FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム国 暴虐を繰り返す訳

イスラム国が暴虐を繰り返すおかげで、
最近戦争の事についてよく考えます。

この「イスラム国が暴虐を繰り返す訳」っていうのは、
アメブロのニュース欄の見出しなのだけれど。

でも、イスラム国が暴虐を繰り返す訳なんか掘りかえしたって、
何にも出てこないような気がします。
戦争してるっていう、ただそれだけが理由。
イスラム国だから暴虐を繰り返している訳ではないし、
イスラム国が国ではなくてテロリストの集団だからでもないし、
ムスリムの掟が暴虐を奨励しているからでもない。

戦争になると、人は暴虐になる。
そして、暴虐になることに抗えなくなるのだろうと、思います。

戦争について書かれた本や記事を読めば、
それこそどこの誰ってことではなく、
世界中の軍隊がそれぞれ暴虐の限りを尽くしています。
古代から第一次・二次世界大戦からイラン・イラク戦争から湾岸戦争に至るまで。
ヨルダン人のパイロットが生きたまま焼き殺されるという衝撃の映像は、
確かに心底恐ろしかったけれど、
じゃあどこの国だったら、有史以来一度も人を生きたまま焼き殺さなかったか?
と問われれば、やらなかった国の方が珍しいんじゃないかしら。

つまり人間は、
必要があって追いつめられれば、
相手を生きたまま焼き殺してしまうものなんだと思います。
イスラム国はハンドメイドでやっているから残虐に見えるけれど、
アメリカ軍は遠隔操作の爆弾でやっていて、
だけどそれだって生きたまま焼き殺していることには変わりないですしね。

私だってあの場にイスラム国の兵士として居合わせて、
大きな銃を構えた怖ろしげな上官に、
「さあ、火をつけろ」と言われたら、
「そんな非人間的なことはいやです!」と果たして言えるかどうか。
自分が制裁を受ける可能性があったりしたら、
言える確率は消費税程度のパーセンテージだろうと思います。
そういう意味では、私は全然自分の英雄性については信じていないのです。
それに、要するに戦争な訳だから、
火をつける人がその場では英雄なのでしょうし。

だから本当に、
戦争っていうのは始めない事が肝要だなと思います。
湯川さん・後藤さんの人質事件に際して、
「こういう場合に自衛隊を派遣できない不自由さ」うんぬんを口にする人がいましたけど、
仮に送れたところで、
自衛隊の人がイスラム国相手に何が出来るっていうのかしら。

自衛隊員だって、
平和な日本で同じように何不自由ない育ち方をしてきた、
本当の戦闘なんかしたこともない日本の若者たちでしょう。
そんな自分のところの男の子たちを究極のアウェイ・イスラム国に送って、
子供の頃から銃を持たせられて、
自分の手で人の首が切れるような、
そういう猛者たちと彼らのホームで対峙させるって、
それで自衛隊が人質を彼らから奪還することができると思うって、
どんだけドリーマーなんだろう(笑)

私は自分の国の若者を、
そんな状況には絶対に送り込みたくないです。

イスラム国の人たちが現在暴虐の限りを尽くしているのは、
彼らがとても過酷な状況にあり、
失うものが少ない割に怒りが大きく、
思想としての宗教が背骨となって彼らを支え、
そしてやはり、
西洋の側とは比べ物にならない問題意識を持っているからだと思います。
彼らはモンスターだと思うけど、
戦争になったら皆モンスターですよ。
なりたくなくてもモンスターになってしまう。

本当に、戦争だけはつくづくイヤだなと思います。
誰かがサイコキラーの鬼みたいになったり、
その誰かに殺人を強要されたり、
お互い同士疑心暗鬼になって殺し合ったり、
制裁したり。
あとから総括すれば醜くて残酷で暴虐だけれども、
その場にいたら逃れられない事ってあると思うし。

イスラム国の人たちは、
どうしたら自分の暴虐から逃れられるのだろうか。
彼らをそこから逃がしてやる方法はないのだろうか。

でも私たちにとって一番大切なことは、
私たちの男の子を、
暴虐の加害者にしたり被害者にすることから守ることかなあ、と思うのですが。
でも多分、怪我しないと痛みがわからないのと同じで、
いざその場になってみないと、
逃れられない事の恐ろしさって想像できないのかもしれないけれど。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

私も同じこと思います。
日本も、戦争をしていた頃は、随分ひどいやり方で相手の兵士を殺してきたといいます。そういう状況になれば、どこの国であろうが、何の宗教であろうが、反人間的な行為をするのは、同じです。そのこと自体にフタをして育ってきた私たちは、本当に無知のかたまり。つくづく思わされます。
プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
102336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27391位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。