FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光源氏の子供

それにしても、
大沢樹生氏の今回の騒動はどうなんですか、皆さんは?
私はもう、かぶりつき。
ニュースでチラッとでも「大沢」という文字が出てくると、
それだけでクリックしてしまうくらいですよ。

もう、ドロドロすぎてね。
現実を越えてドロドロしていて、
DNAの検査をするのもすごいし、
それで父親じゃないって判定が出てしまうのもすごいし、
その上その未成年の息子が出て来て、
「僕は本当の息子です」って言ったり、
現実離れしててよく分からない。
目が離せませんよね。

よく大沢樹生が、
DNA鑑定をしたきっかけについて、
「自分に似ていないし・・・」と言ってるのですが、
喜多嶋舞と大沢樹生って良く似ているから、
そこらへんも分からない所です。
私はあの子供、大沢樹生にそっくりだと思っちゃう。
でもDNA鑑定が出ているんだから、
違うのでしょうね。

でも、アメリカまで記者が追っかけていって、
まだほんの子供のその男の子に、
「自分は本当の子供です。」と言わせるなんて、
そんなこと、許されるの?
女性週刊誌とはいえね。
そこにもびっくりです。
そんな事言わなくちゃいけなかった子供の気持ちってどんなだろう。
そこに誘導していった記者の顔と履歴が見たいですね、つくづく。

話の筋を追っていけばいくほど、
本当に子供がかわいそうというか、
これは大人になってからこじれるだろうなあと、
つくづく思いました。
喜多嶋舞も大沢樹生も良いように言っているけれど、
結局はどちらも、
「こいつ、可愛くない。
 こいつ、要らない」

と動物の言葉に翻訳するとそういう趣旨で、
まあ、本音に正直な人たちなのかなとは思いましたけどね。
本能の赴くままに色々な人と関わって、
わからないまま子供が生まれて、
なんか子供とかよくわからないのでイヤになっちゃったのでしょうね。
実際、子供も一緒に暮らすとあんまり可愛くないのかもしれないしね。
特に障害があるということで、
まあ、彼ら、イヤになっちゃったのかな。

光源氏って、でも、結構そういう人でしたよね?
そういう意味では大沢樹生氏は名は体を表しただけかもしれませんね。
なんかちょっと源氏物語っぽいですよね、
そういえば、話のドロドロした感じが(笑)

私は子供がいないので、
あんまり知ったような口は利けません。
「子供が可哀そうだよ!」というのは簡単だけど、
実際に子供と暮らした時に自分がどうなるかなんて、
神のみぞ知るってところがありますしね。
自分が絶対にそういう羽目にならないかって、
そんな事は言えないと思いますし。

家族っていうのは、
本当に面倒くさい所があるし、
近いだけに愛憎が濃いというか、
お互い同士を苦しめ合ったりすることは、
普通にあると思うのです。

でも、だからこそ、
私は子供を持たなくて良かったな、とも思います。
だって、あの男の子に喜多嶋舞と大沢樹夫がやったことは、
人として最悪ですよ。
あんなことをするくらいなら子供なんて本当に持つべきじゃないし、
それは結果論だから仕方ないとしても、
もし仮に自分がそれをあんな形でやってしまったとしたら、
自分で自分が許せないだろうと思います。
醜いし、正しくないし、どこにも良い所がありません。
それは他人が断罪すべきことでもないけれど、
自分だったらと考えるとゾッとします。
私は案外自己批判しちゃうタイプなのでね。

どういう人になるんですかねえ、
あの子供は。
自分に与えられた人の何十倍も濃い物語を、
どうにかポジティブな意味でのアイデンティティに変えていってほしいものですが。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。