FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラ

私のオランダ人と一緒に、映画「ゴジラ」を観てきました。

昔観たハリウッド版のゴジラは、ジュラシックパークの劣化版というか、
四六時中雨が降っている中を大きなトカゲが人を食いながら走り回り、
しかもギャアギャア喚きながら子を産みまくるという、
なんとなくしっくりこない生物でありました。

今回のゴジラはそれに比べるとちょっと恰好良くて良かったです。
目なんか小さいんですけど、渋くてね。
しかも本当に大きいからね。
映画の画面で観ると、びっくりするくらい大きいですから。
私はとても楽しみました。

でも帰ってからちょっと思ったのですけど、
今「美味しんぼ」を叩いている人たちは、
どうして「ゴジラ」を叩かないのかしら?
若干片手落ちではあるまいか、とね。

ゴジラは何故巨大化したのか。
放射能ですよね。
はっきりと、放射能の影響について作品の中で言及されているのです。
しかし、福島で、生物があれほど巨大化しているところを、誰か見たことがあるのか?
ないですよね。
しかもゴジラは鼻血どころじゃない、
ゴキブリみたいな巨大生物と戦いながら、
町中を破壊しまくっている訳です。
もとはといえば、放射能のせいでね。

これね、風評被害を生み出しかねませんよ
放射能がゴジラを生み出した例なんか過去に前例がないんですから。
もし「美味しんぼ」の鼻血に根拠がないとするならば、
ゴジラの巨大化にはそれ以上に根拠がない。
こんなハリウッド映画がきっかけに、
日本では巨大生物が生まれかねない(=奇形が生まれかねない)という評判がたったらどうするの。

いっとき、日本のマスコミは全然原発のニュースを報じない、
情報を得ようと思ったら海外のメディアに頼るしかない、
という不安を、よく耳にしましたけれど、
だって日本人が発言して、原発を作品化しようとすると、
ニュアンス次第でここまで叩き潰されるんですものね。
これじゃあ無理ですよ。

「ゴジラ」も「美味しんぼ」も、
どちらも作品としては真摯な気持ちでつくられたもので、
両方ともエンターテイメントして高いレベルにあるものだから、
観る方はただ楽しめばいいと思いますけれど。

見たうえで、「違うな」と思うのは個人の自由だけれど、
その前段階で「こういう物は創るな」というのは、
受け手の判断力を随分低く見積もっているなと思います。
いや、「美味しんぼ」に関しては、随分高く見積もった結果かもしれませんけどね。

いずれにせよ、クリエイティブな分野に社会的なタブーを持ち込むと、
文化は衰退していくんじゃないかと思いますし、
文化が衰退していけば、そこに住む人々の精神の衰退を招きます。

ゴジラと化け物が巨大なビルディングをぶん殴りながら破壊していくのに、
一種の快感を覚えながら、
だからって私は本当に世界を壊したいわけじゃない、
それとこれとは全然別のことだ、と思っていたことでした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。