親不孝

ここ最近、忙しい日々が続き、
体調も悪くて、
それなのにお天気が悪くて寒くって、
私のオランダ人はiPadでフルーツ・スプラッシュばかりやっているし、
私は自分の事を可哀そう、可哀そうと憐れんで生きていたのです。

毎日仕事に行って日々の糧を稼ぐ、というのは、
普通の人間なら誰しもやっていることですし、
私の倍くらい働いて、親の介護をして、
更に子供まで育てている人だっているのですから、
不平不満を言っていいような立場ではないことはわかっているのですが、
そうは言っても、
あんまり忙しいと私は不幸になるのです。

そんなある日、
ぽかっと仕事が全然入らないで、
5日くらい何にもない日がありました。

私は嬉しくなって、
自分にありとあらゆる甘えを許しました。

まず、私のiPhoneにモバゲーを入れまして、
それからPCに色々なコミックをダウンロードしまして、
食糧やらインスタントラーメンやらを買いこみまして、
さあ、この5日間はどこにも行かないぞ、
何にもしないぞ、
そういう決心を固めたのです。

5日間に渡って、
私はヒマさえあれば「シティ・ストーリー」というゲームで自分の街をつくり、
パズルゲームを解きまくり、
そして「3月のライオン」、「宇宙兄弟」、「モテキ」、「ピアノの森」など、
漫画の名作を読みまくりました。
これね、上の4作、
あまりにも名作なのですね。
夢中になって読みました。
今は「キングダム」というのを読んでいますが、
これももう、止まりません。

眼精疲労で目が落ちくぼみ、
せっかくの休みなのに絶え間なく続けるゲームのせいで心が落ち着かず、
風呂にも入らず寝間着も脱がず、
廃人となっていた最終日、
母がふいっとスカイプでオンラインとなったので、
話しかけてみました。

母と話すのは久しぶり。
やっぱりいつでも話がはずむし、
嬉しいものです。

ところが、母が私に、
「ねえ、何か困っていることがあるんじゃない?」
と聞くのです。
「ねえ、大丈夫なの?」

自分の事を憐れみながら生きている私ではありますが、
とりたてて困っている事はなかったものですから、
「え?大丈夫ですけど?」みたいな感じで電話を切りまして、
翌日からは過ぎ去った休みの日々を惜しみつつ働いたわけです。

そして、ふと、母のブログを見てみるとね。
こんな感じで書かれておりました。

http://xacykau.blogspot.nl/2014/01/blog-post_24.html

・・・いやー、まいりましたな。
違う、違うんですよ、母上。
あなたの娘は、
モバゲーと漫画と眠り過ぎで、
廃人化していただけなのですよ。

本当に、申し訳ない気持ちで一杯になりました。
一生懸命、命を削りながら育て上げた娘が、
こんな感じの仕上がりで本当にごめんなさい。
でもね、子供っていうのは、親の責任でもあるからね。
自業自得でもあるけどね(笑)

親不孝っていうのはこういう事なんだなってつくづく反省したので、
私は自分の電話からモバゲーをすべて削除し、
漫画は夜の8時までって心に決めて、
野菜スープを鍋一杯つくりました。

さあ、今からはちゃんと生きますよ。
どうぞご心配なく。



スポンサーサイト

三菱東京UFJ銀行

最近、よく三菱東京UFJ銀行から、
「アカウントが凍結されようとしているから、
 もしそれを防ぎたければ以下のリンクをクリックせよ」的なメールが来るのです。

でもドメインがYahoo.co.jpだったりするので、
いくら三菱東京UFJがカジュアルな銀行でもフリーメールは使わないだろうな!
と、私はちょっと賢い所を見せまして、
二度、三度と来るメールをすべて無視していたわけです。

で、今日もまたメールが届きました。
今日のアドレスは、loading123b@yahoo.co.jpです。
こういうのって、登録するときの住所とかで、
簡単に犯人が特定できたりしないのでしょうかね?
結構長きにわたって色々なアドレスからUFJメールが届くのですけど、
一向に逮捕される気配のないまま、
のびのびとやっていますよね。

今日の文面は意外とロックでしたね。
しびれました。

「**********************************************************************
         三菱東京UFJ銀行Eメール配信サービス
************************************************************************

2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。

以下のページより登録を続けてください。

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001


――Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――」

貴様のアカウント(笑)
貴様のアカウントはないよ。
もう隠す気すらなくなってるよ(爆笑)

下のcopyrightうんぬんが痛々しい。
つくってるの、中学生とかなんじゃないの?
あとは中卒のチンピラが兄貴に言われて作ってるとか。
あとは借金のかたに拉致されてきた人が、
無理やりやっているのだけれど、
良心の呵責に耐えきれずに、こんな文面にわざとしてるとか。
さびしんぼうの引籠りが、
せめて誰かと話したくてやってるとか。
色々な再現ドラマが私の頭の中で進行中です。

どういう詐欺なんだろうなあ。
下のリンクをクリックすると、出会い系のサイトとか出て来ちゃうのかしら。
だって事情を聴きたくなっちゃうからね。







3月のライオン

羽海野チカさんの「3月のライオン」がもう面白すぎて、
朝からノンストップの私です。
やめられませんよ。
号泣です。

主人公はプロ棋士の男の子で、
私も彼がチェスマシーンなものですから、
共感できまくり。
ネットでダウンロードしたのですけど、
リーダーに落として買おうと思っています。
その価値はあります!

そうそう、ソニーのリーダーは現在、
NET CASHというプリペイドが使えるようになり、
海外でもそのプリペイドで本が買えるようになったのです。

で、最初のほうは漫画とか買いまくっていたのですけど、
そのうちふと思ったのが、
私は漫画の世界とあんまり共感がなくて、
特に最近描かれた漫画はほとんどその世界が理解できない、
という厳しい事実でした。

漫画って続きになっていて、
30巻とか40巻とかあるやつがありますから、
いちいち買ってたらお金がかかる訳ですけど、
まとめ買いして、最後まで読まないという例が多すぎてね。
バカじゃないのって感じになっているのです。

だから、最初のほうだけネットでダウンロードして、
気に入ったら買う方が後悔がないですよね。

でも、「3月のライオン」は買います!
買いますよ。
面白いです。
というか、朝から家事の合間に読みつつ、
泣いちゃった。

現在主人公が詰将棋をやっていて、
私はその合間にボビー・フィッシャーのチェス教本を開いています。
影響受けてるし(笑)







光源氏の子供

それにしても、
大沢樹生氏の今回の騒動はどうなんですか、皆さんは?
私はもう、かぶりつき。
ニュースでチラッとでも「大沢」という文字が出てくると、
それだけでクリックしてしまうくらいですよ。

もう、ドロドロすぎてね。
現実を越えてドロドロしていて、
DNAの検査をするのもすごいし、
それで父親じゃないって判定が出てしまうのもすごいし、
その上その未成年の息子が出て来て、
「僕は本当の息子です」って言ったり、
現実離れしててよく分からない。
目が離せませんよね。

よく大沢樹生が、
DNA鑑定をしたきっかけについて、
「自分に似ていないし・・・」と言ってるのですが、
喜多嶋舞と大沢樹生って良く似ているから、
そこらへんも分からない所です。
私はあの子供、大沢樹生にそっくりだと思っちゃう。
でもDNA鑑定が出ているんだから、
違うのでしょうね。

でも、アメリカまで記者が追っかけていって、
まだほんの子供のその男の子に、
「自分は本当の子供です。」と言わせるなんて、
そんなこと、許されるの?
女性週刊誌とはいえね。
そこにもびっくりです。
そんな事言わなくちゃいけなかった子供の気持ちってどんなだろう。
そこに誘導していった記者の顔と履歴が見たいですね、つくづく。

話の筋を追っていけばいくほど、
本当に子供がかわいそうというか、
これは大人になってからこじれるだろうなあと、
つくづく思いました。
喜多嶋舞も大沢樹生も良いように言っているけれど、
結局はどちらも、
「こいつ、可愛くない。
 こいつ、要らない」

と動物の言葉に翻訳するとそういう趣旨で、
まあ、本音に正直な人たちなのかなとは思いましたけどね。
本能の赴くままに色々な人と関わって、
わからないまま子供が生まれて、
なんか子供とかよくわからないのでイヤになっちゃったのでしょうね。
実際、子供も一緒に暮らすとあんまり可愛くないのかもしれないしね。
特に障害があるということで、
まあ、彼ら、イヤになっちゃったのかな。

光源氏って、でも、結構そういう人でしたよね?
そういう意味では大沢樹生氏は名は体を表しただけかもしれませんね。
なんかちょっと源氏物語っぽいですよね、
そういえば、話のドロドロした感じが(笑)

私は子供がいないので、
あんまり知ったような口は利けません。
「子供が可哀そうだよ!」というのは簡単だけど、
実際に子供と暮らした時に自分がどうなるかなんて、
神のみぞ知るってところがありますしね。
自分が絶対にそういう羽目にならないかって、
そんな事は言えないと思いますし。

家族っていうのは、
本当に面倒くさい所があるし、
近いだけに愛憎が濃いというか、
お互い同士を苦しめ合ったりすることは、
普通にあると思うのです。

でも、だからこそ、
私は子供を持たなくて良かったな、とも思います。
だって、あの男の子に喜多嶋舞と大沢樹夫がやったことは、
人として最悪ですよ。
あんなことをするくらいなら子供なんて本当に持つべきじゃないし、
それは結果論だから仕方ないとしても、
もし仮に自分がそれをあんな形でやってしまったとしたら、
自分で自分が許せないだろうと思います。
醜いし、正しくないし、どこにも良い所がありません。
それは他人が断罪すべきことでもないけれど、
自分だったらと考えるとゾッとします。
私は案外自己批判しちゃうタイプなのでね。

どういう人になるんですかねえ、
あの子供は。
自分に与えられた人の何十倍も濃い物語を、
どうにかポジティブな意味でのアイデンティティに変えていってほしいものですが。



原発ホワイトアウト

クリスマスに実家から大きな段ボール箱が届きまして、
その中には4冊の本が入っていました。

1冊は多分弟からのプレゼントで、
きれいな絵本の挿絵の美術本。
この間日本に帰った時に、
二人で本屋に入って、ふと私がキレイだねえ、と手に取ったやつ。
弟は覚えてくれてた訳です。

2冊は母の昔書いた本が、
英訳されたもの。
この本は母がものすごく苦労して書いたものですが、
その甲斐あって、
チョコチョコ小金を運んできてくれるのです。

そして最後の1冊が、
現役キャリア官僚が書いたという、
「原発ホワイトアウト」でした。
著者は若杉冽という人。

原発事故の起こったあと、
どういう風に政府が物事を収束させていったか、
ということが、空恐ろしくなるような形で描かれていました。
ああ、そうか、
日本の中枢ってこういう感じなのかあ、と、
ああ、そうか、
だから秘密保護法なのかあ、と、
そしてやっぱり、
ああ、そうか、
国家権力の前には個人なんて本当にちっぽけなもので、
誰にもどうにも出来ないのかなあと、
絶望的な気持ちにもなりました。

国家権力っていうか、
特権階級ですよね。
原発っていうものがいかにその特権階級の財源となっているか、
そのシステムがいかに彼にとって捨てがたいものであるか、
もちろん知ってはいたけれど、
具体的にはどういうことなのかっていうのが、
はっきり書かれていて面白かったです。

それにしても、
読了後に帯に書いてある推薦文を読むと、
読む前と全然印象が違って、
ちょっと笑えます。

元大阪地検特捜部検事の田中森一さんが書いてるんですけど、

「私は『闇社会の守護神』などと呼ばれたが、
 本書が明かす日本の裏支配者の正体は、まったく知らなかった・・・
 著者の勇気を讃えたい

というの。
読む前はそりゃ額面通りに、
一般人が全然知らない事実を伝えた、
そのことを褒めてるんだな、と思った訳ですけど、
本の中では検察がいかに政府に骨抜きにされていて、
特権階級の意のままに動くか、
なんてことも書かれている訳です。

そうすると、
「闇社会の守護神」と呼ばれるほどの自分が、
ここに書かれている事をまったく知らなかったのですよ。
としらばっくれてからの、
大文字太字の「著者の勇気を讃えたい」が怖すぎる訳です。

あんた勇気あるねえ。
おれは知らないよ。

という趣旨に思えてしまってね。

なんか色々なものが陰謀に満ちているというか、
日本政府、怖すぎ(震)

まあ、ていっても、
近年話題になる本のほとんどは、
機能していない社会システムがテーマなのだな、と、
私は思ったりするのです。
ほとんどの現代本の隠れたテーマは、
「劣化した組織・劣化したシステム」なのだな、と。

『劣化国家』という本がありましたが、
この本の題名が去年の私の流行語大賞でありまして、
何かにつけ思い出すのですよね。

この「原発ホワイトアウト」も、
まさにこの「劣化国家」がテーマだったと思います。

だけどやっぱり、
あきらめてしまえば、やられっぱなし。
「じゃあ好きなようにやれば」と放り投げれば、
本当に好きなようにやられてしまって、
結果的にものすごく悲惨な目に遭わせられる。
それで誰もかばったり助け合ったりしてくれない世の中なのだから、
そうならないように、
小さなことでも譲らないように、
頑張って戦っていかないといけないのだなあ、とつくづく思います。

でも本当は、
官僚だって特権階級だって敵ではなくて、
同じ日本人で、
頭が良くて実力のある人たちで、
味方になってくれればこれほど心強い人たちはいないのです。
「選良」ですもの。
こういう人たちが、
自分たちにとってだけでなく、
誰にとっても住みやすい場所をきちんと作ってくれるような、
つくらざるを得ないようなシステムを、
私たちは新しく考えなくてはいけないのだと思います。
多分、絶対にあるはずだと思うのですけどね。

























かさぶた

私は毎年、
クリスマスには私のオランダ人の実家に行きます。
これは何やら親戚一同大集合の、
オランダ人としての義務らしいのですね。
必ず、必ず行かなければいかないのです。

まあ、それぞれ至近距離に住んでいるオランダ人家族が集まって、
近況報告やら近所の人のうわさ話やら昔話やらに花を咲かせる中で、
言葉もおぼつかない日本人がたった一人参加するわけですから、
そりゃ楽しくはありませんよ。
でも、私は典型的な日本女子。
世界に冠たる「お嫁さんにしたい民族」ナンバー1の大和撫子です。
私が行かないとなると、私のオランダ人は肩身が狭かろう。
両親にたいして、顔も立つまい。
「仲がうまくいってないんじゃないか」と余計な憶測も立つだろう。
私一人が我慢すればいいならね、
行きますよ。
行けばいいんでしょ。

そうやって私のオランダ人に延々と自己宣伝&恩を着せながら、
今年も行ってまいりました。

ところが、その心根がまずかったのか、
地下鉄の駅の工事中のところで、私は見事にすっ転びました。
下ろしたての黒いタイツの膝のところに穴が開き、
そこに擦り傷ができたのです。

その時は大したことがないような気がしたのですが、
パーティーの途中にふと膝に手を置いたら、
手に血がベットリとつきまして、これには驚きました。
黒い厚いタイツの下だったから、
気がつかなかったのです。

で、その夜タイツを脱いでみたら、
パリパリはがれるタイツのあまりの痛さに、
「くうううう・・・」
と思わず身体が九の字になって震えましたよ。

穴のすぐ下に大きな擦り傷がもう一つあり、
そっちのほうが傷が大きいことがわかりました。

なんで穴が開いている方のキズが小さくて、
開いていない方のキズが大きいんでしょうね?
つくづく不思議でしたが、
私も私のオランダ人もあんまり物理には明るくないもので、
その因果関係は証明できぬまま、
とにかく膝だけはズキズキ痛んでおりました。

大晦日にはこの膝まわりが赤く腫れあがりまして、
熱を持ってとても痛みました。
大人ですから痛いのは大丈夫なのですが、
大人だけに不安には耐えきれないものがありまして。

「足 擦り傷 壊死」
「擦り傷 炎症 壊死」
「擦過傷 壊死 敗血症」・・・

この当時の私の検索履歴を見ますと、
我ながらちょっと恥ずかしいです。
とにかく壊死を強く疑っているのです。
バカですね。

今はこの傷ももう大きなカサブタとなっています。
もうすぐ下のキズも完全にはがれると思いますけど、
今は治りきってはいなくて、ちょっとかゆい感じです。
これが触ると気持ち良くてね。
なんでしょう、固くなったカサブタって、触ってしまいますよね。
表面がツヤツヤツルツルしていて、
なんだろう、焼き始めて1分くらいの卵っていうか、
そろそろ乾きそうな予感に胸がワクワクするというかね。

そういえば私が昔家庭教師をしていたハーフの女の子は、
自分のキズが大好きで、
新しく痣だのキズだのが出来ると、
よく見せて自慢してくれたものでした。

「うわあ、痛そう。
 どうしたの?
 どこでやったの?」

と聞くと、
たどたどしい日本語で、
それでも大変得意そうに、

「でも私は全然痛くなかった!」
または、
「痛かったけど、泣かなかった!」
または、
「ちょっと泣いちゃったけど、今は痛くない!」

などと報告してくれるのです。
傷は男の勲章だとよく言いますけど、
子供の勲章でもあるのですね。

私は彼女ほどハードボイルドではありませんけど、
でもやっぱり、
何となく自分の膝のキズが気に入っています。
いつでも気にかかっているし、
皆にその傷が出来た状況・そして現在を、
語りたくてたまらないのです。

もうしばらく経ったら、
カサブタはすっかり固まって、
はがせるようになります。
こんなに大きなカサブタをはがせるなんていうのは、
もう何年振りでしょう。
うー、楽しみだぜ。









明けまして特にめでたくもないけどね

皆さん、一年が明けましたね~。
2014年ですか。
年を取るにしたがって、
大晦日や新年はさらっと通り過ぎていくようになりました。
お祝いしようとは思うけれど、
ロッテルダムでは外でドンパチ花火があがるし、
はしゃぐのが嫌いな私のオランダ人はパジャマでウロウロしてるし、
紅白歌合戦からの行く年くる年もなくて、
なーんか盛り上がらないですねえ。

昨日はそれでも一応フルコースに挑戦しまして、
前菜のカナッペにはスパークリングワイン、
そのあとのエビとサーモンのシーフードサラダには白ワイン、
そのあとのチキングリルには赤ワイン、
そしてデザートにはウイスキーをつけるという、
大変デラックスな夕食を演出しました。

ところが私のオランダ人は、
どの料理も二分ほどで平らげ、
「どうして全部いっぺんに出てこないんだ????」
と首をひねる。
まあ、普段いっぺんに出す料理を細切れにして出しただけだからですね。
それを私はコース料理と名付けているのです。
でも、それを指摘されると、やっぱりムッとしましてね。
で、一年の終わりだというのに、逆ギレですよ。

食事が終わると、
すでに私はフラフラに酔っぱらっていました。
年が明けた瞬間には泥酔しながら、
バルコニーのところで更にウイスキーを飲んでいましたよ。
花火を観ながらね。

来年はオランダじゃないところで新年を迎えたいです。

まあそうは言っても、
さよなら、2013年。
こんにちは、2014年。
お会いできて嬉しいわ。
今年はみんなにとって良い年でありますように。
プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
26913位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8825位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR