FC2ブログ

ロシアのコンタクトレンズ及び近眼手術について

昨日からどうも目がゴロゴロするなあと思っていたら、
今朝になって右目がパンパンに腫れて、
触ると痛いのです。
あまりみっともないので、眼科医に行ってきました。
モノモライですって。いやですねえ。
触るだけでも痛いのに、
その眼科の女医(JOY)さんは私のまぶたをグイッとつかんで、
裏返そうとしたのです。
あまりのことに、悲鳴も出ませんでした。
「つぶせるものだったらつぶしたいと思ったんですけど、
 どうやらまだちょっと無理みたいね]
と言われたときには、
この人潰す気だったのかしら?
と心底ぞっとしました。
内服薬と目薬と軟膏を貰いました。
三日くらいで収まるそうです。

このモノモライは、
多分コンタクトレンズの関係だと思うのですけれど。

私はもともと強度の近視で、
メガネは牛乳瓶の底みたいだし、
コンタクトレンズなしでは何も見えません。
1メートル離れた人の目鼻立ちがわからないほどです。
ロシアに留学していた4年間の間は、
ロシア製のコンタクトレンズを使っていました。

ロシア製のコンタクトレンズは、
日本製に比べて、ものすごく大きいんですよ。
日本の眼医者さんに見せると驚かれます。
材質も日本のとは違って、
ゴムみたいなのです。
日本のは酸素透過性をよくするために、
ボコボコ穴がたくさん開いていて、わりと脆いそうですけど、
ロシア製はそういうことがないので、
二年でも三年でも余裕で持ちます。
じゃあ目が疲れやすいかというと、そんなこともなかったですねえ。
むしろ日本に帰って新調したコンタクトレンズのほうが、
問題が多いような気がします。
目がゴロゴロするし。

今日診てくれたお医者さんは、
近視の手術を受けるという選択肢もありますよ、
とおっしゃいました。
経験豊富な良いお医者さんを紹介してくださるそうです。
費用は、と聞くと、両眼で50万円くらいですって。

20060110233536.jpg
エエッ!

これも、ロシアと比べると大分高いようです。
ロシアは、知る人ぞ知る、近視手術先進国なのですよ。
ロシアでは近視手術は結構普通の手術です。
私の韓国人の友達は、ペテルブルグで近眼矯正手術を受けました。
レーザーで、15万円くらいかかったといっていました。
日本に比べると大分安いし、韓国に比べても半分以下だそうです。

ロシアには徴兵制度があります。
そこで兵隊にとられる若者に、もし近視があった場合、
メガネをいちいち作っていると費用もかかるし、
第一メガネをかけて鉄砲なんか撃てませんから、
手術をしてしまうそうです。
それが、端から並べて、
ベルトコンベアーみたいに手術する
らしいのですよね。
何百人も、何千人も。
国家的にやっているわけですから、
データも豊富ですし、
医者の経験値もすごく高いそうです。

これまではレーザー手術よりも、
角膜を切る手術が多かったそうで、
それだとたまに失明する人もいるそうですが、
最近では手術したのも判らないような
高度な手術法も普及しているそうです。

なんにせよ、ロシアで私も手術しておけばよかったかな。
あの頃は度胸がなくてねえ。
これからロシアも資本主義化されて、
目の手術なんかもどんどん高くなると思います。
手術するなら今ですよ!
ちょっと声高に言ってみたり。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR