FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モダンタイムス、または "Living Light"

私には弟が一人おりまして、
ずっと音楽をやっているのです。
私は彼のつくる曲が好きでねえ。
まあ、私の兄も音楽をやっていて、
それも結構好きですから、
結局身内がつくるものは好きなんだという、
それ以上の意味はないのかもしれませんが、
まあ気に入っている訳です。

特に最近彼の送ってくれた最新作は、
今までの彼の音楽とはちょっと毛色が違っていて、
何か色々考えて、彼なりに変わろうとしているのかな、と、
その変化の兆しが非常に肯定的な形で見えていて、
私はやっぱり気に入ったわけです。

ところがね。

私は何か気に入ると、
ググってみるのですが、
彼の名前をググってみても、
何一つ出てこない。

彼のバンド名をググってみても、グッサグサのHPが出てくるのみ。
彼の作品名をググってみても、出てこない。
聴きたいと思っても、Youtubeには動画ひとつない。

そう、私の弟はコンピューターが苦手ですから、
ネット上にあんまり自分の情報を置いていないのです。
というか、置き方を知らないみたい。

だから、彼を知らない人は、
彼がどこでライブをやるのか、
どういう作品を作って来たのか、
どういう経歴の人なのか、
全然わからないし、知る機会もないのです。

そこで私は腕を組んで、はたと考えた訳ですよね。

何かが知りたい時、
現代人は何をするか?

そう、検索する。

これ、自分で考えた訳じゃなくて、
伊坂幸太郎の本に出てきたんですけどね。
そういう感じの言葉が。
私、これは本当にその通りだなと思っている訳です。
その通りだなと思うと、私は影響を受けるのです。
しかも伊坂幸太郎、言葉の使い方がちょっとカッコイイですよね。

で、検索して彼の名前が出てくるといいのにな、と思ったわけです。
実際、私は弟の音楽大好きですから。
赤の他人にも聴いてもらいたいじゃないですか?

ちょうど五月は弟の誕生日でした。
そしてその頃私はちょうど、動画作りにはまっていました。
これがちょうどちょうどの良いタイミングで結びつきまして、
私は弟の誕生日に、彼の昔の曲のPVをつくって贈ったのです。
頼まれてもいないのに。
それが「昼へ」という動画です。



弟は喜んでくれましたねえ。
まあ、生まれた時からあんまり難しい所のない子でしたけど、
こういう時も文句ひとつ言わずに、
「いいねえ。最高だよ」
と受け入れるわけです。彼はね。

それ以後、私の動画作りは過熱していきました。
オランダ音楽紹介サイトをつくりまして、
そこにオランダ語の歌の字幕入り動画を入れるのですが、
それが面白くてね。
PVがある場合にはそれをそのまま使うのですが、
無い場合には自分で写真や動画を編集してつくります。
時間がかかるし、大変無駄な仕事ですけど、
夢中でやってしまうのです。

そして、つい最近、
また弟のPVをつくってしまいました。
もう誕生日とかそういうのはまったく関係なく。
頼まれてもいないのに(笑)。

私には Hiko Uemuraさんという、
近所に住んでいるフォトアーティストの友達がいるのですが、
彼女の昔の映像作品を使わせてもらいました。
Hikoさんも全然難しいところのない人で、
写真なんかも断わりを入れればすらっと使わせてくれますから、
以前から動画に時々使わせてもらっていたのです。

彼女の写真、やっぱり私は結構好きなんですよね。
彼女は人間がちょっと怖くて、
動物が好きで、
その動物好きは、
実は人間にたいする夢の裏返しじゃないか、っていう感じがするっていうか。
「人間がこんなにシンプルだったらどんなにいいだろうなあ」とか、
そういう風に思ってるのかなあ、と、
私は彼女を見る度に思うのです。
まあ勝手に思ってるだけで、本当はどうだか知りませんけど。
不器用で別に技術的にはうまかないけど、
物の眺め方やなんかに、どこか良い所があるんですよねえ。

今回の動画に使わせてもらった映像は、
なんでも彼女のアートスクールの卒業制作だそうです。
2006年の作品ですから、随分昔の作品で、
今は全然違うことをしているわけですが。

ただねえ、私の母が常々言っていましたが、
おしなべて卒業論文、卒業制作、処女作、
そういうものには、
その人の本質というものがまざまざと現れてくるのです。
良しにつけ悪しきにつけ、
その人が真剣に何かを考えて、何とか形にしようと格闘した痕跡、
その精神の形が必ず見えてくるものなのです。

で、この映像もそんな感じがしますね。
Hikoさんの空想がちゃんと存在していて、
それを成立させるために労を惜しんでいない。
とても大切なものを使わせてもらったなという感じ。
まあ、本当に感謝しています。

私が今回作った動画は2バージョンあって、
ひとつはバンド主体の「ディエゴ編」。

もうひとつはHikoさんの映像主体の「Studiko編」。

比べてみて、どっちが好きか考えてみて下さい。
あなたの性格がわかります。
嘘です。

ディエゴ編


studiko編


弟は喜んでくれましたねえ。
「ありがとう。きれいじゃない」
と、また感謝していました。

いつか彼がプロの人たちと組んで、
本物のPVをつくるような日が来るといいけれど。
まあ弟はそういうことにあんまり興味がないみたいだけれど、
私は観たいなあと、勝手に思うのですよねえ。

ま、でも、
身内や友達のつくる創造物が気に入ってるっていうのは、
幸福なことだなあと、
つくづく思ったことでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
64806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17944位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。