FC2ブログ

ハルムスの詩を訳してみました。パート4

陽気なお年寄り

この世に背の低い
お年寄りがおりました
そして笑っておりました
異常なほどに そのまんま
 「ハ・ハ・ハ
  たら へ・へ・へ
  ヒ・ヒ・ヒ
  たら ブゥフ・ブゥフ!
  ブ・ブ・ブ  
  たら ベ・ベ・ベ
  ジン・ジン・ジン
  たら バシン・バシン!
蜘蛛をみたらば
びっくり仰天、
わき腹おさえて
呵呵大笑
 「ヒ・ヒ・ヒ
  たら ハ・ハ・ハ
  ホ・ホ・ホ
  たら グリ・グリ!
  ギ・ギ・ギ  
  たら ガ・ガ・ガ
  ゴ・ゴ・ゴ
  たら ブゥリ・ブリ!
トンボみたらば
怒髪 天をついたれど、
やはり笑って 草の上に
こう倒れこみましたとさ。
 「グィ・グィ・グィ
  たら グ・グ・グ
  ゴ・ゴ・ゴ
  たら バフ・バフ!
  おお、みなの衆、
  たまらん!
  おお、みなの衆、
  アフ、アフ!」

(1940)

ハルムスはその短い生涯で何度も検閲にひっかかっては
逮捕されておりますが、
この詩を書いた翌年、また逮捕されます。
そして、この逮捕をきっかけに、42年には獄中で亡くなることになるのです。
時すでに第二次世界大戦真っ只中。
詩は逮捕前に書かれていますが、
ハルムスをとりまく暗い環境は、獄中であろうとなかろうと、
変わることはなかったと思います。
にもかかわらず、この無意味さ、明るさ、くだらなさ。
「やけのやんぱち」という言葉がぴったりかもしれません。
やっぱり、最高にクールですよ、ハルムスは。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
82999位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19978位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR