FC2ブログ

ロマンス

ロマンス

理性のきえた目で 彼は私を見つめる。 -
あなたの家と玄関は 私にはもう長いことお馴染みのもの。
暗紅色の唇で 彼は私にくちづける - 
私たちの祖先は 鋼鉄の鱗におおわれて 戦争へ行ったのね。

彼は 暗紅色の釘のブーケを 私に持ってきてくれた -
あなたの厳しいお顔は 私にはもう長いことお馴染みのもの。
ブーケの代償に 彼が望んだのは ただ一度きりのくちづけ -
私たちの祖先は 鋼鉄の鱗におおわれて 戦争へ行ったのね。

黒い指輪をはめた指で 彼は私にそっとふれた ―
あなたの黒い指輪は 私にはもう長いことお馴染みのもの。
トルコ風の長椅子に 私たちふたり なだれ込んだ ―
私たちの祖先は 鋼鉄の鱗におおわれて 戦争へ行ったのね。

理性のきえた目で 彼は私を見つめる ―
おお 星よ きえて! 月よ 蒼褪めよ!
暗紅色の唇で 彼は私にくちづける ―
私たちの祖先は 鋼鉄の鱗におおわれて 戦争へ行ったのね。

ダニール・ダンダン
10月15日 1934年


暗紅色の釘のブーケを持ってきた、というのは罪なくして流される血のシンボルではないか、という指摘があります。
また、繰り返される 私たちの祖先は鋼鉄の鱗に覆われて戦争へ行った、という一節は、十字軍の時代を想起させ、黒死病(ペスト)への連想をさそう、とも言われています。

今日、庭に狸が出ました。
狸ですよ。
動物園以外のところで初めて見ました。
びっくり!!!!
世田谷では絶対ありえないことですよねえ。
引っ越してきて、土地が変わるということの意味を実感しています。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR