死のない世界

私は最近、劇団ひとりのコントが面白くて、

わりとYouTubeなんかで探してみているわけです。

いや、特に笑えないんですけどね。


最初に偶然、305室 青木  というコント(?)を観てから、

かなり興味が湧いてきまして、

そのままアップされていた動画を全部観てしまいましたよ。

「305号室 青木」はいやな感じのコントで、

まあ是非観ていただければいいと思うのですけど、

死にかけている人が手品をやるのです。

で、途中で「死」と書かれた紙を封筒に入れて、

出てくると「生」という字になって出てくる、というシーンがあるのですが、

私はそこで感心して、思わずうなってしまいましたよ。

あの、空の青さと、劇団ひとり演ずる青木の笑顔の痛々しさと、

人間の極限状態のポジティブさを笑うニヒリズムとね。

若くて才能のある人間の残酷なユーモアというか。

画面に出てくる人間は劇団ひとりだけなのですが、

動画を観ている自分の背後に、

青木をポジティブにさせている看護婦さんやお医者さんなどの、

生ぬるい笑顔さえ感じることが出来て、

もう非常にリアリスティックなのです。いろいろなことが。

なんとも絶妙な目のつけどころだと思いました。


まあこのコントで唯一残念なのは、

笑えない

ということでしょうね。

もうこの青木さんが、リアルで痛々しくて、全然笑えないわけです。

ただ、チャップリンの昔から、喜劇と悲劇は紙一重なわけで、

たとえばこの青木さんが亡くなるときの場面なんて想像してしまうと、

(実際もう死ぬんだろうなーという感じだし)、

笑うのが怖くなるような感じでね。

でも、そういう意味で、共感はあるわけで、

ちょっと方向を変えればドラマになる感じ、悲劇にも喜劇にもつながるような物語性は、

やっぱりたいしたものだと思うのです。

お笑い芸人の枠におさまらない質の想像力だと思います。

劇団ひとりさんの小説って読んだことないのですけど、

売れているって事は、

やっぱりどこかこの人に文学的な本質があるってことなんでしょうねえ。

まあただ、劇団ひとりが棟方 志功の役をやっているドラマを途中まで見ましたが、

そのやり口を見て、

劇団ひとりって才気はあるけど教養なし系統かなと思ったり。

棟方志功の人間としてちょっとキモい部分は超リアルに再現させていましたが、

芸術家としての壮絶な天才的な部分は今ひとつふたつみっつくらいだった気がしました。

おそらくつまらない人生を生きている、日のあたらない人間にスポットライトをあてて、

リアルに演じて笑い=共感を引き出すのは得意だけれども、

逆にその同じ人間が持っている高みとか、神様みたいなところは、

知らないし信じてもいないのかな。

人間としての凄み抜きでは棟方志功がただのバカに見えちゃって残念。

途中でつまらなくて観るのをやめちゃったので、

後半はもしかしたら良いのかも知れないんですけどね。


まあそんな事はどうでもいいのですけど。

そうそう、何が言いたかったのかというと、

そんな感じで劇団ひとりの動画をあさっていたところ、

こんな動画にたどり着きました。


芸能かがく部



これね、万能細胞っていう、人間の身体のどの部分にもなれるという細胞が発見されたらしい

というテーマを劇団ひとりが紹介しているのですが。 


なんか、色々な空想がどっと沸いてきてしまいました。

これで万能細胞が実用化されて、自分の細胞からたとえば肝臓とか腎臓とかつくれるとしたら、

すごいことですよね。


医療系のドラマをみて、いつもつくづく思うことは、

外科医っていうのは精密機械の修理工みたいなものだなということです。

人間の身体って、それこそ精密機械ですよね。

ただこの精密機械はパーツ交換が難しいし、

ダメになったら捨てちゃえばいいってものではないので、

人間相手の修理工には非常に高度な知識と技術が要求されるわけです。


でももし、この万能細胞が実際に使われるようになって、

あと100年くらい経ったら、

壊れた冷蔵庫とかと同じように、

「あー、これだったら、だましだましいくよりも、新品に交換しちゃったほうが安いですよ」

みたいな話になっていくのかな。

最初こそ、肝臓だけとか、心臓だけとか、パーツだけをつくっていても、

あとになって技術が発達して、

一般に普及してコストが安くなってきたら、

もう身体全体を取り替えてしまいましょう、みたいな。


培養技術だけはものすごく進歩して、

たとえば今MDプレイヤーが壊れたって、

普通のところに持っていっても「直せません」と言われちゃうことがほとんどだけど、

外科医なんかの腕もどんどん下がって、

「これもう手術できないので、万能細胞で全とっかえなさったほうがお得ですよ」みたいになったり。

「どうせだったら20歳くらいの身体をつくりましょうか?」みたいな!

わおー、SFですね。

そういう感じでお直しがありだったら、

マイケル・ジャクソンは今みたいに苦しまなくてすみますね。

整形が失敗しても、

万能細胞でもとの顔を再生させればいいわけですもの。


12歳くらいの自分の身体に、脳みそだけ移植して人生をやり直すとか。

究極のアンチエイジングですよねー

もう誰がいつの時代の人やら、わからない世界が出現するわけです。


そして、脳みそが年をとって、外見が12歳くらいなのに脳だけ萎縮してきてしまったら、

今度はまた脳みそを万能細胞でつくって、その身体に脳だけを移植するわけです。

そして永久に繰り返される同世代だけの人生。

少子化とか、まったく怖くないですね。

むしろ子供もう要らないくらいの勢いですよね。

人類寿命1000年神話の始まりです。


でもそんな世界、ちょっと怖いけど。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

久しぶりに拝見してみたら、死・死・死…とタイトルが続いてて、思わず爆笑してしまいました。
あ、ごめんなさい。このコメントでもランキングが下がるかもしれませんね…。恐るべし、「死の検索エンジン」(笑
何かで読んだことあるんですが、人間が死ぬ直前にだけ分泌される脳内物質とかがあるらしいですよ。
死ぬ前は苦しくとも、死ぬ時は快感…だそうです。そして、よく言われるように「走馬灯のように」
人生をフラッシュバックで、ザッとおさらいできるそうです…
いや~よく出来てるから心配いらないみたいですね!
そんな時「死なないで!!」とか騒がれたら、確かに怒り狂いますよね。余力があったら「黙れ!わしゃこれから死ぬんじゃ!!」とか叫びたいところですよね。まあ、お互い聞こえないんでしょうけども。
見てないのですが「風のガーデン」には麻酔医という職業が「用なしになる瞬間」という、そんな隠されたプロットがあるのかも(笑

執拗に繰り返して「死」を厄介払いするのは、ある種の商売の謳い文句ですね、絶対。スローガンてやつですよ。
ただ、「路上で野垂れ死に」に代表される不幸のイメージは、確かに恐怖感を植え付けることに成功してますよね。人間以外で…例えば車にひかれたセミは間違っても幸せそうには見えませんが、土の上だったら、まずそんな風には見えません。いわゆる、都市型の病気なんでしょうね。

そういうイメージのキャッチセールスに対しては、丁重にお断りしつつ、死んでゆくものに寛容な精神をもつことが、現代の人生を楽しむ秘訣のようです。
そして書いてて思うのが、
「それは、なかなか難しい」

2. テンプルさん

あ、やっぱり死ぬ時は快感なのですか。
よかったー。ちょっとほっとしました。
そう、やっぱり、死の恐怖や老いの醜さを繰り返し繰り返すのって、商売ですよね。
なんか若くて健康で綺麗じゃなくちゃ生きている意味がないみたいな価値観て、暴力的だなあと思います。

ところで「死の検索エンジン」、私はもう半分確信を持っていますよ。
書くとランキングが下がって、書かないとあがるの(笑
妄想ですかね?

3. あがってますね。

妄想じゃないですよ!多分。所詮プログラムですから。
「ブログ ハルムス 死」とかで検索する人いないでしょうし(笑
ハルムスと言えば…日本にはこんなサイトが!知ってました?
http://www.villagebooks.co.jp/villagestyle/monkey/kharms_intro.html

でも死と生を両方楽しめる、人間という生き物は、「幸せ」というより「素敵」と言った方がいいかもしれませんね。。
ということで、丁度キース・ジャレットの「Death And The Flower(邦題:生と死の幻想)」を聞きながら思ってみました。で、この邦題は誤訳というか、色々考えさせられます。「生」と「死」は「生きるべきか死ぬべきか」的に二律背反で捉えられがちだけど、そうなの?とか。生きることよりも死ぬことの方が認識的に先んじてるだけじゃないだろうか。「死」と「花」が組み合わされていて、「死」と「生」ではない。少なくとも「生」より「死」の方が信用できそうです(笑 
やはり、生きることをわざわざ宣伝するのはとても怪しいかと…

4. そうそう

このサイト、以前に見たことがあります。
ハルムスのサイトとしては「この不思議な音」のほうが先なんですけど、私が怠けているせいで、どんどん追い越されてしまって(笑)
しかし久しぶりに読んでみましたが、なにやら難しそうですね・・・ロシア文学系の人は結構頭の良い人が多いので、認識の論理的の何とやらは私にはチンプンカンプンです。
でも詳しいですねー。参考にします。というか、パクろうと思います(笑)

生と死は、経過と結果みたいなもので、対立しているものではないですよね、確かに。
生きることも死ぬことも、もともとどちらも怖いものだと思いますが、生に関しては生まれてこのかた山ほどの経験があるのに、死ぬ時は誰もが初体験、ということで、きっと死の怖さ自体は子供がはじめて歩く時の怖さとかわらないのかもしれませんね。


プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
26913位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8825位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR