FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ねばいいのに - Ushi must marry

昨日、今日と、
あまりの肋骨の痛さに何も出来なかったものですから、
私が主にしていたこととは、
昼寝。
そして、家でのネットサーフィン。
へへへ、普段通りです。

ところが今日のネットサーフィンの結果、
私は非常に不愉快な映画と出会いました。

その名は「Ushi Must Marry」
オランダが制作した映画です。
今年のヴァレンタインデーに公開されたばかり。

一瞬、観てみようかなと思ってしまったのですよね。
だって主人公の名前が、Ushi Hirosakiっていうのですもの。
日本人が主役なのかぁ、て。

それで、予告編を観たのですが・・・・



観た後、
私はしばらく鬼のような顔になっていました。
私のオランダ人のところに走っていって、
一緒に動画を観てもらって、

「最低だね。
 面白くも何ともないクソ映画だよ。
 レビューを読んだけど、
 やっぱ最低だった」

という言葉をもらって、
彼氏と固い握手をし、
それでやっと落ち着きましたよ。

いやね、いいんですよ。
日本がコメディーの主題になるなら、
それなりに茶化されたってね。

ただ、茶化すなら、
それなりに笑える出来にしてくださいよ。
茶化す相手に対する愛情も礼儀もなくて、
ろくに調べもせずにステレオタイプのオンパレード。
ほんと、単なる嫌がらせですよね。

対象にされた相手がこんなにオチるコメディー映画って、
一体何なの。
それ観てたとえ他の人種が笑ったとしても、
そんなの単なるイジメでしょう。

クオリティ的にもひどいもんですしね。
造形に正確さがまったくない。
日本人にとって共感がまったくない。
笑いが古くてオリジナリティがまったくない。
それよりなにより、醜い。
不愉快さだけが残りました。
なんじゃこりゃ。

人種が入り乱れて生きるオランダで、
こんなクソ人種差別映画が作られるとはね。

ただ、オランダを弁護するわけではありませんが、
いくつかレビューを読んでみると、
国内の映画評論家からもクソミソに言われているんですよね。

Een pretentieloze (lach)film vol ranzige niet-humoristische humor.
腐った笑えないユーモアに満ちた、野心のない(コメディ)映画。

とかね。

この映画の価値観が支持されている訳では決してない、
というのが救いです。

本格的に批判するには予告編だけじゃなくて、
本編を観なくてはいけないのでしょうが・・・

無理です。
本当にもう、予告編だけでお腹いっぱい。
こんな人種差別に耐えられるように精神は出来ていないのですよ。

あー、もう、死ねばいいね。
この監督?
それから、この女優?
そしてこのクソ映画にお金を出したスポンサーたち?
みーんなね。

もう、肋骨から沸々と怒りが湧きあがってきて、
痛い、痛い。
・・・あら、これ、八つ当たり?






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。