FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪のぬるぬる

私は最近、スティーブン・キングの『リーシーの物語』を読みました。
キングの小説は値段も高いし、
読んでも別にためにはならないし、
下品でいささか子供っぽいとも思うし、
意味がないから出来るだけ控えてはいるのです。
でも何だか定期的に読みたくなってしまうのですよね。
やっぱりキングはゴージャスだと思うのですよ。
金と黒とベルベットの赤でキラキラしているような感じです。
あくまでも私にとってですけど。

『リーシーの物語』はやたらと長くて、
キングは自分の最高傑作だと言っているらしいですけど、
話が入り組んでいて、半端に読むと何が何だかわからなくなります。
でも人が愛する者の死に際して経験する心の世界が、
究極化されて描かれていることが、ラストまで行くとすっと心に落ちるような出来になっています。
主人公の夫がキングを思わせる有名作家なんですけど、
彼の子供時代の描写がまあ陰惨で恐ろしくて、
しかも設定は全然本当っぽくないのに情景が浮かんでくるほどリアルで、
真のファンタジーっていうのはこういう事なんだろうなと思いました。

今回は「悪のぬるぬる」って言葉が何度も登場しました。
原語ではどうなっているんだろうな?
まあ、私はとにかく、いやな語感だなと思いましたよ。
なんでこんな気持ち悪い訳をするんだろうな?子供も読むだろうに。
いや、子供は読まないか。
それはともかくね。

ところが本を読んでからこのかた意外にも、
この「悪のぬるぬる」または「悪のぬるぬる期」という言葉が頭を離れないのです。
日常生活の中に実にぬるぬると、
この「悪のぬるぬる」という言葉は入り込んでくるのですね。

例えば、仕事でおかしな言いがかりをつけられた時。
(私のフィールドが悪のぬるぬるに侵されている)
例えば、友達が目の前で泣いた時。
(悪のぬるぬる期だ)
例えば、国鉄が止まって遅刻しそうなとき。
(悪のぬるぬる・・・)
そして、この間私のオランダ人が仕事から帰ってきて、家の中を見回し、
「君は一日中何もしないで家にいたのに、どうしてこんなに家の中が汚いの?」
と発言したときなぞは、
自分の身体から悪のぬるぬるがその血にまみれた黒い闇の手を


この唐突に文章を切るやり方も、読んでいる最中は全然良いと思ってなかったですけど、
読み終わってから、しみじみとね。
格好いいなとね。
やっぱりキングはロックスターみたいなカリスマがありますね。
そのスタイルを真似したくなっちゃう。

それにしても、キングって本当に奥さんのこと好きですよね。
大好きですよね。
あれ、本音なのかな?
映画に出てくるアメリカ人て結構ああいう感じで奥さんを愛してますけど、
アメリカ人てああいうものでしょうかねえ。
アメリカ人の夫を持っても良かったなと思う今日この頃。
でもキングみたいな夫に溺愛されてたら怖くて眠れなくなっちゃうか。
自分の乳房を変質者が切り裂くみたいな話を書かれた日にはね。
(どういうこと?)って思っちゃいそう。

まあ、とにかく最近の私は、
「悪のぬるぬる」という言葉を日に三度は頭に浮かべる日々なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。