FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下とは

山本太郎氏が天皇に手紙を渡した、という事が問題となっているようで。
政治利用だというのですね。
まあ無理やり政治に引っ張り出そうとした訳でもなく、
何かをやらせようとした訳でもないことが、
どうして政治利用なのかはよく分からないのですが、
それにしても、
太郎はやっぱりやるね(笑)。
やる事が直線的で面白いです。
天皇に手紙を渡すって。
一体何のために(笑)。

まあ、でもねえ。
渡した事をこれほど問題視する人がいるとは、
思ってもみなかったのでしょうね。
ちょっとした派手なパフォーマンスのつもりだったのではないかと思います。

山本太郎氏は私の一歳年上で、
だから私には彼の気持ちが良くわかります。
まあねえ、私ぐらいの年齢の人間にとって、
天皇陛下との間の距離感って、よく分からないものがあるのです。
実際問題、何をしている人なのかもよくわかりませんし、
もちろん良い人そうだから嫌ってはいないけれど、
「天皇陛下ばんざーい!」って年代でありませんしね。
品が良くっていいな、と思うけれど、
尊敬・・・は別にしてないし。
だって尊敬するほどの何を彼が言ったりやったりしたか、という事ですよ。
そもそも、しちゃいけないんだしね。

ということで、山本氏は本当に、
軽い気持ちでやったんだと思います。
で、私は別にそれ絶対やっちゃいけないとも思えない。
逆に何でやったらダメなのか、
そこらへんもぶっちゃけ感覚的には分からないのです。
被災地を訪問して被災者の手を握ったり、
ちょっと優しそうなイメージがあるから、
天皇さんだったらわかってくれるかなあ、みたいな感じあるしね。
まあ私たち世代の天皇観なんてそんな程度のものですよ。

ところが、今回のこの騒ぎです。
これを通じて逆に私がふと疑問に思ってしまった事は、
それなら天皇陛下は何のためにいるのかな。
そういう事です。
これねえ、思った人は結構いると思う。

原発問題は政治の問題というだけではなくて、
日本という国が抱える重大かつ深刻な病です。
山本太郎氏が直訴に及んだのだって、
別にパフォーマンス好きの議員が何もない所に波風を立てた訳ではありません。
国民全員が実際に不安に思っている事ですし、
国民の関心のど真ん中でもある訳です。
日本の象徴たる天皇陛下は、
その不安を分かち合ってくださるのだろうか。
共に問題意識を抱き、国民の心情を共有し、
理解しようと努め、
その上で、ご自身の在り方でもって、
誇り高き日本国民たる手本を示して下さるのだろうか。

と思ったら、
その手紙はすぐにポイッと侍従長に手渡され、
その後の宮内庁の発表では、
事務方で処理されて、
天皇の手には渡らないということです。
そして、側近・自民党から一斉に湧き上がる、
「誰に口利いてんだ、この平民クソ野郎が」の大合唱。
いや、そこまでは言ってないのか(笑)

ああ、国民が手紙を渡しても、
天皇陛下は読んでも下さらないのだな。

税金で暮らしてはいるけれど、
しかるべき手順を踏まないと、
たとえ国民が選んだ議員が、
物理的な危険はないとはっきりわかる感じで、
個人的に手渡ししたって、
読んでは下さらないのです。
私はそう理解しました。

もっとも、読んで下さったところで、
政治的な意見を持ってはいけないし、
国政に口を挟んではいけないのですから、
何が出来るかって何も出来ないわけですけど。

でも、ならば何ゆえに、
この四民平等・民主主義の世の中で、
天皇陛下は「陛下」と呼ばれるのか。
彼は何ゆえに私よりも数段偉いのか。
彼は今の時点で、一体国民の何を象徴しているのか。
何を国民と分かち合っているのだろうか。
彼は日本に何を与える存在なのだろうか。

彼は私たちにとって何なのか。
今回の問題は、それを私につくづく考えさせました。

いや、私はアンチ天皇じゃないですよ。
むしろ人間的には好きなんですよ。
天皇家とかも、ああいうのロマンがあっていいなって思ってますしね。
ただ、手紙を読むくらいはして欲しかったですね。
そうして、何時もの通りほのぼのした曖昧コメントで返してほしかったです。
国民が天皇に望んでいる事なんてその程度の事なのに、
それすら不謹慎で失礼だと無視するならば、
何のために天皇家は存在するのだろうか、って事だと思うのです。



スポンサーサイト

泰尚の倒産

「泰尚」というお蕎麦屋さんが、
アルバイトの男の子の悪ふざけで倒産したという記事を、
最近見かけて、ひどく驚いたのです。

何故かというとこの「泰尚」というお店は、
私の母と弟の行きつけのお店だったのです。
日本に帰る度に、
「どっか食べに行く?泰尚でいい?」
という言葉をよく聞いたのですよね。

で、ひとつ言いたいことは。

私の母は、この倒産にひどく心を痛めているのです。
「泰尚」がたかが男の子の悪ふざけで営業停止となり、
あっという間に資金繰りがつかなくなって潰れたことを、
ひどく、ひどく悲しんでいるのです。

このアルバイトの男の子のことを、
バカだの何だの言う事は簡単ですが、
たかがあれだけの事に尻馬に乗って、
衛生的に何だのかんだのと潰しにかかり、
店側も萎縮して閉店せざるを得なかった、
この負の市民パワーって何なの。

せっかく好きになった行きつけの店が、
そんな事で潰れちゃう。
そうして慣れ親しんだ風景がまるで変ってしまって、
あとには何にも残らない。
何だか悲しくなってしまったようなのです。

正義を気取ってバカ叩きに躍起になるのはいいですが、
それが自分の身の周りをどんなに寂しくしているか、
日本人は気がつくべきだと思います。







プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
68866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19205位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。