スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車事故

ひと月ほど前、仲良くさせてもらっている仕事上の先輩と、
ハーグの町でお昼ご飯を一緒に食べたのですが、
その際、先輩が自転車にはねられました。

ちょうど自転車道を横断しているところで、
左右から来る自転車を確認しながら渡りきったところで、
前の歩道から来た自転車にぶつかったのでした。

別にスピードを出していた訳じゃないのですが、
結構激しいぶつかり方をしました。
先輩の身体はふわっと一瞬浮いて、
そのあと後ろを歩いていた私の腕の中にボンッと入ってきたので、
「おおっ?!」と思わず言いましたよ。
まるでキャッチャーになったみたいでしたね。
リアル・キャッチャー・イン・ザ・ライですよ。

足と小指をぶつけたということで、
先輩は衝撃で口が利けないみたいな感じになっているし、
とりあえず近くのベンチに腰かけて、
自転車に乗っていた人に電話番号を聞きました。

その男の人は人が良さそうで、
しきりに謝って、どうしていいか分からないような様子でした。
私が、
「これから病院に連れて行くから、
 何か怪我をしてた場合のために名前と電話番号を教えて欲しい」と言ったら、
すぐに教えてくれました。
だけど彼の着ているものとか、自転車とか、
あんまりお金はなさそうだなと思いましたけどね。

彼と別れたあと、
中華料理屋に入って、
とりあえず昼食を予定通り取りました。
先輩は足を引きずり、小指は妙な具合に曲っていましたが、
ただそこまで痛くはないとのことで、
「病院に行くほどのことはないと思う」と言ったので、
その日はそれで帰ったのですけどね。

そこから私たちは仕事が猛烈に忙しくなりました。
春はもう、毎日毎日仕事で、
私たちは仕事しかしなくなるのです。
彼女も仕事を休めなくて、
病院に行けないまま、ひと月が経過しました。

そうして、先日やっと仕事の合間に病院に行ったところ、
小指の骨が折れていたそうです。
骨が折れる=激痛みたいな感じで考えていましたが、
そうでもないんですね。
そういえば変な方向に曲がっていましたし、
本当、中華なんか食べていないですぐに病院に連れていけばよかったですよ。

それで、自転車に乗っていた男の人に、
折れたことがわかった時点で電話を掛けたそうです。

名前も電話番号も本物で、
ちゃんと電話も掛けられたし、SMSも送れたので、
とりあえず怪我した所の写真と状況を送って、
また連絡するね、とメッセージを残したそうです。

そうしたら、次から着信拒否されて、
電話にもSMSにも全然返信がないとか。
あんなに良さそうな人だったのに、ひき逃げの予感です。

一昨日、私と先輩とは一緒に警察署に行って、
保険のための被害届を出そうとしましたが、
警察は被害届を受理してくれませんでした。
ひと月前に起こったことだし、
その場で警察を呼ばなかったし、
証人の私は彼女の友達だし。

とりあえず男の携帯の留守電では、
本人の声で名前と名字を名乗っているので、
それをメモしてインターネットで検索したら、
彼のフェースブックおよび写真が出てきました。
ジャケットを肩にひっかけて葉巻くわえた、
良い男風の写真が。
もう、隙だらけですよ。

多分普通の良い人なんですよね。
とっさに嘘の電話番号を教えたって良かったのに、
本名と本当の電話番号を教えてくれた訳ですし。
でもいざ事が面倒になり始めると、
ビビって逃げることに決めた訳です。
まあ、こっちは言葉もおぼつかない外国人ですしね。

フェースブックには彼の写真もありましたし、
友達もみんな出てましたし、
彼がコメントをのせた記事、
彼がリコメンドする音楽、
彼の好きな映画、
みんな出てましたよ。

そこから溢れるように彼の良さそうな人柄、
趣味の良さなんかが伝わってくるのですが、
最後に私たちしか知らない情報、
「彼はひき逃げをしたのだ」という一項目をつけ加えた途端、
トランプを裏返すみたいに、
世界が変わるのです。

いやあ、インターネットって怖いですね。
震えがきましたよ。
私はトンズラすることに決めた彼の気持ちが分からない事はないですからね。
私だって貧乏な小市民で、
自転車で対人の保険なんかかけてませんし、
治療費でいくら取られるんだろうと思ったら、
それは警察にその場で届け出なかったこととか、
相手がろくに話せない外国人であることとか、
超面倒くさいこととか、
まあ「逃げたほうが得」と思ったかもしれません。
最初から逃げる狡さもないし、
自分の身元を隠す様な用心深さもないし、
そこらへんもまさしく、
ごく普通の人ですよ。

そういう人こそ、
大恥かいちゃうんだなあ、と思ったんですよね。
私が彼の立場だったら、
被害者に葉巻咥えてるカッコイイ写真を観られた時点で、
「ひき逃げした癖に(笑)」と思われている時点で、
もう恥ずかしくて居てもたってもいられないですよ。

だけど、だからこそ、
私たちみたいな小市民にとって、
いざという時に怖くても筋を通して生きるという事、
責任をちゃんと取るという事は、
大切な事なんだとしみじみ思いました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
39168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11804位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。