FC2ブログ

ヴァージニア大量殺人事件及び長崎市長殺人事件

アメリカの学校で、また銃の乱射事件 があったそうですね。

彼氏に、24人死んだそうだ(その時点で)、と聞きまして、

それからその人数が最終的に32人だと確定されて、

まあどうなっているのかしら、アメリカは!と、

犯人の写真を見てみてびっくり。



チョ・スンヒさん

チョ・スンヒ容疑者


アジア人だし。

銃乱射とか、32人殺害とか、

そういうクレイジーな事をするのは白人だろうなという気がしていましたが、

完全な偏見でしたね。

というか、ものすごく日本にいそうな顔立ちだと思うのは私だけ?

よくいますよね、教室にこういう子。

数学が得意で国語が苦手系の。


そういえば、日本にも同じような事件がありまして、

32人、という数字を聞いて、

すぐに連想したのが、

日本の「津山30人殺し事件」

もう70年も前のことだそうですけど!


今回の容疑者は23歳ですが、

津山30人殺しの犯人は22歳。

大量殺人に走りやすい年頃なのでしょうか。


時間も津山事件は1時間半の間の犯行、

ヴァージニア事件は2時間半ほどのものだったそうです。

うん、似てる似てる。

って、それ以上でもそれ以下でもありませんが。


ただ、ヴァージニア事件の際は、実際の殺人に要した時間は5分くらいだったみたいですね。

5分で30人はすごいですよ。

たとえば素手で30人、

または包丁でも、

30人殺そうと思ったら、

ものすごい時間が掛かりますしね。

相手も逃げるし、自分も血みどろになるし、

取り押さえられたり、つかまったり、

いずれ途中でへたばってやめちゃうと思うんですよね。


気の狂った危険な人は、どこにでもいるものですが、

どんなにカーッときてても、

どんなに気が狂っていても、

丸腰であれば、

30人は殺せるものじゃないと思います。


やっぱり銃っていうのはすごいんだなあ。

一瞬で、30人ですからね。

自分の殺した人間の、顔を見る暇さえない殺人です。


在米韓国人社会には、衝撃が走っているそうです。

トラブルを避けて帰国する人達だとか、

慰安婦問題で活動してた人達も集会を取りやめにしたとか。

これから韓国人コミュニティに対する攻撃や暴力が始まるんじゃないか、と

危惧する声もあるそうです。


でもねえ、

かの地では、もう中東系もテロの関係からかなりアウトですし、

黒人もやっぱり低所得低学歴になりがちで差別がありますし、

これでアジア系もダメかってなったら、

じゃあ見た目的にどの人種だったら安全なのかって話になってきますよね。


事件の背景にあるのは、

この男の子個人の背景や人種的な特長なんかではなく、

社会的な背景ですらなくて、

要するに、銃社会、ということに尽きると思います。

つまり、やろうと思えば5分で30人も殺せるのだということで。


人種的にいろいろ入り混じって社会が成立しているって事は、

共通認識や相互理解が容易ではなくて、

対立やトラブルや誤解、偏見や軋轢が生じやすい社会なんだろうと思います。


そういう社会が、銃社会であるというのは、怖いですよ。

怖い以上に、不可能だとさえ思います。

アメリカはこれでも、よくもっているほうじゃないかしら。

やっぱり優秀な人が多いんだなあ。


アメリカが頑として銃社会を貫くその根底にあるのは、

全米ライフル協会の政治献金だけではなくて、

個人の自衛権の思想なんですってね?

日本は刀狩なんかが伝統的にあって、

武力は権力が持つものだという発想がどこかであるようですが、

アメリカは、国家権力やどこかの集団が武力で暴走したときに、

一人ひとりが自衛して対抗できるように武器を持つのだ、

と聞いたことがあります。

そうして民衆が武器を持っているそのことが、

民主主義的な平和維持につながっているとか。


そういえば、

核抑止なんていうのも、結局は同じことなのかな。

あれだって、対立している国同士が、

どちらも核を持っていれば、

お互いに怖いから、かえって核を使えなくなるっていう考え方ですよね。

これも提唱しているのはアメリカですし、

やっぱり武器によって保たれる安全っていうのは、

ごくアメリカ的な発想なんですかねえ。


だけどそんな事、理屈だけの世界の話だと思いますけどね。

実際アメリカは、銃も核も持っていない日本と比べて、

この50年の間に、

どれだけ国内で射殺事件があって、どれだけ海外で戦争があったのか。

だれだけ殺し、殺されてきたのかって話ですよ。

武装しないと安心に生きられないなんて、嘘だと思いますね。


核といえば、長崎市長が殺害されたそうですね。

これも銃で撃たれたのですって。

長崎って広島に比べるとずっとリベラルなのだと聞いたことがありますが、

それと関係あるのかな。


長崎市長と言えば、前任の本島市長も殺されそうになっていますよね。

あの時は天皇の戦争責任に言及したことで殺されそうになったそうですが。


長崎市長って命がけなんだなあ。


と、とりあえず思いました。


加藤紘一さんの自宅が焼かれるなんていう事件もありましたよね。

これは、小泉元首相の靖国参拝を批判したことから焼かれたそうです。


以前、シベリア鉄道に乗って、

モスクワーイルクーツク間を旅行したことがあるのですが、

その時三等車で同乗のロシア人たちと仲良くなって、

色々な事について話したことがあります。

ていうか、ロシア人が一方的にしゃべっていたんですけどね(笑)


面白かったのは、三等車に乗っているような、

貧乏なロシア人たちはみな一様に、

「ソビエト時代は良かった!」

と言っていることなのです。

「だけど、スターリンの時代はどうなの?言論統制とか?」

と質問すると、

「それでも今よりはよっぽどましだ!

 言論統制なんていうけど、俺たちはいつでも好きな事をしゃべっていたし、

 べつにそれで逮捕されたりしてない。

 グラスノスチで自由になったのはポルノだけだ

とかって言うの。


もの言わぬ人々にとっては、言論統制なんていうのは、

痛くもかゆくもないんだなあとつくづく思ったんですよね。


行動する人・意見を表明する人、

人種的・思想的マイノリティにとっては実に恐ろしい時代も、

一般人にとってはどうってことないのです。

日本だって、ヘアヌードを見せるかどうかって論争になったりするけど、

自衛隊の軍事費を見せるかどうかは、あまり盛り上がりませんしね(笑)。

そこに興味も持たない。

普通の人にとって、情報量と質が問題になるのは、

本当、ポルノくらいなのかも。


実際問題、

言論の自由を図るバロメーターって言うのは、

一般人の自己感覚ではなくて、

作家とか政治活動家とかマスコミとか、

オピニオンリーダーがちゃんと発言できているか、

発言・表現の安全を保障されているかってことだと思うんですよね。


だから今、逆に日本で、

「発言をした人」がこんな具合に物理的な暴力にあったり、

たとえば乙武君が皇室に男の子が誕生したときに発言して、

掲示板が物凄いことになったりしていましたけど、

ああいうのを見ると、

大丈夫なのかなあとつくづく心配になります。

そりゃ、法律では言論の自由は保障されてますけど・・・。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR