FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションとリアクション、または子供っていうもの

昔からこのブローグニックを読んでくださっている方なら、
Mぴーという名前をご存じなのではないでしょうか。
オランダに来たばっかりの時、
語学学校で知り合った親友です。
まあ、ぶっちゃけ向こうはどう思っているかわからないので、
一方通行の親友ですが、
最悪友達であることだけは間違いない、
そういった類の友達です。
あ、なんか切ない・・・。

Mぴーがいったん日本に帰国してから、
しばらくこのブログでは触れていませんでしたが、
実は彼女、オランダに戻って来ていてね。
しかも今、トルコ人の旦那との間に赤ちゃんを産んで、
子育ての真っ最中なのです。

この赤ちゃんが、実はすごく男らしい子でね。
顔は女の子みたいで、
目が大きくて可愛いのに、
勇猛果敢なトルコ人の血が半分入っているからか、
それともMぴーの子供だからか、
そこらへんの日本の男よりよっぽど男性的。

とにかく怖がらないっていうか、
私みたいな見ず知らずの人間が来ても、
ちょこちょこやっと歩けるようになった足で走って来るのです。
そしてがっと抱きついて、膝の上に載って、
意味不明な赤ちゃん語でもって、ずっと私に話しかけるのです。
そのうちウトウトし始めたから脇に寝かせると、
半分寝たまま私の膝の上によじ登ってそこで寝るという、
今からかなりの肉食ぶりを発揮しているのです。

それにMぴーの子供だから、健康そうで、強そうですし、
なにより勇敢だからね。
彼は育て方によっては真の英雄になると思います。
この子に関しては、私はかなり確信を持っています。
大物風なんですよ、すでにね。
ひいき目?
いえ、そんな事はありませんよ。

だって目つきなんか、かなり賢そうですしね。
もっとも赤ちゃんを見てると、
みんな結構頭良さそうですけどね。
大人がおしなべてIQの低そうな汚いバカ面をしているのに比べると、
子供は時々天才みたいな顔つきをしてますよね。

この人たちは、
言葉も風習もまったくわからない、
ルールが全然わからない異世界に迷い込んでしまった宇宙人みたいなものだろうな、
とつくづく思います。
おまけに無力で、
ろくに立てないし、歩けないし、自力では何にもできないのです。
自分がそんなところに突然出て来てしまったら、
毎日どんなに怖くて疲れるだろうと思います。
そんな無力さで、本当に一から猛烈に世界を吸収しているのだから、
頭も良いはずだと、思うのですが・・・

で、Mぴーの赤ちゃんをみていると、
最近の彼は一歳と半年くらいなのですが、
実験して、この世の法則を知ろうとしているんじゃないかなって、
よく思います。
そう、明らかに実験しているんですよね。

例えばね、
彼は何かテーブルから叩き落として、
Mぴーが「やめてよー」と言いながら拾って同じ場所に戻すと、
必ずもう一度落とすのです。
叩き落とす、というアクションが、
音や衝撃などの物理的なリアクションを生み、
それから母親のリアクションを生みだした、
ということ、その法則を確認しているみたいです。
「わざとやっているんだよ!」とMぴーは言いますけど、
実にその通りなのです。
何か言われた、その内容を、
声のトーンや雰囲気から、
「どういう事なんだろう?」と分析している風情なのです。
しかも、物を叩き落とせば大きな音がして、
びくっとなるのに、
実にクールに、豪胆に、
無造作に叩き落として実験するのですよ。
そこらへんも超男らしくね。

特に人間のリアクションは不思議らしくて、
たとえば、
私なんかはよく顔を叩かれます。
人の顔を叩くのは良くないから、
「こらっ。人の顔を叩いちゃダメ!」と、
ちょっと強く言う訳ですが、
すると、一歳半なりに、
「・・・いま、怒られているのか?」
みたいな顔をする訳です。
そして、確認のために、
もう一度私の顔面に平手打ちをするのです。
私はその手をつかんで、
「こら!人を叩くのは、ダメ!ダメ!」
と言って、手を揺さぶるのですが、
そうすると彼はちょっと怖がって、
母親のところに飛んでいき、
しばらく癒しを求めます。
それから、再び私のところへ戻ってきて、
「じゃあ今回はどうなるか?」みたいに、
また顔をはたくのです。
私は軽いパンチドランカーです。
ひどいですよ。実際ね。
お返しにアイアンクローをして泣かせてやりましたけどね。

だけど、私が毎回違うリアクションをして、
時々は怒らなかったり、
笑いながら「やめてよ」と言ったりするものだから、
彼はあんまりちゃんと法則を把握できないのです。
何回もやるのは、多分そのせいです。
リアクションがいつもより強めに返ってきて、
面白いというのもあるかもしれませんけど、
データの収集には、ちょっとパターンが不定過ぎるのかも。
人をぶん殴って良いことはひとつもありませんから、
毎回声のトーンを真剣にして、
「だめなんだ」ということをはっきり明確にするべきなのかな、
とか思うのですが、
まあ、ちょっと今のところ可愛くて、
そんな気になれないのねー。
だってまつ毛なんてすごく長くて、クルンとカールしているんだもの。
それに、まあ、人の子だしね。

でもこういう事の繰り返し、
痛かったり、怖かったり、面白かったり、楽しかったり、
それを身を持って味わって、
子供はこの世界のルール、法則を知っていくんでしょうね。
アクション、そしてリアクションの世界を。

私はやっぱり自分の受け身・弱虫っぷりにコンプレックスがあるものですから、
Mぴーの子供の、自ら世界に突っ込んでいくこの勇気が、
本当にまぶしくてね。
えらいなあ、ってしみじみ思っちゃう。
Mぴーのことも、
こんな異星人を引き受けて、
えらいなあってしみじみ思いますしね。

実際問題、
赤ん坊を生むということは、
お金も時間も手間もかかるし、
生活のすべてを牛耳られてしまって、
本当に大変なものだなあと思います。
子育てって私財を投げ打ってしますしね。

やっぱり日本では、
子供に対する態度が随分冷たくて、
みんな「親の責任が・・・」とか、
「親の資格が・・・」とかってすぐ言いますけど、
本当は子供って、社会全体の責任なんだと思います。
生んでくれたことを、
育てる実務を引き受けてくれたことを感謝すべきですよ。
子供って本当に、その場にいるだけで、
ほうっと未来を照らしてくれるんですから。
むしろ土下座しながら「手伝わせてください」というべき。
いや、しないけどね。
でも、そうでもなけりゃ子育てなんてやってられませんよね。
基本的にハイリスク・ノーリターンなんだから。
日本の少子化は、
独身の大人と経済が王様の社会だからだと思います。

Mぴーは赤ん坊が私の顔を平手打ちするたびに平謝りですけど、
彼が私に平手打ちを繰り返すとすれば、
実に私自身の責任なんですよ。
子供が非行に走って誰かを殺したら、
それはやっぱり親の責任というよりも、
そういう子を育てた地域の責任・社会全体の責任なのだと思います。

で、Mぴーは子供を英雄にしようとか、
全然望んでいないようなので、
密かに私は彼を英雄に(脇から)育てようと思っているのです。
彼ったら、素質があるからねえー。
「強く優しい男になって、人類のためになるでかい仕事をしておくれ」
って子供の時から刷りこんだら、
本当にそういう人になれそうな、そういう感じ。

その結果、
彼がもし英雄になったら、
社会全体が彼から利益を受けるのです。
私は「あの子が小さい時、私は良く膝の上に乗っけたものよ」とか、
大自慢をするだろうと思います。
彼がもしグレて宿無しのジャンキーになったら、
社会全体が彼から不利益を受けるのです。
私は税金という形で、彼の生活保護のお金を払い続ける羽目になるでしょう。

人間っていうのはそういう社会的な動物だから、
つまりは全体責任の動物なのだから、
コミュニティのなかに赤ん坊が生まれたら、
大人はそれをちゃんと尊重して、
彼のために譲歩する、
彼を一緒に育てる気で優先する、
ということを自らに課すべきだと思います。
それは当然のことだし、むしろ義務なのだと思います。

私の家の居間の自慢のラミナートの上に、
複雑な臭いのゲロを吐かれたとき、
私はそんな事を繰り返し考えていたのでした。

いやー、それにしても、まったく前触れなしに、
いきなり吐いたからね。
三十秒前まで、歩きながら笑って、
表情変えずにいきなり吐きましたから。
やっぱ宇宙人は違うわ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。