FC2ブログ

ハルムスの詩を訳してみました。パート2

イワン・イワーヌイチのお願いとそれから何が起こったかについて

イワン・イワーヌイチ 言っちゃいな
キーカとコカに 言っちゃいな
柵の上で 言っちゃいなよ

あんたは蒸気機関車って話してるよ
なんで蒸気機関車なのさ?
蒸気機関車なんていらないよ。

ヘアピンやベレンダ-の方がいい
ひ から か く ごで ベレンダー
夢中にさせたぜ ベレンダー  

なんだかね ひとりの家具職人がおりました
ただし 筋肉もりもりの家具職人
糊を塗ってる 家具職人

つくったのは いすとつくえ
トンカチで つくったのは つくえ
ハシバミから つくった つくえ

彼はイワンといいました
お父さんもイワン
それで彼もイワン

かれにはお嫁さんがありました
お母さんじゃなくて、お嫁さん
お母さんじゃなくて、お嫁さんがね

彼女 なんて名前かなあ 今じゃ
思い出せないな 今じゃ
忘れちゃったな いー・・・まじゃ

イワン・イワーヌイチはいいました
すごく賢く いいました
キスしてくれよ(*)といいました

お嫁さんは彼に: ひょうろくだま!
あんたは だんなで ひょうろくだまよ!
いっちまいな ひょうろくだま!

あたしは あんたとは いやよ
そんなことするの いやよ
なんでかって いやよ

イワン・イワーヌイチは ハンカチとって
自分に向かって ハンカチ広げて
それからまた ハンカチしまって

いやなんだな、といいました 
ほうそれじゃあよ、といいました 
おれ いっちまうぞ、といいました

お嫁さんは彼に: ひょうろくだま!
あんたは だんなで ひょうろくだまよ!
いっちまいな ひょうろくだま!

あんたは 全然 わたしにあわない
あんたのことは 知りたくもない
あんたなんか ペッてとこよ

イワン・イワーヌイチは ちょっといかれちゃった
いっておくけど ちょっといかれちゃった
ウシキールカあたりで ちょっといかれちゃった

お嫁さんは 彼をここに
ぶんなげて そう ここに
そう それから もう一度 ここに

耳 ぶんなぐって それから
歯 たたき出して それから
ひっぱたいたよ それから!

イワン・イワーヌイチは くちごもり
ちょっとだけ こう くちごもり
くち ご、ご、ご、ご、ご、ごもり

いやなんだな、といいました
ほう、それじゃあよ、といいました
おれ いっちまうぞ、といいました

お嫁さんは彼に:ひょうろくだま!
あんたは だんなで ひょうろくだまよ!
いっちまいな ひょうろくだま!
だから 行っちゃった 彼は行っちゃった
馬車にのって 行っちゃった
汽車にのって 行っちゃった

お嫁さんは その場に のこった
そうして わたしは その場に いた
わたしら両方 その場に いたのさ


* 原文には品のない言葉が使われていた。(原作者註)

1925年 11月  

私の母にこの詩を見せたら、
「なあに、これ?なんだかちっともわからないわ」
といわれました。
さすがハルムス。
クールですよねー
  


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
82999位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19978位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR