FC2ブログ

裕木奈江バッシング再び

こんな記事を見かけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060120-00000012-ykf-ent

新進芸術家在外派遣制度で、ギリシャに一年留学するそうですね。
そのことに対するバッシング記事なのですが。

この記事を書いた人は、よほど裕木さんが嫌いなのでしょうか。

裕木はCMモデルを皮切りに、93年の日本テレビ系ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」で大ブレーク。そこで演じた一見清純そうで男を誘惑するキャラが「おとなしそうな顔してちゃっかり彼氏を横取りしそう」、「男にこびたウルウル目がムカツく」とバッシングされた。その素顔は、「演技には真剣だが、わが道を行くタイプ。待ち時間や弁当によく不満をもらした」(ドラマ制作スタッフ)との声も聞かれ、露出が急減した。

完全な中傷ですよね。
「ちゃっかり彼氏を横取りしそう」って・・・
待ち時間や弁当に不満をもらしたっていうのも、
普通、現場に入れば、皆そんなようなこと言ってますけどねえ。
だって本当に待ち時間は無駄に長い時あるし、弁当はまずいし。
それと国費留学がどんな関係に?

私も裕木奈江さんと同じ、
文化庁の在外派遣芸術家制度で二年、
ロシアに留学していました。
受かったときは随分嬉しかったですねえ。
お金がなくて、貰えなかったら帰国するはずでしたから。
先生に恵まれて、留学生活が充実していたから、
二年続けられたのはすごくありがたかったです。

だから、
ここに出てくる野田秀樹さんとか、佐藤しのぶさん、崔洋一さん、
それから第三舞台の鴻上尚史さんもこの制度で留学したそうですが、
その話を聞いたときには、正直、
「???」と思ったものです。
才能はあるけれど、お金はない、
だけどちゃんとした教育を必要としている若い芸術家予備軍は沢山います。
その人達はみんなこの援助を当てにしていて、
狭い枠の中に殺到するのに、
どうして、この40,50のすでに成功している人を行かせるのだろうか。
彼らにはすでに自分の確立された方法論があって、
それを収入に結びつけることに成功しているのに。
行きたければ、自分で行けばいいじゃない。
金は自分のがあるんだから。

そんな風に思いましたね。
この人達が自分の金で勉強しに行けば、
少なくとも4人の若くて貧乏な芸術家が、
かわりに海外で得難い体験をしたはずですから。

裕木さんの場合は、上の人達に比べればまだ若いし、
途中でバッシングによってシーンから消えたわけだから、
経済的な援助が必要である、というのもわかるし。
もちろん、本来的には完全無名な人をいかせるべきだとは、
私も思いますけど。

この記事では、上の人々は「芸術家」だから資格がある、
しかし裕木奈江さんは「タレント」だから「芸術家」ではない、
ということのようですね。

そういうつまらないことを言う奴がいるから、
日本の芸術はだめなんじゃないかなあ!
たとえば30歳前後のビートたけしが現在ここにいたとして、
彼は20年後に国際的な監督になるわけですよね。
芸術として評価される作品をちゃんと創るわけです。
だけど、30前後のビートたけしは、
「お笑い芸人」です。
下品でサディスティックなコメディアン。
彼のなかにある種の「芸術」が内包されてるなんて、
誰も思ってなかったわけです。

芸術家なんて、ぱっと花が咲くまでは、
要するに、海のものとも山のものともつかない人たちです。
本人と、少数の理解者以外は、誰にもわからない。

だから、芸術家育成というのは、
よくわからないものに金を出す
ということを、本質的に内包していることだと思います。
完全な先物投資なわけで。

胸の中に芸術のようなものを抱えた若い人がいて、
それが表に出てくるようになり、
またその芸術を表現化する技術を身につけるまでには、
良い指導者と時間が必要なことは確かです。
だけど、その結果っていうのは、ある程度たたないと出てこないし、
しかも行ったからって皆が皆ダイレクトに成果を出せるわけじゃない。
結果を出したからって、
それが一般ピープルに理解できるとは限らないわけです。

芸術っていうのは本来たくさんの無駄の中から出てくるんだから、
本気で芸術家を育成しようと思っているなら、
「タレント」は「芸術家」じゃないとか、
ケチくさいこと言ってんじゃねえぞ!
と思います。

この記事の言い方は、本当に裕木奈江さんに気の毒ですよねえ。
いやらしさ全開っていうか。
こういう理屈の通っていない中傷でも、
人を傷つけることは出来るのだから、
言葉というのは凶器だなあと思いますね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR