FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選

いやあ、自民党圧勝かあ。
日本人はどうしちゃったんでしょうね。
日本をどうしたいのかしら。

もっとも、今回は、
山本太郎氏は当選したし、
共産党も躍進して、
ジリジリと日本も変わりつつある、という感じがしました。

ねじれ国会が解消し、
これで自民党は大きな力を得たことになるんですって。
憲法はもしかしたら本当に変えられてしまうかもしれないし、
原発は多くが再稼働するかもしれないし、
そのうち国防軍が出来てしまうかもしれないし。

でも、国民が自分で選んで、
または選ぶことを放棄して決まった道なんだから、
これが本当の自己責任ってことなのかもしれませんけど。

私は日本国憲法は変えるべきではないと思っています。
変えたって国民に良い事は何一つないからです。
そりゃあ、大金持ちだったり、
親が国会議員だったりすれば話は別ですけど、
吹けば飛ぶような普通の貧乏人にとっては、
メリットなんか本当にひとつもありませんよ。

貧乏人は、というか普通の日本人の大部分は、
チェスの駒でいえばポーンでしょう。

これまでの日本は自由で、
国家にとっての自分、みたいなことは特に意識しないで済んできましたが、
国民が国家の枠組みの中に押し込まれたら、そうはいかないと思うのですよ。
全体的な動きのなかで押しつけられる義務やら全体の秩序やらに、
抵抗できなくなる時代がもし到来したら、
いかにネットの世界で生きている人たちでも、
自分はつくづくポーンだなと、
実感するようになることは間違いありません。

ポーンというのは捨て駒です。
いくらでも代わりはあるし、
取られても惜しくない唯一の駒です。
そのポーン的なポジションから、
日本人を戦後ずっと守ってくれたのが、
日本国憲法だったのだと思うのですがね。

だけど、逆に言えば、
日本国憲法は現在の日本国民には勿体ない
ということも思ったりするのです。

憲法というのは言ってみれば、思想ですよね。
幸福な人生を切望した人たちが長いことかけて、
国家権力を相手に血を流して、
力を合わせて革命を起こして、
殺しまくって殺されまくって、
やっとのことで手に入れた合意なのだと思います。

だけど、日本人は別に、
今の憲法を手に入れるために何もしていないしね。
それはもう、自民党が繰り返し言っている通り。
上から棚ボタで落ちてきたものです。
自分の頭で死ぬほど考えて、
必死に闘って獲得した思想及び権利じゃないから、
正直ぽかーんなんだろうと思います。

今、ネットで様々交わされている発言、
匿名ならではの無責任かつ攻撃的な言動を見せる人たちは、
自分たちがまるでナイトやルークであるかのような空気で物を言っていますが、
本当は私たちは皆、
一番最初に犠牲になるポーンの運命を背負った人間です。
憲法に守られてただけで。
そのありがたみが分からないのならば、
日本人にとって憲法は早すぎた、というなんだと思います。

でもバカだねえ。
自民党なんかに権力をあげちゃって。

ま、でも、今回の選挙で思ったことは、
オバマが現れる一回前の大統領選ってこんな感じだったのかな、という事です。

2004年の、ブッシュvsジョン・ケリー対決。
トンデモ大統領ブッシュが再選を果たしたということで、
世界中が呆気にとられたものでした。
バカなの?アメリカ人。
って、多分、みんなが思いましたよね。

今になって私が思うのは、
ブッシュとジョン・ケリーの二択って、
かなり厳しいよなっていう事です。
ブッシュじゃなければ誰でも良いようなものですけど、
ジョン・ケリーってカリスマ皆無でしたしね。
裏ナリのきゅうりみたいな爺さんで、
しかも選挙前に若作りの整形したりして、かなり陳腐でしたしね。
あいつに何か出来るって誰も思わなかった結果の、
ブッシュ再選ですよ。
決してアメリカ国民が積極的に選んだリーダーじゃなかったと思います。

今回の自民vs民主対決にも、同じノリを感じます。
自民党と民主党の二択だったら、
私は自民でなければどこでもいいので民主党に入れますけど、
でも、厳しい選択ですよね。
双子みたいにそっくりな本質的に同じ組織の、
代々金持ちな奴と成金みたいな奴の違いでしかありません。
だったらずっと権力の中枢にいて、
陰謀戦略に長けた自民党、
アベノミクスみたいな目先の金を保証してくれる奴に入れちゃうのは、
まあ人情かもしれませんよねえ。

で、この他の勢力はバラバラ過ぎて、
何かをやる力があるとは思えないわけです。
対抗勢力たりえてない。

このまま民主党が消えてくれればいいのかしら。
そして、今はバラバラでつかみどころのない勢力が、
横の連携を強めて、
自民党の対抗勢力として成長してくれることが、
一番の希望かも。

そのうち、日本にも、
黒人vs女(2008年大統領選)みたいな、
これまで見たことないような、
味のある、そして意味のある闘いが展開されるようになると思います。
まあね、今回の参院選はそれに向けての布石ですよ。

言っても日本人は、
なかなかインテリな民族だろうと私は思います。
特に今のこの日本を生きている若い人たちが、
このバカな感じで居続ける訳がありませんよ。
今はまだ、変化に対して臆病で腰が引けているだけです。
今回の参院選は、そういう意味では変化の兆しが感じられたというか、
悪い事ばかりじゃなかったな、と思います。

憲法もね、変えたければ変えてしまえ、と思います。
国防軍もつくって、原発もつくって、
国民を義務で縛って、
表現の自由を制限してしまえ。
もしかしたら、国家の権力が増大する中で、
うまく行くことがあるのかもしれないし。

それは市民にとっては冬の時代ですが、
その逆境の中で、
真の思想というものが生まれるのじゃないか。
真の意味での市民が育つのじゃないか。

と、ポジティブに考えたいなと、
私は総括しました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。