FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーにて

昨日、私のオランダ人とスーパーマッケットに行きました。

時間は丁度午後四時くらいで、

比較的早い時間帯だったのですが、

土曜日だったせいか、わりと混んでいてね。

レジに二人で順番待ちをしていたわけなのですが、

もうそろそろ私たちの番、という時になって、

後ろからぐいぐい割り込んで、前に進んでいくスリナム系の男がいるわけです。


浅黒い肌、顔中を覆う無精ひげ、ガリガリに痩せた身体、

薄汚れたジャージに黒の革ジャン姿、

黄色い歯、そして片手に握りしめたカラフルなキャンディ。

まあ一見して、心の中の警報が鳴り響くタイプです。


で、この男が、

「通してくれ」と言いながら、レジの方向にぐいぐい進んでいくのです。

こういう時、私は事なかれ主義なのでさっと通すのですが、

私のオランダ人はもっとアグレッシブなので、

「おっ。横入りか?横入りなのか?

と思った瞬間に、彼を通さないように前に立ちふさがりました。


しかし、その彼を押しのけるように進んでゆくスリナム人。

その押しのけるスリナム人によって前の方へ運ばれてゆく彼氏。

このバトル、どういう展開になるのだろうと、

私は固唾をのんで見守りました。

するとね、


スリナム人の男がとうとう口を開いて、

「おいおいこの野郎、いい加減にしろよ。

 てめえの馬鹿な目をちゃんと開いて状況を見ろ」

と言うのです。

そうして彼は、レジの一番先頭にある荷物を指で指して、

「俺の番なんだよっ」

と言いました。

そう、ちょっと買い忘れた物があって、

取りに行っただけだったのですね。


彼氏としては前の方に立ち尽くしたまま、

「そ、その言い方はなんだ・・・」

くらいしか返事が出来ないわけです。

日本人だったらまず謝っていると思いますが、

そこは欧米人、自分が悪くても謝りません。

でも周り中から、

「馬鹿な慌て者ねえ」的な視線を浴びていました。


やっぱり、さっと謝って終わらせるというのは、

必要な生活技術ですね。

「ああ、ごめん、ごめん!」

と言ってスカッと退却すれば問題ないのに、

彼ときたら、ぐずぐずとその場に留まって、

怖い顔をして黙っているのです。

私のオランダ人は190センチ以上身長があって、

しかも最近肉がついて巨大化してきているので、

彼が変なところで凍ると、空気がとまるようなところがあります。

みんな何が起こったのかと見るし、

スリナム人のほうは嘲るような顔をして罵り続けるし、

レジの女の子は困っているし、

彼氏の恥は募ってゆくし、

まあ膠着状態と言うのはこのことでしたね。


で、この男が行ってしまうと、

次の次が私たちの番でしたが、

私は何にもなかったような顔をして、知らんぷりしていました。

やっぱり、一番居心地の悪い思いをしているのは彼ですからね。

すると、私のオランダ人がそばに寄ってきて、

「ねえ、今の男、見た?」と、ひそひそと私に聞くわけです。

「何ていったか、聞いてた?」とね。


で、私は、

だけどあなたが悪いのよ、だって勘違いしたんだから!

と言いかけましたが、

なんだかそれも追い討ちをかけるみたいで、

可哀想になってきちゃってね。

ちょっと元気づけてあげたいと思ったわけです。


その結果、私の口から飛び出た言葉は、

「何、あの男?

 嫌な奴!

 まるっきりのジャンキー顔ね。」

 というものでした。

すると彼は気弱に、

「ジャンキーとは思わないけれど・・・」

と返事をするので、

私は、

「ああ、そう?私はまた、まるっきりジャンキーだと思っちゃった。

 私もてっきり、彼が横入りするのかと思ったしね!」

と言い募りました。

「そう、僕は横入りかと思ったものだから・・・」

誰だってそう思うって!

 だってあの風体だもの!」


で、彼の肩をぽんぽんと叩いて、

支払いを済ませて、

ふと目を上げるとね。


レジの直ぐそばのカウンターで、

さっきのスリナム人がカゴから荷物を袋へ詰め替えているわけです。

すぐそばにいるんですよ。

うつむいて、黙って荷物を詰め替えているわけです。

で、特に何も言うでもなく、にらむでもなく、

知らん振りして、こちらを見もしないのです。

聞こえていなかったとしたら超ラッキーですが、

どうなのかしら。


もう私はクヨクヨしちゃってね。

あのスリナム人は特に何も悪くないのに、

ジャンキーとか言っちゃった。

誰だってそう思うって。


そのうち頭の中で、

でかい欧米

やせた植民地

追随する特別白人(日本)

みたいないやな縮図が展開してきて、

いやあ、私は憂鬱になりました。


まあでもさ、

あんなジャンキーみたいな見ず知らずのスリナム人よりも、

生活全般の世話になっているオランダ人のほうが、

私にとっては大切だもの。

一宿一飯の恩義があるんだもの。

そして、可哀想だったんだもの!






スポンサーサイト

年より若く見える

かなり粘着にこのことを考えていますけど(笑)


一昨日くらいに、

「ヘビースモーカーと大食による肥満者は自分を不幸に感じる傾向が強い」

という新聞記事を読みまして、

ああ、あるよなあと思ったのです。

なにがあるよなあ、かというと、

自分が好きで煙草を吸っていて、

好きなものを好きなだけ食べて、

好きなように生きている、ということが、

じゃあその結果の自分を好きになれるかということとは別のことである、

ということです。


結局、太って老けていてきれいじゃない自分て、

自分でいやですもんね。


私は、

「年よりも若く見える」という言葉が、

現実の年令にたいする否定を含んでいるように感じて、

それにずっとひっかかっている訳ですけど、

でも、

やっぱり実際に自分が年を取ってきて、

前ほどきれいじゃなくなったな、と思ったら、

自分でいやだろうなと思います。

そう、きっと自分の問題なんでしょうね。


私自身が他人を好きになったり、

この人みたいになりたいと憧れたりすることのなかに、

その人の容貌の美醜や若々しさが含まれていることはまずありません。

嫉妬することはあるけどね(笑)


「年より若く見えるよね」

と言った私の知人は、自身もかなり見た目が若くて可愛らしい人ですけど、

私がこの知人のことを好きなのは、

若々しくて綺麗だからじゃまったくないのです。

自分とはまったく感覚の違う興味深い人間で、

それなのに私のことを理解してくれて、

受け入れようとしてくれるのがわかるから好きなわけですよね。

だから、私はその人にとって、

美だとか若さだとかは、まったく重要なことではないと思う。

超不細工だろうが、おばあさんだろうが、

私は変わらず好きなんだろうなと思うわけです。


でも、本人にとってそうなのか、

本人は超不細工で100歳くらいに見えて幸せなのか、

周囲からそう認識された場合に、

その自分を自分で受け入れられるのか、というと、

それは問題が違うのだろうな、とふと思いました。


自分が綺麗かどうか、

太ってないか、老けてないか、バカじゃないか、気味悪くないか、

そういうことは、

他人にとってじゃなくて、

自分にとって重要なことなんだろうと思うのです。

他人は、私が太った不細工なおばあさんでも、

そう思いはしても、なんにも気にしないでしょうからね。

でも逆にそう思われた自己というのは、やっぱり悲しいかもしれない。


私の知り合いは、

私が「きれいなおばあさん」と呼んだ人に、

私よりも年令が近くって、

だから自分よりも若い女に「おばあさん」と認識されることの残酷さが、

私よりもよくわかっていたんだろうな、

とまあ、思ったわけです。


つまり、自分で自己をそういう風に認識するのは勝手だけど、

他人をそういう風に(悪意がなくても)表現してしまうことは、

やっぱりあまり礼儀正しいことではないのかもしれない。


そう、礼儀なんだな。


と思ったことでした。


まあでも最近、

自分の年令に伴って、

付き合う人の年令も上昇しているせいか、

年令関係の話で気を使うことが増えてきました。


というか、もともと言葉の端々に気を使うのが苦手なので、

思わず失言・暴言してしまうことが増えてきたなという感じです。

口に出してしまってから、

・・・あっ

と思うわけですよね。

いやだなあ。


この年をとるのを厭わしく思う気持ちの根底にあるのはなんだろう。

やっぱり死への恐怖とか、

徐々に破滅へ向かう身体への恐怖とか、

つきつめていけばそういうことなんでしょうかねえ。

感覚的にはそうとも思えないけど、

そういうことなのかしら。









ベビーフェイスの危険な男

現在オランダでは連立協議が進行中です。
この間までオランダの首相はヤン・ピーテル・バルケネンデという人で、
CDA(キリスト教民主アピール)という政党の人でした。
この人は、ハリー・ポッターに似ていることで有名でしたけど、
それ以上に私の周りの人間からは、
私の彼氏に似ているということで有名でした。
そう、そっくりでね。
道で、よく彼氏がまったく見知らぬ人に指を指されて笑われることがありましたが、
「あっバルケネンデに似てるね!似すぎているね!
と言われているのだということが、
いつの頃からか私にもわかってきました。

そんなわけで私はバルケネンデを応援していました。
選挙権があれば彼に投票したいとまで思っていたわけですが、
八年の任期をつとめたあげく、
二月に彼の内閣が崩壊してしまいましてね。
それ以後、第一党になった自民党(VVD)のルッテ党首が、
バルケネンデの後釜として連立政権を発足させようと頑張っていました。
でも結構意見が分裂して、なかなかうまくいかないで、
ようやっとこのたび、
VVD・CDAの連立内閣に、
右翼政党の自由党(PVD)が閣外協力するという形で成立しましたが、
それでも前途多難な様子です。

VVDの議席は150ある下院議席のうちの31議席。
CDAの議席は21議席。
両方あわせても52議席しかないので、
過半数にはほど遠いのです。
ということは、24議席をもつPVDに協力をあおぐしかないのですが、
PVDはVVDとCDAとは、政治方針が全然違うのです。

PVDは極右政党といわれています。
党首のヘルト・ウィルダース氏はものすごい反イスラム主義で、
オランダからイスラム教徒を排斥したいという意向の持ち主です。
モスクの建設を禁止しようとしたり、
急進的なムスリム教徒を国外退去にしようとしたり、
公共の場で女の人がブルカをかぶるのを禁止しようとしたり。

私も近所で出会うムスリム教徒に良い印象は抱いていませんけど、
そういう人がオランダ国内には結構多いので、
ウィルダース氏はわりと人気があります。
まあでも、反ムスリムなんて言っていたって、
それは移民政策全体に反映されるわけで、
私は移民のひとりとして、
自由党の躍進は全然良いと思っていませんけど。

で、昨日の深夜一時ごろですが、
この自由党(PVD)の議員の一人が、
国会議事堂の近くの広場で、
経済省の職員と言い合いになり、
挙句の果てに暴行の容疑で逮捕されてしまいました。

逮捕されたのはPVV(自由党)の議員マーシャル・ヘルナンデズ(36歳)さん。

ハーグのビネンホフと呼ばれる国会議事堂のあるところには、
ただ「広場(ヘット・プレイン)」と呼ばれる広場があって、
真ん中にウィレム一世の銅像が立っているだけの小さなところですが、
そこで30歳の経済省(EZ)の職員と口げんかして、
すっかり熱くなって、
彼に頭突きをくらわせたそうです。
頭突きをくらったその職員が警察に通報して、
連行される運びとなりましたが、
警察が現場に到着した時、周囲は騒然となっていて、
野次馬たちはヘルナンデズを示して、
あそこに錯乱した男がいるんだ!
と証言したそうです。
頭突き一回くらいでそんな騒ぎにはならないでしょうから、
かなり闇雲に暴れたんでしょうね。

一晩留置場に拘留されたのち、朝にはもう解放されたそうですが、
連立政党にぜひ食い込みたいPVVにとっては、
タイミングの悪い事件となりました。

カンペン在住の軍人であるヘルナンデズは、
PVVの国会議員グループの最初の弁護代理人だそうです。
軍人としてのキャリアを空中機動隊de Luchtmobiele Brigadeの一兵卒として始め、
十六年間で陸軍のトップへと上りつめた人だそうです。
陸軍のたたきあげ、
極右政党のスポークスマン
頭突きですよ。
いやー、どんだけ強面なの。
体育会系の、森もと首相系の、
ウィルダースのガードマンみたいな、筋肉バカ的な男を想像してしまいますけど。
どんな顔をしているんでしょう?
気になりませんか。

これがマーシャル・ヘルナンデズ氏(36歳)。

$ブローグニック

か・・・かわいい・・・

そう思ってしまったのは私だけでしょうか。
この子犬のような表情。
天使のような無邪気な目。
幼子のような微笑。
超ベビーフェイスなんですけど。

この人が経済省の役員を頭突きして、
大暴れして連行されたのかとおもうと、
いやー、世の中顔じゃなんにもわからんね。
ちょっと想像して笑ってしまいましたよ。

しかし、この顔で、実はかなりの凶暴性を裡に秘めていたって、
実は怖い話ではありませんか。
写真だからこうなのであって、
話したり動いたりしているところを見てみれば、
それなりに威圧感があるのかしら。
興味しんしん。


プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
102336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27391位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。