FC2ブログ

「アナと雪の女王」オランダ語とロシア語と日本語と英語と

私のマイブームは世間より一周遅れて、
時には五周ぐらい遅れてやってくるのですが、
最近は「アナ雪」ブームが来ています。

といっても、映画をちゃんと観た訳ではないので、
YouTubeで観る短い動画のいくつかを何度も見た、というだけなのですが。
言ってもディズニー映画というのはドル箱でありまして、
特にディズニーが力を入れた映画というのは億万ドル箱であるために、
スタッフ・キャストなどに優れた人材が登用されているのです。
子供用の映画であることから「吹き替え」という作業が必要不可欠であり、
しかもそれが世界的な現象として行われるために、
優秀な翻訳家の仕事を、様々な国のバージョンで楽しめる稀有の機会なのであります。

で、オランダ語の物を試しに翻訳してみました。



そのあとで松たか子氏の歌う日本語版を聴いてみて、
同じ歌でも歌に含まれる情報量にこんなに差があるものか、と驚きました。



やっぱり日本語は子音にもれなく母音がついてきて、
音節が長くなりがちなので、
そんなに沢山の情報は詰め込めないんですよね。
同時に日本の制作陣は受け手の能力をだいぶ低く設定しているので、
5歳の子供、または90歳の老人に標準を合わせて、
語彙や聴き取りのハードルを下げているようです。
それだとあんまり難しいことは言えなくなるのかなあと思ったり。
おまけにアニメーションの口の動きに合わせなくちゃいけないので、
これに合わせて日本語で同じような内容を言わせるのは、
だいぶ大変だぞ、と思いましたね。

Let it go, Let it go

を、

ありのぉ~ ままのぉ~

と訳したのは、
GOという音に対するアニメの口が、
あんまりにもはっきり「O」の字になっているので、
ぜひともOで音を終わらせなければならなかったからでしょう。
考えたんだなあ、考え込んだろうなあ、と、
この訳者さんの職人技に感心しきり。
まあ、ただ、日本語版は色んなことに縛られ過ぎて、
内容としては薄く若干訳が分からない感じになっていましたけどね。

逆にオランダ語の、すべて詰め込んでいく感じがすごいな、
とも思いました。
オランダ語と英語は日本語よりは近い関係にあるから、
歌詞も合わせやすいことはあるのでしょうが、
何一つ落とさず文脈もクリアな感じは、
うーむ。唸らされました。

じゃあ、ロシア語はどうなんだろう、と思って、
こちらも訳してみました。
ロシア語の辞書、開くのはもう一年半ぶりくらいですよ(笑)
出来るのかな、私?
と思っていたら、案外簡単でした。
さすがディズニー、あらゆる層がターゲットですからね。



ロシア語版の「ありのままで」は、
表題が「Отпусти и забудь」というのですが、
これはまあ「ほっぽって忘れろ」という意味です。
ロシア人ぽくて笑いましたよ(笑)

ロシア語には雪や氷や寒さなどの語彙が沢山あります。
日本語やオランダ語よりもよっぽどバリエーション豊富。
動画の中では「風」とか「嵐」でほとんど統一してしまったけれど、
本当は雪嵐とか、雪煙とか、色々な表現が使われています。
さすがマローズ(厳寒)の国の翻訳だなあと思いました。

歌い出しがロシアの昔のアニメっぽくて素朴。
人形劇から始まる伝統が生きている感じが素敵でした。
ただ、それだけにちょっとパンチに乏しいというか、
歌い手もちょっと大人しくてね。
私は歌い手はやっぱりオランダ語版が優れていると思いましたよ。
オランダ語版を歌っているのはミュージカル女優で、
ウィレマイン・フェルカイクという人ですが、
声もいいし、何しろ後半のイケイケ感が半端なくてね。
これは現代的だと思いました。
それなのに下品でもないし。

で、これが原版、英語。



可もなく不可もなく?

それにしても日本語版の松さんは、
他の国の方々に比べると、
声の出し方が15歳若いなと思いました。
さすがロリコン大国日本というか、
齢30をはるかに過ぎてあの感じはすごいぜ!
まあでも可愛くていいけどね。
日本女子はやっぱり、ああいう感じなんですかねえ。

色々面白い「アナ雪」なのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR