スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男のアイライン

私は最近、「プリンス」という映画を観ました。
これです。



映画館のポスターには一人アジア系の俳優がのっていて、
Rainと書かれていました。

私は一時韓流ドラマにはまっていまして、
Kポップなんかも聞いていましたから、
すぐに思いましたね。

これは、彼じゃないかな、
RAIN(ピ)という人じゃないかなって。
この(ピ)というのが気になっていて、
名前を覚えていたのです。
ずっと思っていたのですよね。
(ピ)ってなんだろう?て。

そりゃ名前なんでしょうけど、何でカッコしてわざわざつけてあるんだろう。
それでもって恰好が良くなるなら別ですけど、
日本語の語感で(ピ)をつけることによるメリットて、特にありませんよね。
そしてピ、が名前なら、RAINは何なのでしょう。
芸名(本名)?またはその逆?
アメリカ名(韓国名)?
公称(愛称)?
または韓国語で雨のことを「ピ」っていうのかも?
いずれにせよ謎だったのです。

まあ、わざわざ理由を調べるほどの興味はなかったので、
謎のままなんですけどね(笑)。

「プリンス」にはこのRAIN氏が出演しています。
オランダにおける彼の名前は(pi)とは書いてありません。
単なるRAINです。

映画そのものは二流というか、
「家族を守る」という正義らしきものの名のもとに、
一人の男がギャングの大虐殺を行うという、
いかにもアメリカ映画っぽいものでした。
この、「娘を守る」という大義名分があって、
「相手が悪い奴である」という大義名分があれば、
一人残らず全員殺していい、という感じ、
アメリカ映画にはよくありますが、私は大っ嫌い。
しかもその娘がたいした奴に見えないのですよ。
たいした奴じゃなければヤク漬けにされてもいいって訳じゃないけれど、
パーティー三昧で男にはまってヤク漬けになる、
ううーん、この女どうでもいいじゃない、もしかして自業自得じゃない?
と日本人は思いがちなタイプ。
私も観ながらすっかりそう思っちゃいました。

出演者も、
ブルース・ウィリス以外は皆チャームレスな俳優ばかり。
どうしてブルースはこんな映画出ちゃったのかな。

でもお金はかかってる感じがしました。
ストーリー展開は底が浅くて、薄くて、陳腐だけれども、
わかりやすくスピーディーに進んでいくので、
終わりの方にならないと「?」とならない仕組みです。
そこらへんで、三流にならずに、二流でとどまっているのですなあ。
RAIN氏の経歴には、
「ハリウッド映画に出演!!!」という華麗な一文が加えられるのでしょうけれども、
それがハッタリにならない程度にはちゃんと作られていた気がします。

現に私は、観ている間はけっこう楽しみました。
大体、環境がすごく良かったんですよね。
広いホールに観客は私一人。
ジュース飲んで、お菓子食べて、途中でトイレに行って、
画面に突っ込んで独り言言っても全然平気。

主人公の親父が腕の筋肉&腹の贅肉を誇示し、
セクシーな娘の友達に強さを褒められながら誘惑されつつ、
バリバリガリガリ大虐殺を行なうのを眺めながら、
ゆったり、贅沢な時間を満喫しました。

RAIN氏の役どころは、主人公の敵の用心棒および凄腕のヒットマン。
結構重要な良い役です。
英語の長台詞を流暢にしゃべっていました。
韓国風のアクセントをあまり感じさせずに、
アクションもこなして、クールで、
きっと努力家なのだと思いました。

ただねえ、彼が画面に映る度にどうしても気になってしまったのが、
韓国のアイドルにありがちな、例のあれです。
厚化粧。
そしてアイライン

近年の韓国の人気俳優さんは、
なんだか存在感がロボットっぽいというか、
きれいに整い過ぎていて、違和感ありますよね。
しかも役と関係なく変なお化粧しているから、
一人だけ違う世界で生きているみたいに見えるのです。
特に主人公の親父と並んだりすると、
なんか親父が背広着たマネキンの横に立ったみたいに見えちゃってね。

整形までは韓国の芸能界で生きていくために仕方なかったにしても、
なんであんな意味のない化粧をするのでしょう。
RAIN氏の切れ長の目やシャープな体型は、
それだけで十分魅力的だと思うのに、
あえてそこにアイラインまで引かなくてはいけない訳は何でしょうかねえ。

彼の役どころは殺し屋・用心棒。
マフィアの殺し屋・用心棒は、
普通に考えてアイラインひいてないと思うのですよ。
ゲイだとか変わり者だとか、
そういう役に対するアプローチとして行われているならまだしも、
それを匂わせるエピソードは劇中に一切登場しません。
Rain氏は純粋に、
美容的観点からアイラインを引いていらっしゃる。
私はそう感じました。

舞台なら客にはそれがアイラインであることが見えませんが、
映画の場合はアップがありますから、
どういう引き方をしているのかまで、はっきりと見えます。
そうなると私なんか、
RAIN氏が画面に映る度に、
「あっ、アイラインひいてる・・・」と思いますし、
そこばっかり見てしまいます。
なぜって、彼が画面に映る度に、
私は自分の中の昭和と対決する羽目になるからです。

皆さんは男の化粧に対して、どうお思いですか。
私は、アイラインひいている男とか、眉毛剃ってる男とか、
外見磨きに余念のない男は好きじゃありません。
特にそれを女にモテると思ってやっている場合は、
その勘違いを生み出した精神性・価値観などにさかのぼって批判的です。
「男のくせに!」
と、これはもう強烈に思ってしまうのです。

でも、そう思った瞬間に、
私の中のコンテンポラリーな部分が言い出します。
「どうして男が化粧しちゃいけないの?」
「じゃあ、ゲイの人はどうなの?」
「あんただってやるくせに?」
「それは男女差別じゃないの?」
「人は、自由に生きていいんじゃないの?」

「・・・そうね」
私の中の昭和は一瞬譲歩するのです。
で、我慢して、
RAIN氏のアイラインについてはそれ以上考えないようにするのですが、
でもやっぱり、しばらく彼が画面から消えて、
もう一度ババーンと銃を持ちながら廊下の陰から現れたりすると、

「・・・アイライン」

思い出さずにいられない。
いやー、そういう意味では、
「プリンス」におけるピ氏のアイラインは、
本当に厄介でしたよ。

でもね、私の演劇アカデミーの先生、
ベンヤミン・ミハイロヴィッチだったら、
彼が現場にアイラインをして現れた時点で、必ず言うと思いますよね。
「君、その化粧の根拠はなんだ?」ってね。
それをあの映画の監督が言わなかった時点で、
それもやっぱりあの映画を二流にしたと思います。

あ、でもそんな事言ったらRAIN氏に気の毒か。
「プリンス」を二流にしたのはRAIN氏自身の演技ではないのです。
そういう意味ではないのです。
俳優としての彼は、過不足なく、準備もちゃんとして、良くやっていたと思います。

ただもう、
…アイラインさえなければねえ。



スポンサーサイト

戦争とか慰安婦とか

オランダ政府はイスラム国に対する制裁に加わって、
武器だの兵士だのを中東に送るそうです。
アメリカが本格的にイスラム国に対する空爆を始めたら、
それに乗っかってまたヨーロッパも攻撃に加担するのかな。

まあ、イスラム国は怖いですけどね。
入ってくるニュース、入ってくるニュース、
全部イスラムおよびムスリムの民たちの狂犬振りについてですしね。
ニュース読んでいると、
もう本当に粗暴で、狂暴で、
女性を性奴隷やらモノ扱いにしていて、
人を殺すのも何とも思わないし、
十代から銃だの血だのに慣れ親しんで、
彼らに捕まったら最後、拷問されて国家に金要求されて、
応じないと首切られて殺される的な、
もうムスリムにたいして闇雲な恐怖を起こさずにはいられないような、
そんな感じの記事ばかり。

日本にいてああいう風な記事を読む人たちは、
実際のムスリムには会ったことない人がほとんどでしょうから、
それだけに、
「ムスリムは危ない」と思うしか選択肢がないでしょうね。
一択ですよ。

でもねえ、私はオランダにいて、
ムスリムの知り合いもいますし、
町で毎日のように会いますし、
仕事も一緒にする訳です。
そうして思うのは、
やっぱりちょっと、
報道の仕方が一方的すぎないか?という事なのですよ。

嘘とか捏造とか言っている訳じゃなくて、
多分報道されている事は実際行われている事なんでしょうし、
ムスリムの人たちのやたらと血の熱い感じの暑苦しい行動線をみるかぎり、
あー、やっててもおかしくないなあ、とは思うのですよ。

ただね、
普通の報道を追っているだけでは、
聖戦(ジハード)とやらを行わなくてはならない理由、
あっち側の理屈みたいなものがなかなか見えてこない。
ただもう人殺しが好きで好きでたまらないからやってるみたいな、
高校生が友達殺して首切っちゃったのの延長線上でやってるみたいな気がしちゃう。

だけど、イスラム国の人たちは、
快楽殺人を犯している訳ではもちろんないのです。
文字通り命をかけて、
米英欧相手の、負け戦に決まっている闘いに身を投じている訳です。
個人的にではなく組織的にやっているのだし、
ヨーロッパからも絶え間なくジハードに参加する人々が現れています。
そこには絶対に何か、
人格以外の理由があるはずですよね。

イスラム国の人々が狂犬である前に、
彼らを狂犬にした理由が必ずあると思うのですよ。
英欧米がまずイスラム諸国に何をしたのか。
そして現在も何をしているのか。
それをはっきりさせることなしにジハードを語っちゃいけない。
そう思うのです。
でもマスコミはそれを、
私みたいなバカにも分かるようには絶対に説明してくれないしね。
イスラム国に関する報道ほど、
情報のコントロールを感じさせるものはありませんね。
もっとも、イスラム国もジャーナリスト殺しちゃうんだから、
今後イスラム国に寄り添った記事なんてのは物理的に出るわけないですけど。

もっともイスラム国が誰に一番脅威を与えているかといって、
アメリカ人でもヨーロッパ人でもなく、
彼らがいる場所に居合わせてしまったイスラムの一般市民であることは間違いありません。
シリアの国境には山ほど難民が押し寄せて、
トルコも受け入れきれなくて、大変なことになっているとか。
その数16万人ですって。
お年寄りも子供もいるでしょうし、
逃げ切れたとしてその後の人生にどういう選択肢があるのか、
本当に気の毒なことです。
あの場に居合わせてしまった若い娘とか、
兵士として訓練される小さな子供とか、
その母親とか、
これからアメリカ空爆で町を焼かれる人々とか、
誰もかれも一般市民はみんな本当に可哀そうです。

私は最近司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読みまして、
それは土方歳三が主人公の新撰組ものなのですが、
読んで再びしみじみ感じたことは、
(維新ものを読むといつでも感じてしまうことですけど)、

黒船が来て日本人がまずしたことは、
身内同士で盛大に殺しあうことなのだな。

ということです。

イギリスもアメリカも、
まだ全然誰も殺していない。
まず日本人が日本人同士で、
将来に対する不安で殺気立って、
主張が違うということを理由に殺し合うのです。
その中で、老いも若きも、
バカも利口も、リーダーも下っ端も、
切って切られて、拷問し合って、町を焼いて、
片っ端から死んでいく訳です。
外国から日本を守らなくちゃいけないという点では一致しているのに。

イスラム国で起こっていることも、
きっと同じことなんだと思います。
まずは自国民が自国民に詰め腹切らせて、凄惨な仕打ちをする。

戦争というのは、
国と国の争いという前に、
集団と個人、国みたいな大きなものと一般市民の戦いだと思います。
ていうか、戦う前に最初から個人は負けるわけですけど。
負けるから戦争が起きるのでしょうし。
私にはそう考えるのが一番わかりやすいです。

慰安婦問題も今、ねつ造だなんだって色々言われていますけど、
彼女たちだって韓国人である前に、戦争の犠牲者になって、
悲惨な目にあわされた一般人であることに変わりはないと思うのです。

韓国が慰安婦問題を政治的に利用しているだけだという言い方をすれば、
おそらくそれはそういう側面もあるのでしょうし、
朝日新聞は日本の評判を落とし、国益を若干損ねたという側面もあるのでしょう。

ただ、私は日本人というより前に女ですから、
その「女」の部分を激しく貶めた戦時中の日本軍のほうに怒りを感じます。
それを政治利用する韓国人や、
間違った根拠を与えた朝日新聞に対してよりも、
三倍激しい怒りを感じるのです。

慰安婦として日本で働かされた女の人たちは、
韓国人かもしれないけれど、
たいして私と人間としての違いはなかったろうと思います。
貧しくて、抜け目なく立ち回るような知恵もなくて、
逃げられなくて捕まった若い娘たちだったのだろうと思うのです。

その個人としての娘たちが戦争で人生も尊厳もズタズタにされた。
国家が彼女たちを戦争に直面させて、
犠牲にして泣き寝入りさせて、
何十年かたったあともう一回ひっぱりだしてきて争いの火種に利用している、
私にとっての慰安婦問題はそんな風です。

韓国人が慰安婦問題を政治的な駆け引きに使っていることだって、
韓国の政府に彼女たちが利用されている、という事です。
国家に一般人が利用されているということに変わりはありません。

慰安婦問題を考える時、
日本の女子が一回やってみなければいけない事は、
戦争が終わった日の慰安婦の立場に自分を置いてみる、
という事だと思います。
まざまざとその立場を想像してみるという事だと思うのです。

戦争が終わった時、
軍隊が組織的に自分たちの所業を隠そうとして、
証拠も何もかも隠滅して、
責任関係は何もかも曖昧だったとしたら、
慰安所に残された女性たちは、
個人としてどこまでそれを調査・追求できたのだろうか?
国家の間では賠償はいらない、みたいな条約が勝手に結ばれて、
でもそれに対して元慰安婦たちに何かを言う権利や能力があったのか?
戦争とはそういうものだ、と言われてしまえばそれまでだけれど、
その戦争は彼女たちが引き起こしたものなのだろうか?

彼女たちが、一体誰に、何を言えたか。
それまで自分たちを暴力で圧倒してきた軍人たち相手に何を要求でき、
逃げまくる日本政府相手に何を要求できたのか。

または韓国政府に対して何を要求できたのか。
現代のレイプの被害者だって、
警察に届けすら出さない人が大半なのに、
当時の世相にのっとって、
彼女たちがどこまで自分の労働形態について語る事ができたのか。

いやいや、全然他人事じゃありませんよ。
私が慰安婦だったら、泣き寝入りに次ぐ泣き寝入りでしょうね。
そんな運命を自分に強いた相手を憎み抜くと思いますし、
どんなにしてもらっても癒されることはないと思います。

吉田証言はウソだったかもしれませんが、
だからといって慰安所がウソだった訳ではないでしょう。
あれが当時違和感なく受け入れられたということは、
その当時慰安所を利用したことのある兵士たちや、
慰安所を組織したことのある軍人たちがまだ一杯生きていて、
結構リアリティがあったって事じゃないかと思います。

強制徴用であろうとなかろうと、
日本軍の仕業であろうと民間業者の仕業であろうと、
女の人が外国に連れて来られて、
二束三文でそこの兵隊相手に過酷な性労働に従事させられて、
女性としての名誉も健康も何もかも失ったのです。
自分がそれをやられたのだったら、どうか。

でも軍隊みたいな国家的なものが、
組織的に証拠を隠滅しようとしたら、
一個人なんかになかなか真実が暴けるものではない。
その過程で昔の朝日新聞の編集は間違った道を取ったのではないかと思いますが、
声なき慰安婦たちにとっては、その朝日新聞の存在というのは、
どれほど心強いものだったか。
そういう事だってあると思うのですよ。

朝日新聞にはもちろん功罪あります。
やるべきじゃない事をやったと思いますし、
撤回&謝罪は当然だと思います。
でも私は彼らが売国奴だったとは全然思っていません。
そういう言葉を一般人が使うべきでもないと思う。
だってやっぱり、朝日新聞は産経新聞なんかよりも、
よっぽど弱い者の味方をしてきたんだから。

いずれ私も日本人のほとんども韓国人のほとんども、
戦争が起これば国家に強制的に徴用されて、
自由を奪われ発言を規制され家を焼かれて、
徴兵やら何やらのタダ働きの末に身一つで放り出される身です。
どんなに酷い目にあったって、その声をすくいあげてくれる人がいなければ、
ただ黙って犬死するしかない。
だから、戦争によって犠牲になった弱い者がいたとして、
その権利を主張する人がいたら、
それが自分の国の益になろうとなかろうと、耳を傾けなくてはいけないし、
出来る限り国にそれを認めさせる国民でなければいけないと思います。
だって他国民に向けられる刃は、
最初に自分たちに向けられる訳だから。
旧日本帝国軍は、日本人の女の子だって慰安婦にしたわけでしょう。

日本政府と当時の関係者が、
もと慰安婦だった女性たち個人に公式に謝罪をし、
出来る限りの補償をすることは、
当然ではないかと思います。
吉田証言がウソだろうと何だろうと、
法的な証拠があろうとなかろうと、
実在していたことは間違いありません。
戦争という名のもとに、
いかに多くの娘たちが虐げられたのか、
そしてその責任はやはり日本の当時の責任者にあったのだということを、
認めるべきだと思います。

それを過去の日本人がしてこなかったために、
私と私の韓国人の友達が、
見たこともない慰安婦をきっかけに敵同士になるとしたら、
全然笑えないです。


プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
39168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11804位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。