FC2ブログ

赤毛のアン

私は最近、「赤毛のアン」を読みました。
Netflixで『赤毛のアン』がドラマ化されていて、何だか懐かしくなったのですね。
と同時に、ドラマの方はネットフリックスらしく山あり谷あり、
人間の醜さを若干グロテスクに描きだしており、
おやあ、こんなエクストリームな話だったっけ、と思ったので原作を入手したのです。
そうして原作を読んでみましたら、これがまた、本当に名作。
やはり年月が経っても色の褪せない名作というのはありますね。
心が洗われましたよ。

例えば、アン・シャーリーがこの小説の中に初めて登場する時、
モンゴメリはアンをこう描写するのです。

年は11歳ぐらい。(省略)
小さな顔は白く、やせているうえに、そばかすだらけだった。口は大きく、同じように大きな目は、そのときの気分と光線の具合によって、緑色に見えたり灰色に見えたりした。
ここまでが普通の人の観察であるが、特別目の鋭い人なら、この子の顎がたいへんとがって、つきでており、大きな目にはいきいきした活力があふれ、口元はやさしく鋭敏なこと、額はゆたかに広いことなど、つまりひと口に言えばすぐれた観察眼をもっている人だったら、マシュウ・クスバートがこっけいなほどびくびくしている、この大人びた家無しの少女の体内には、並々ならぬ魂が宿っている、という結論に達した事であろう。


私はこの一節を読んだ時、電車の中にいたのですけど、
思わず泣きそうになりました。
作者モンゴメリのこの感じね。
この、アンにたいする思い入れというか、贔屓の引き倒しというか、
なんて肩入れしているんだろう、と思ったのですよね。
公平にアンをジャッジするなんてことは、モンゴメリは一切しないのです。
「なみなみならぬ魂」。
それがどういうものかはよく分からないけれど、
なんとなく小さな女の子の中には入っていそうにないもの、
それどころか、赤ん坊から老人に至るまで、
ほとんどの人間に入っていないし、
自分にもないから他人にそれがある事を想像できない、
そういう類まれなる資質が、
このアンという孤児の中に「ある」とモンゴメリは断言するのです。
ということは、モンゴメリは「なみなみならぬ魂」を信じていて、
しかもそれこそが人間の中で最上の宝だと思っていて、
その最上の宝を自分の最愛の主人公に与えるのです。
それが何となく感動的でね。

そしてアンの投げ込まれるプリンス・エドワード島という環境も、
ネットフリックスのドラマで描かれるような浮世のリアル地獄ではないのです。
アンは孤児だということで学校でいじめられることはないし、
むしろすぐに人気者になるのです。
孤児院でも壮絶ないじめを受けた訳ではないし、
失敗をしてもマリラやマシュウは決して孤児院に送り返すような事は匂わせない。
アンを偏見で村八分にするようなことは起こらないのです。
で、こういうのをみると、「リアルじゃない」「人間社会はこんなものじゃない」と思いがちですけど、
でも「孤児はいじめられる」「貧乏人は仲間外れになる」「田舎は閉鎖的」、
「人間はしょせんこんなものだ」みたいな「お約束事」って、
昔はそれほど絶対のルール(=常識)じゃなかったのだな、と思えるだけでも、
古い小説を読むのはいいなと思ったりします。

私は泣きそうになって、
「ああ、年を取って涙もろくなったな、私は」と思いました。
それから、
自分でその考え方を、いやな考え方だと思いました。
モンゴメリがアンに対して持っていた愛情の半分も、
自分は自分自身に対して持てていない。
私が涙もろいのは年を取ったからではなくて、
私が人間で、
ちゃんとまだ本を読んで感情を動かされる想像力を維持していて、
より良い世界を望んでいるからなのに、
しかも40歳を超える前から、小説を読んでよく泣いていたくせに、
私は「年を取った女は涙もろくなる」みたいな大雑把で残酷なジャッジを、
自分にも他人にもよく下すのです。
そしてその残酷なジャッジというものは、公平そうに見えて実は真実の一面しかとらえておらず、
そのくせ世界を索漠たる砂漠みたいなものに見せるパワーだけは強烈に持っている。
良くないなあと思いましたよ。

「赤毛のアン」のような小説を時々読むのは良い事です。
自分の人生の眺め方を、少し方向転換させてくれると思います。
スポンサーサイト



初4K映画 Maze Runner The Death cure

先日、「メイズランナー」の新しいのを観に映画館に行ってきました。
私の家から自転車で5分くらいのところには行きつけの映画館があるのですが、
今回は別の映画館へ行きました。
フェイエノールトのサッカースタジアムのすぐそば、自転車で30分くらいのところです。
何故かといえば、ロッテルダムで4K映画が見られるところといえば、ここしかないのですね。
4K映画は人生で初めて。
すごくワクワクするかと聞かれれば、
私ももう41歳ですからそれほどでも無いですが、
でもね。
新しい事をする自分と言うのは、何につけ誇らしいものです。

それにしても自転車が重くてね。
ロッテルダムのセントラムからフェイエノールドの方角へ行くには、
エラスムス橋という800メートルもある巨大な跳ね橋を渡らねばなりません。
これがもちろん緩やかな半円を描いていて、上り坂&下り坂なわけです。
上り坂のペダルの重いこと重いこと、途中で止まって倒れるかと思いました。
私ももう41歳で、この年齢を常に念頭に置いてしまう今日この頃なのですが、
この時ばかりは本当に「もう年なのかな・・・」とすっかり悲しくなりました。
でも、途中で気がついたのですが、
坂を上がり切って、下り坂に差し掛かっても、自転車は重たいままなのですよ。
ブレーキを閉めずに全速力で滑り下りようとしても、
相変わらず途中で止まって倒れそうになります。
よく見たら、ブレーキが自転車のタイヤを押さえたままで固定されていて、
ずっとプレーキを半分かけた状態のまま漕いでいたようです。
そうか、年のせいではなく、ブレーキかけっぱなしだったのだな。
私の心は晴れました。

でも、そんなこんなで映画館に到着した時、
私は髪を振り乱して、とても疲れておりました。
その上、時間がかかり過ぎて上映時間ギリギリでした。
映画館のチケット売り場には長い列が出来ていましたが、
私はウルティメイトカードという、映画館の定期券を持っているので、自動発券機が使えます。
急いでチケットを購入しました。
でもね、4K映画は追加料金が必要で、おまけに3D眼鏡を買うかどうかの選択肢が出てくるはずなのに、
何も要求されないままチケットが出てきました。
変だなと思いながらも、急いでチケットカウンターの脇を通り過ぎようとすると、
カウンターの若い女性に呼び止められました。
「ちょっと!チケットを切るまで待って下さい」
そういえば、私の前にも人が3人立って、チケットを切ってもらうのを待っています。
「でも、私はもうチケットを持っているし、予告編がもう始まっているし」
「ええ、わかりますよ。でも待っていてください」
女性はにべもなく言いました。
なんと彼女は長蛇の列にチケットを売るのと、チケットを切るのとを、一人で一手に引き受けているのです。
そのせいでイライラして、客に対して憤りを抑えきれなくなっているのですね。
気の毒な労働環境が悪いので、決して彼女自身が悪い人間だという訳ではないのでしょうが、
それにしても、
彼女がチケット売りに一区切りつけて、チケットを切ってくれるまでが、もう長くてね。
もう。もうちょっと人を雇ってよ。
映画館は経営が大変なのかもしれないけれど。

けれど、チケットを切ってもらって、沢山ある上映ホールの番号を確認する過程で、
私は大変なことに気がつきました。
どうしてこんな事になったのかわからないけれど、
手元にあるチケットには「Maze Runner」という文字の代わりに、
同じ時間に上映されているオランダ映画の題名がありました。
だから追加料金を取られなかったのですね。
慌ててチケットカウンターに引き返して、チケットを交換してもらおうとしましたが、
カウンターにはご存知の通り、長蛇の列。
そして、カウンターの中には、チケット一つ切るのに5分待たせたあの若い女性が。
列に割り込めば、「ちゃんと後ろに並べ」と言われるに決まっています。
もう予告編が始まっているのに。

私はしばらく考えて、
「もういいや、このまま入ってしまおう」という結論に達しました。
3D眼鏡は持ってましたしね。
4Kの映画でとられる追加料金は5ユーロほど。
でも私はここ5,6年の間、毎月映画館に定期代金を払っており、
毎回飲むお茶代、時々食べるチョコレート掛けポップコーンやアイスクリーム、
3D映画の追加料金や3D眼鏡などなど、
この系列の映画館に注ぎ込んだお金はそれなりに多額だと思うのですよ。

一度くらいは、良いんじゃないか。

そういう気持ちで最上階まで階段を駆け上がりました。
でも、4K映画はやっぱり特別らしくて、入り口に係りの男の子が立って、
チケットをチェックしているのです。
私は躊躇しました。
万引きをした時のウィノナ・ライダーの気持ちが痛いほどわかりましたよ。
多分あの時のウィノナは、お金が惜しかった訳ではなくて、
レジに並ぶ時間がなかったのではないかしら。
ウィノナにとっては高級な服の代金だって、まあ小銭でしょうしね。
いや、だからって万引きはいけませんけどね。

私は方針の定まらないまま、とりあえず男の子の方へまた走っていきました。
チケットチェック係の黒人の男の子は、
肩で息をしている私を見て、ニヤッと笑いましてね。
「あの、これなんですけど・・・」といって私が差し出すチケットを観もせずに、
「席はわかる?急ぎなね」と言って入れてくれました。
いや、もうありがたかったですね。
浮いた5ユーロを小遣いとしてあげたいくらいでしたよ。

問題の4Kですが、何でしょうね。
皆さんは好きですか?
私はそうでもなかったです。

4Kチェアはマッサージチェアに似ています。
私は車酔いがひどいので、ああいうグラグラ椅子が揺れるようなのは、気持ちが悪くなるのですよ。
特に予告編ではこれぞとばかりにグイグイと椅子を揺らすので、
もしこれが映画の間ずっと続いたら、吐いちゃうかもなと思いましたよ。
しかもずっと風がビュービュー吹きつけて、寒いですしね。
砂漠でも風が吹く、銃撃戦でも風が吹く、カーチェイスでも風が吹く。
その度に身体が冷えていくのです。
せめて温風にしてくれればいいのに。
映画の途中でモンスターが出てくるのですが、
それが顔の前でパクっと口を開けた瞬間に、
顔にパシュっと水がかかりました。
・・・どういう趣味をしているのかしら、これを考えた人は。
明らかに、モンスターの唾液が顔にかかった感覚ですよね。
これをしてもらって、喜ぶ人っているのかしら。
どうかと思いましたよ。

まあ、そうはいっても、
映画自体はとても愉しみましたけれどもね。
男の子たちはとても綺麗だし、
構成は中だるみもなくてパキパキ話が進むし、
展開はハラハラドキドキですしね。
私は一作目だけ観たことがあって、
多分途中の話が抜けているのですが、
それでも十分話についていけました。

終わった時には結局とても満ち足りた気分になって、
近くにあったケンタッキーフライドチキンに約10年ぶりくらいに入り、
チキンナゲットとコーヒーを所望しました。
ああ、私は今日は珍しい事を沢山した、
珍しい事ばかりしていたなあ、と、
しみじみ嬉しく思ったことでした。

帰り道はブレーキを調節したので、
世界が違ったみたいにすいすいと家まで走れました。

プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
63888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17570位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR