スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人たちの戦争

最近の新聞やテレビは、
ウクライナの親露派に撃ち落された飛行機の中にいた人々の顔写真であふれています。
どの人もほんわか楽しそうに映っていて、
例えばシリアの犠牲者なんかが死ぬ前から眉間にしわを寄せて、
見るからに不穏な空気を漂わせているのに比べると、
オランダ人の犠牲者たちは平和そのもの、太平楽な雰囲気を漂わせているのです。

オランダは言っても平和で豊かで福祉も充実していますし、
新しい王様は即位したばかりでマキシマ王妃は綺麗ですし、
ワールドカップではオラニエ軍団が良い所まで行きましたし、
夏は久しぶりに暑くて青天が続いていますし、
オランダ人はひと月くらい続けて休みを取る権利を持ってますから、
さあ、じゃあいっちょ海のあるところにでも行って、
辛い料理でも食べながらコンガリ焼けてくるか!
と子供たち連れてバカンスに出た、
その矢先の死。

戦争に巻き込まれて死んでしまうなんて。
そんなこと、思ってもみなかったでしょうね。
しかも戦地のボランティアとか戦場カメラマンとかいう訳ではなく、
全然戦争と関係のない場所に行こうとしただけなのに。
ウクライナの上空を通る事を意識した人すら、
どれだけいたのかという話です。
死亡した298名の中の実に193名がオランダ人、
80名は子供です。
呆然として、現実感がなく、
怒りをぶつけようともウクライナやロシアは遠くて、
本当のところどっちがやったのかも定かではありませんし、
どうすれば良いのかわからない現状があります。

真夏の事で、墜落現場周辺の気温は35度近く、
すぐにでも遺体の回収をしなければいけないのに、
現場には近寄らせてもらえず、
親露派兵士たちが乗客の持ち物をあさっているという情報もある。
それだけでも何とかしてくれ!とオランダ側が声を荒げても、
プーチンは、
ううーん、そうですねえ、お気の毒です、
ベストは尽くしますけどねえ、
やったのがうちかどうかも分かりませんしねえ、
みたいに適当にいなしつつ、
オランダの頭越しにアメリカと話している印象です。

それにしても、
戦争というのは遠い所で起こっているようでも、
実はそれほど遠くもないのですね。
だって実際に何の関係もない国の人が死ぬのだから。

私は本当に空恐ろしく感じています。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. お邪魔します♪

カチカさんのブログの大ファンです♪更新されるの楽しみにしてるんです。
私もこんな風にブログ書けたらなぁ~…羨ましいです(o´ω`o)
ブログ、更新していますので良ければどうぞ♪http://ameblo.jp/nioglurflarch
プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
39168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11804位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。