で何でも知ってる!
いいや、利口で何でも知ってる!
いいや、利口で何でも知ってる!


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
どうでもいいことばっかり、何でもな。


数学者
いいや、どうでもよくない!
いいや、どうでもよくない!
いいや、どうでもよくない!


アンドレイ・セミョーノヴィッチ
あんたと言い争うのはうんざりだよ。


数学者
いいや、うんざりじゃない!
いいや、うんざりじゃない!
いいや、うんざりじゃない!



(アンドレイ・セミョーノヴィッチ、忌々しそうに手を振って退場。数学者はしばし佇んだのち、アンドレイ・セミョーノヴィッチのあとを追って退場する)

 幕

(1933年4月11日)

今日訳したのは、
戯曲『数学者とアンドレイ・セミョーノヴィッチ』です。
昨日はS-DORA(臨床演劇研究会?)の集まりで、
ハロルド・ピンターの戯曲を読んでいました。
ハロルド・ピンターもハルムスと同じく、
すごく短い戯曲を書くのです。
もっとも、ハロルド・ピンターの方がもっとちゃんと隠れた意味があって、
政治的なメッセージもはっきりとしていますが。
ハルムスは意味とかじゃないですからねー。

この数学者の役を、
昨日の主催、ヘンリー・ヤマト6世博士にやってもらいたい、と
私は前からひそかに思っているのです。
本いきで。
いろいろなものをかなぐり捨てて、
高音を聞かせて、たたみかけるように演じてもらいたいですねえ。

で、私の中でのベスト・キャスティングは、
アンドレイ・セミョーノヴィッチ:ジミー大西
なのですが。

実は私は、ジミー大西がすごく好きなのです。
ジミー大西が岡本太郎が好きだと言う事実も好きですし。
なんかねえ、世の中で誰と友達になりたいかって、
私はどうもジミー大西じゃないかと言う気がするのです。
人にたいして優しそうだし、
インタビューなんて読んでみても、本当に感じがいいですよ。
で、ヘンリー氏とジミー氏でタッグを組んで、
・・・あ、すごい良いですよ。
私の頭の中で、今、すごく良い絵が(笑)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
82999位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19978位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR