FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alice Childress

今日はなんだかこんな気分です。
英語なので間違ってるかもしれないけど。
十年くらい前(?)によく聴いたベン・フォールズ・ファイブの名曲。



Alice Childress / Ben Folds Five

Some summers in the evening after six or so
夏の夕暮れ 六時過ぎか そのくらい
I walk on down the hill and maybe buy a beer
私は丘を下り ビールでも買いながら
I think about my friends
友達のことを考える
Sometimes i wish they lived out here
ときどき 彼らがここに住んでいたらって思うけど
But they wouldn't dig this town
でも こんな町 彼らがくるはずがない
No they wouldn't dig this town
そう こんな町に 彼らが来るはずがない

Try not to think about it alice childress
そんなこと 考えちゃだめだよ alice childress
Try not to think about it anymore
もうそれは 考えないことにするんだ
Try not to think about it alice childress
そんなこと 考えちゃだめだよ Alice Childress
Anymore no not anymore no
これ以上 もう これ以上は

Alice the world is full of ugly things
アリス 世界は醜いものでいっぱい
That you can’t change
それを変えることはできないんだよ
Pretend it's not that way
僕が信じるやり方は
That's my idea of faith
そうじゃないってふりをすることさ

You can blow it off
吹っ切って
And say there’s good
身近にいるみんなに
In nearly everyone
良いようなことを言うのさ
Just give them all a chance
あきらめるのは早い
Give them all a chance
あきらめるのは早い

Try not to think about it alice childress
そんなこと 考えちゃだめだよ alice childress
Try not to think about it anymore
もうそれは 考えないことにするんだ
Try not to think about it alice childress
そんなこと 考えちゃだめだよ Alice Childress
Anymore no not anymore no
これ以上 もう これ以上は

No it didn't work out
だめよ うまくいかなかった
No it didn't work out
うまくいかなかった
The way we thought it would
私たちが考えたようには
No it didn't work out
ならなかった
An arranged marriage is not so good 
お見合い結婚なんて 良いものじゃない

Thank god it’s you
神様ありがとう あなたなのね
You know your timing is impeccable
ねえあなたのタイミングは絶妙だったわ
I'm not fooling you
ばかにしてるわけじゅないのよ
I don't know what to do
どうすればいいのかわからないの

Some dude just knocked me cold
ある気取り屋が 私を打ちのめして
And left me on the sidewalk
道端に捨てていった
Took everything i had
私の持てるすべてを奪って
Everything i had
持てるすべてを

Try not to think about it alice childress
そんなこと 考えちゃだめだよ alice childress
Try not to think about it anymore
もうそれは 考えないことにするんだ
It's getting late where you are alice childress
もう遅いんだから Alice Childress
Anymore no not anymore
もうこれ以上は
Anymore no not anymore
これ以上は もう これ以上は



スポンサーサイト

悲しい毒 spinvis



Smalfilm ショートフィルム / Spinvis

Ik ben een vrouw van veertig met een sigaret
私は煙草をくわえた四十女
ik heb een buitenaardse stof in mijn bloed
私の血には地球外物質が含まれているのよ
ik werd verleden jaar ontvoerd door een ruimteschip
昔 宇宙船に誘拐されたの
en sindsdien gaat het met mij niet zo goed
それからというもの あまり調子が良くないわ
ik weet wel waar ze wonen
私は宇宙人がどこに住んでいるか よく知ってる
want je kunt het zien als je de letters van hun naam omdraait
彼らの名前の綴りをひっくり返してみれば見えるわ
de waarheid is een raadsel
真実は謎
en dat gaat als volgt
その心は
het is een goeie vriend maar altijd te laat.
良き友なの いつも遅いけど

Ik heb een eigen flat
俺は自分のアパートを持っている
ik heb de radio aan
ラジオをつければ
het is alweer woensdag
また水曜日だ
ik heb een Golf GTI
車はゴルフGTI
een tijdje terug reed ik een fietser dood
ちょっと前 俺は自転車の人を轢き殺した
maar gelukkig heeft geen mens me gezien
幸い誰も見ていなかったけどね
het komt maar zelden voor dat ik een zin afmaak
この俺が命を奪うなんてそんなに起こることじゃない
maar je maakt me echt niks wijs
しかし俺をちょっとでも変えようなんて無理だぜ
het noodlot is een raadsel
不運は謎
en dat gaat als volgt
その心は
het kost je niks en toch altijd prijs.
ただほど高いものはない

Als ik uitga ben ik fotograaf
外出する時はカメラマン
en ik ben schrijver als ik vrienden bezoek
友達を訪ねる時は作家になる
op het ogenblik zit ik heel even zonder werk
目下のところ 僕はまあ少し失業している
maar binnenkort begin ik aan mijn eerste boek
でも すぐに最初の本の執筆にとりかかるよ
in de spiegel neem ik soms alvast de pose aan
ときどき 鏡の前でポーズをとってみる
voor de foto op de achterkant
素顔の撮影があった時のためにね
dromen zijn een raadsel
空想は謎
en dat gaat als volgt
その心は
het smelt in je hoofd en niet in je hand.
使うのは頭であって 手じゃないんだ


Ik ben een monoliet
私は一枚岩だ
ik ben de wetenschap
私は科学だ
ik ben een grote man van 50 jaar
私は50歳の大きな男だ
vandaag knipte ik een muis in twee
今日私は一匹のネズミを真っ二つに切った
en die naaide ik toen mooi weer aan elkaar
そしてまたそれを美しく縫い合わせたよ
maar soms vanuit een hoek kijken mij dingen aan
しかしときどき何かが私を隅っこから見ている
vanuit de schaduw van de kathedraal
礼拝堂の陰から
alles is een raadsel
すべては謎
maar ik weet nog niet in wat voor vorm
私はまだその形状や
en in welke taal.
いかなる言語かを知らない。

Ik ben al heel erg oud
わしはものすごい年寄りだ
en ik mis mijn vrouw
妻が恋しいよ
en mijn oude handen trillen heel de dag
わしの老いた手は一日中ぶるぶる震えている
beneden kun je kaarten bij de automaat
下では自動販売機の横でトランプ遊びが出来る 
alhoewel dat van mijn dochter niet mag
娘はやめろというが
dan zeggen ze dat ik zo goed de kaarten schud
連中はカードを切るのがうまいねなどと言ってくれる
en dan lach ik elke keer maar weer mee
そして毎回わしは一緒に笑う
ik ken een raadsel over eenzaamheid
わしは孤独の謎を知っているよ
het gaat als volgt
その心は
wat doet pijn en telt voor twee.
痛みを伴うと倍になるのだ。




一抹の哀しみ - スピンヴィス 



Bagagedrager  荷物運搬人 / Spinvis


Je droomt wel vaker van een feest
君はよくお祭り騒ぎの夢を見るようになった
maar hier ben je nog nooit geweest
でもここに君がいたことはない
iedereen kijkt naar voetbal
みんなサッカーを観ている
en een vent zeurt aan je kop
ひとりが君の頭にくどくど愚痴をこぼす
wat wil die man in hemelsnaam
一体なんだっていうんだ
hoe kom je hier
どうしてあんたはここへきた
hoe kom je hier vandaan
どうしてあんたはここへきた どこから
en als je wegkomt
逃げたって
waarheen wou je dan wel gaan
どうせ同じ場所に来るだけだよ
hij praat maar door maar jij dwaalt af
彼はしゃべり続け 君を混乱させる
dus je weet niet wie de wedstrijd wint
どちらが試合を制したのか もうわからない
als je luistert naar de wolken
雲に耳を傾けているみたいだ
als je luistert naar de wind
風に耳を傾けているみたいだ
je agenda en je zonnebril
君の予定表と君のサングラスは
wat doen die hier nou
ここでは何の用もない
maar je ligt weer in je eigen bed
けれど君はまた寝転がる 自分のベッドの中に
in je eigen lot
自分の運命の中に
en opeens staat alles stil
すると突然すべてが 静まりかえる

een motor draait
モーターがまわる
de baby huilt
赤ん坊が泣いている
een vogel schreeuwt
鳥が叫び
de dag begint
一日が始まる
en de snelweg suist
高速道路が軋む

tis altijd wat en altijd spijt
いつも後悔してばかり
van al het geld en alle tijd
金のことやら 時間のことやら
op de onverharde wegen
舗装されていない道を通って
die je naar hier hebben geleid
君はここへやってきた
de ochtenden zijn wit en koud
朝は白くて寒い
en hoe je ook je stuur vasthoudt
どうしてハンドルを握っていられるだろう
de wind komt door je handschoenen heen
風が君の手袋を通り抜けていく
je vingers zijn versteend
指は石になったみたい
zo is er altijd iets wat je verlamd
君を麻痺させてくれるものはいつでもある
en is het niet de wiet
草ではないから
dan is het wel de drank of zo
酒かなにかなんだろう
het spookt maar in je hoofd
君の頭から離れない
het was lang geleden een eeuwigheid
あれはもう百年も前のこと
je fietste op de afsluitdijk
大堤防のうえを自転車で走ったことがあった
ik weet niet wat je er nu van vindt
今だったら君は あそこで何を見るのだろう
als je luistert naar de wolken
君は雲に耳を傾けているみたいだ
als je luistert naar de wind
君は風に耳を傾けているみたいだ

ラブレター Blof



Liefdesbrief  恋文

De vlam blijft altijd branden.
炎は燃え続ける。
De olie raakt nooit op
このテーブルの上のランプの
in de lamp hier op mijn tafel
灯油が尽きることはない
die licht werpt op mijn handen
光が落ちる 僕の手元と
en het lege vel papier.
一枚の白紙に。
Lees goed wat ik je schrijf
僕が君に書くことをちゃんと読んでよ
want ik kan het maar een keer,
一度しか書けないから
ik heb de kracht niet meer.
もう出来やしないから。
Maar de vlam blijft altijd branden.
けれど炎は燃え続ける。

Ik schrijf je dit
僕がこれを書くのは
omdat ik wil dat je mÂ’n naam weet
君に僕の名前を知ってほしいから
en dat je weet van mijn gevoel en dat je weet wie ik ben.
僕の気持ちや僕が何者なのかを知ってほしいから。
Omdat ik wou dat ik een ander was,
違う自分になりたいから
omdat ik wou dat ik bestond,
君のために
bestond voor jou.
君のために生きられたらと思うから。

De vlam blijft altijd branden
炎は燃え続ける
maar het boek moet ooit eens dicht.
けれど本はいつか閉じられなければならない。
En de lamp hier op mijn tafel
このテーブルの上のランプが
verwarmt mijn stramme handen.
僕のこわばった手をじりじりと焼く。
Zet de pen op het papier.
紙の上にペンを置いた
Ik weet wat ik je schrijf:
僕が君に書いたのは
een liefdesbrief uit wanhoop.
絶望の恋文だね
Jij moet uit mÂ’n lijf.
生身の僕の。
Maar de vlam blijft altijd branden.
けれど炎は燃え続ける。

Ik schrijf je dit
僕がこれを書くのは
omdat ik wil dat je mÂ’n naam weet
君に僕の名前を知ってほしいから
en dat je weet van mijn gevoel en dat je weet wie ik ben.
僕の気持ちや僕が何者なのかを知ってほしいから。
Omdat ik wou dat ik een ander was,
僕は違う自分になりたい
omdat ik wou dat ik bestond,
君のために
bestond voor jou.
君のために生きられたらと思うから。

Voor altijd de jouwe...
永遠に君のために・・・



美しい日 Blof



Mooie dag 美しい日

De zon, het zand, de hitte en de rustige rivier
太陽、砂、暑さと静かな川
De stilte en de droogte, en de leegte van dit hier
静寂と乾き、そしてここ からっぽなこの場所
De hemel en de aarde, de weidsheid van het land
空と大地、この国の広さ
En de wijsheid van een man, dat is genoeg
そして一人の人間の知恵、それで充分だ
Er is niets waar ik op wacht
俺が望む場所には何もない
Morgen blijft het nacht
朝は夜になる
Ik overdacht mijn zorgen en de wereld
悩みやこの世界については考えつくした
En alle keren dat ik wakker lag
眠れず横たわった日々よ
Ik besloot
俺は決めた
Wat een mooie dag
なんと美しい日だ
Wat een mooie dag
なんと美しい日だ

De grond, het gras, de wegen naar de horizon die trilt
大地、草、揺れる地平線へ至る道
De tijd is hier de ruimte, de diepte is hier wild
時はここ天空にあり、深みはここ野生にある
De onzin en de noodzaak, ze naderen de grens
無意味と意義とが境界を縮める
De liefde van een mens, was mij genoeg
一人の人間の愛で 俺には充分だった

Er is niets waar ik op wacht
俺が望む場所には何もない
Morgen blijft het nacht
朝は夜に代わる
Ik overdacht mijn zorgen en de wereld
悩みやこの世界のことは考えつくした
En alle keren dat ik wakker lag
眠れず横たわった日々よ
Ik besloot
俺は決めた
Wat een mooie dag
なんと美しい日だ
Wat een mooie dag
なんと美しい日だ

Wat een mooie dag
なんと美しい日だ
Wat een mooie dag
なんと美しい日だ
Voor de dood
死ぬには

交渉ということ


私が通訳として働いていた時、

まあ当然日本人がロシア人を雇う、

または日本人がロシアへ行く、というような、

日本人主催のものが多かったわけなのですが。

そうして、その間に立って、

たとえばホテルの立地とか、

交通費の支払いとか、

ギャラのこととか、

そういう交渉の通訳も時々するわけです。


その時の日本人側の態度として、

非常に印象的だったのが、

「要求されれば

 のむか、怒るか」

というものでした。

いや、こう書くと、当然でしょ?という感じですけど。


ただねえ、ロシア人側の態度としては、

「とりあえず自分にとって理想的な条件を提示してみる」

というのが根本的にあるのです。


つまり、日本で働いている間、

たとえば夜は歌舞伎と能を観にいって、

休日には通訳を付けて遠足に行って、

その上で和食レストランで毎日食事して、

働く時間は二時間だけというのがベストだとすると、

とりあえずそう言ってみるのです。

「こんな感じにしたいのだけれど、その費用はそちら持ちということでどうでしょう・・・?」


で、私はその要求を見て、

ええ、こんなの無理に決まってるじゃん、

馬鹿じゃないの?

と思うわけですけど、

まあ仕事ですから、

いったん訳して日本人側に伝えてみるとね。

日本人側が悶絶するわけですよ。

そして髪を逆立たせて、

「ええ、どういうつもりだろう?

 遊びに来るんじゃないんだぞ。

しかも費用はこちら持ちってなんだよ!」

と激怒したりする。


「じゃあそう伝えますか?」

「いや、それはちょっと待って」


そして、眉間にしわを寄せていろいろ相談したり、

様々な軽費を削ったり無理したりして、

最終的には腹に怒りをためつつ、

顔だけは笑顔で、


「わかりました。

 それでは、そういうことで。」


私はびっくりですよ。

そんな、そんな要求まで飲んでしまうの?????


もしくは

「じゃあもう来なくていい。

 ふっかけるにも程がある。見識を疑う」 的な話になったりね。

まあただ、ロシア人のほうにそういう風に言うわけではなくて、

あくまでも日本人の間同士でそういう話になって、

ロシア人には柔らかい表現で

仕事は残念ながら無くなりました、

と伝えるわけですが。


私はしばしばそういう際に、

いやいやちょっと待ってくださいよ、と言ったものでした。

そんな飲むか飲まないか、

やるかやられるかの話になる前に、


「いやー、うちもちょっと予算的にカツカツなんですよ。

 出してあげたいけど、無理なんですよねえ」


と言ってみてはどうですか、とね。

で、実際そう言ってみると、

ロシア人のほうは案外あっさり

「あ、そうですか」

という場合が多いのです。

「それでは、能と歌舞伎だけでも何とかなりませんか?

 一日8時間働きますから」・・・


つまり、交渉ということです。


ロシア人のほうは、

一番最初に自分にとって理想の条件を出してくる。

その際にこちら側の懐具合や条件をあまり考えないのです。

その代わり、こちらがNOという返答を出して、

その根拠が納得できるものであれば、

特に感情的に遺恨を残さず、

またそのこちら側の言い分に依拠した別の理想を提示するわけですよね。


ところが日本人が交渉をするときには、

初めから相手の立場をじっくり考えることが多いような気がします。

自分が要求を出す時も、

相手にとってそれが可能であるか、

もしくは心地よいものであるか、

常識的にそれは妥当なものか、

もしそうでなければ、何でその不満足を埋め合わせるか・・・・


で、日本人の要求というのはしばしば、

最初から非常に謙虚で実質的で、

どこからみても実現可能なことばかり、

細かい調整は必要にしても、

全体的には一回で通るようなものになります。

本当に仕事に大切な要件以外は、

「私のことはどうでもいいですよ」

というようなものですしね。

その要求の受け手の見識というものに、

下駄を預けてしまうわけです。


だから、逆に向こうの要求に対しても、

全部に対応してやらなくてはいけない、

というような妙なプレッシャーがあるらしい。

で、日本人はロシア人に対して、

結構むっとしていることが多いような気がします(笑)。


オランダでは仕事していないのでわかりませんが、

多分同じようなことはあるのではないかと思います。

やはりオランダも交渉社会・別名「言わないとわからない文化」だからです。


この気遣いの文化と交渉の文化の違いというか、

これが結構通訳の場においては大きいなあと思います。

コミュニケーションの方法の違いって、

案外感情問題に直結しますしね。


何でそんなことを思い出したのかというと、

今日、私の家はフローリングを張り替えたのです。

それで、前日から今まではってあったカーペットをはがしたり、

壁のペンキを塗り替えたりしていた訳ですけど、

彼氏が本当に使えなくてね。

チェスの試合に出かけちゃったりして、

まあ実質的に私が一人でほとんどやったわけです。

ドロドロになりながら、クタクタになってね。


彼氏 「いいかしら?」

私   「(ムッとしながら)いいわよ」


てな感じでね。

で、今日の朝、また彼氏が台所でバタパンを食べながら、


「僕は今日、フローリングの人たちが来たら、

 すぐ外に出るよ。

どうせ僕がいたってやる事ないだろ?」


私はかっとなりましたね。


「え、どういうこと?

 じゃあ私は?」


「一人は家に残っていなくちゃいけないから、

 君は残れよ。

 僕はサイクリングしたいから


あー こいつ、ぶっ殺してやる。


そう思いましたね。

でも私は反論したり文句言ったりするのが嫌いなので、

思い切り冷ややかな顔をしながら、


「あ、そう。

 じゃあ逝けば?行けば?」


と一言だけ返事して、背を向けたわけです。

そうして、

もう別れよう

と思いました。

彼と別れるとすると、

何と何が必要かな、最初にしなくちゃいけないことは何かな、

とあれこれ考えました。

7月に母がオランダに来るから、その時に相談しよう、とか。

彼がそういう思いやりのない、自分のことしか考えない人間なのであれば、

これ以上一緒に暮らしていたって仕方ない。

手遅れにならないうちに、すぱっと切って、

新しい人生を始めるパートナーを探そう。

代わりはいくらでもいるんだぜ。

なんたってこちらは日本製、SONYなんだぜ。


そうして、しばらく経って思い出したのが、

冒頭に出てきたことなのですよ。


つまり、

日本人は何故交渉しようとしないのだろうか

ということです。


それで、しばらく考えて、

私に冷たくされてちょっとふくれっ面の彼氏のところに行って、


「あのさあ、でもフローリングの人が来たときに、

 私ひとりだとちょっと不安だから、

 やっぱり一緒に残ってよ。

 何かあったらいやだし」


といってみました。

すると彼氏は案の定あっさりと、


「不安?ああ、そう。じゃあ残るよ」

「その代わり、最初の二時間だけでいいからさ」


そうしたら私のオランダ人は、最後までいてくれました。

そう、別に、言えば済むことなんですよ。

何も、別れなくともね。

そんな感情的にならなくともね。

人間には言葉があるんですから。


私は最近フリーランスのガイドをやっていて、

その際に、仕事をくれる旅行会社の日本人が、

時々とても難しいなと感じています。

なぜならね、

ちょっと要求をすると、交渉をしないで切るからですよ。

仕事を貰う立場でなに生意気いってるのという空気を、

ガンガン出してくるのです。

だから向こうが出してくる条件を、

出されたままで飲むしかない。

まあそれも、日本人が出す条件ですから、

別にそんなに理不尽じゃないわけですけど、

もうちょっと自分にとってはこうした方がいいな、と思った場合、

「交通費はたとえば、こうじゃいけませんか?」

といってみると、

「煩いことを言うなら、面倒くさいからもういいよ」

みたいになるわけです。


まあ面と向かって言われるわけではなくて、

気がつけば仕事が来ない

と言うだけですけどね。

向こうは断れないから、

だったら交渉しなくていい相手と仕事をするわけです。

要求の内容ではなくて、

口に出してしまったこと、

そのこと自体が悪いような空気になってね。


要求を出すことも、

要求を呑むことも、

感情的なひっかかり抜きで成立しないっていうのは、

ちょっと面倒くさいですよね。

まあ、全員がそうだというわけじゃないですけど。


そんなねえ、

一言、

「でも、ここで交通費をこうすると、

 ちょっと計算がややこしくなるから、

 このままじゃダメ?」

と言ってくれれば、

私だって、別にそこで悪頑張りはしませんよ。

「あ、じゃあそれはそのままでいいですよ」

または、

「いいですよ。じゃあその代わり、経費のこれを・・」

みたいになる訳です。


そのやり取りの中で、私と相手はよく知り合うようになって、

お互い仕事仲間として相手の立場・事情を慮るようになれると思うのですけど。

向こうは私に悪かったなあと思って優しくなるかもしれないし、

私はそういう訳じゃ仕方ないなあとあきらめられるし。

会話、やり取り、コミュニケーション、

そういうものは、

Aのものを両方がAだと確かめ合うためにあるのではなくて、

Aと思う人とBだと思う人が、

どこかで一致点Cを見つけるためにこそあるのだと思うのですよね。


自分では常々そんな風に思いながら、

それでもいざとなると、

こちらの立場を最初から慮らない彼氏に腹なんか立てちゃって、

やっぱり私も日本人ですねえ。


そう、相手の意見が違うのは、

相手の人格に問題があるからではなくて、

相手と自分の立場や考え方が違うからなのだと言うことを、

ちゃんといつでもわかっているようにならなくちゃいけないなと、

そんなことを思ったり。


「話せばわかる」。

ってそういうことですよね。




















赤くなったブローグニック

アレルギーのことについて、

一昨日記事を書いたときに、

朝日からの抜粋の部分だけ赤くしようとしたんですよね。

読みやすいと思って。

そうしたらね、なんと、

全部赤くなりやがった。

その日のブログだけじゃなくて、

その前の日も、その前の日も、

その画面で読める限りの記が全部赤い。


いやーアメブロ、やりやがったな!

いちいち直すのも面倒くさそうだし、

第一どうすればいいのかわかりません。

だって、なにしろ、その日だけじゃないからねえ。



筑波大のエリートたちよ

筑波大の研究チームが、アレルギーを抑えるたんぱく質を発見したんですって。


アレルギー抑えるたんぱく質発見 花粉症など治療に期待

花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギーの発症を強く抑える働きがある細胞表面のたんぱく質(受容体)を、筑波大の研究チームが発見した。マウスの実験で、この受容体を刺激するとアレルギーを引き起こす物質が細胞の外に出なくなり、アレルギー反応を抑えることができた。ヒトも同様の受容体があり、アレルギー疾患の根本的な治療法の開発につながる可能性がある。6日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー(電子版)に発表した。

 ダニや花粉などアレルギーの原因物質(抗原)は、体内で抗体(IgE抗体)と結合し、全身の肥満細胞の表面にくっつく。このときに肥満細胞を活性化する物質(シグナル)が出ることで、細胞の外にヒスタミンなどの化学物質が放出され、アレルギー症状が起きる。どのアレルギー疾患にも共通のメカニズムだ。

 筑波大大学院の渋谷彰教授と田原聡子助教らは、肥満細胞の表面で、肥満細胞を活性化するシグナルの伝達を阻止する新しい受容体を発見し、アラジン1と名付けた。アラジン1をうまく働かせると、ヒスタミンなどの化学物質の放出が半減した。

 またアラジン1を働かなくしたマウスは、普通のマウスよりも強く激しいアレルギー症状が出た。アラジン1がアレルギー反応を抑える働きがあることが確認できた。

 渋谷教授は「アラジン1はアレルギー反応を起こす最初のシグナルの伝達を妨げる。すべてのアレルギー疾患の発症を阻止できる根本的な治療法の開発が期待できる」と話す。
 
(6月7日朝日新聞


すばらしいじゃありませんか。
またすごいじゃありませんか。
この研究チームの一人ひとりと握手して、
「よくやった!」と胴上げでもしたい気持ちですよ。
そうして、猛スピードで研究を進め、
実用化して頂きたいものです。

私はやっぱりアレルギー体質で、
好酸球性肺炎なんてのにもずっと悩まされてきましたし、
最近ではアルコールを飲むと途端に鼻炎が出てくるのです。
だから皆で飲む機会なんてあっても、
薬を飲んで挑むか、
一人だけウーロン茶か、
まあつまらない話なのですよ。
飲むと悪化して3日ぐらいダメージが抜けなかったりするしね。
アトピーじゃなくてよかったかもしれないけれども。

通年性のアレルギーなので、
ずっと薬を飲み続けていないと匂いもわからなくなってしまいます。
薬が切れるとジワジワと戻ってきて、
なんか変な部分が一部分だけ腫れるとか、
ちょっと不自然なリアクションがあったりして、
薬を飲むまで段階的に悪くなっていきます。
それで、また薬を飲み始めるわけですけど。

この、薬をずっと飲み続けるというのがね。
大体アレルギーの薬って副腎皮質ホルモンがどうとやらって、
要するにステロイドだったりするし、
飲み続けるだけに肝臓や腎臓への負担が心配です。
しかもね、現在のアレルギー対策って、対症療法なんですよね。
根本から治療してアレルギーを治してくれるわけじゃなくて、
咳だったり鼻水だったり、そういう症状を一時的になくしてくれるだけなの。
だから薬をやめるとまた出てくるし、
いつまで経っても終わりがないわけです。

このアラジン1とやらは、
根本的な治療法に結びつきそうなわけですよね?
いやあ、頑張って欲しい。
このエリートたちには本当に頑張って欲しいです。
そういえば精神科医のヘンリー博士は筑波大出身じゃなかったっけ?
いやー、彼は出身大学の後輩たちを誇りに思うべきですよ。
私にもし子供が生まれたら、筑波大に入れます。




自由 ブロフ



Vrij 自由

Het dak van de wereld
世界のてっぺんが
Wacht op mij tot ik er ben
俺が来るのを待っている
Tot ik ontdekt heb
てっぺんが無くなってしまったことを
Dat het is verdwenen
俺が発見するまで
Ik kan verder dan ik denk
俺は思うより遠くにいけるのだ

Ik geef me over
俺はあきらめている
Ik leg me neer
俺は這いつくばってる

Ik ben vrij
俺は自由だ
Met mijn voeten op de grond
俺の足は大地に根ざし
En mijn handen bij de zon
俺の手は太陽に届く
Ik ben vrij
俺は自由なんだ
Er is geen hemel en geen hel
天国でも地獄でもない
Het is de oorzaak van zichzelf
自分自身のためだ

Mijn armen wijd
腕を広げ
Ik wil erbij zijn als ik leef
生きていることをやめずにいたい
Laat mij een mens zijn
俺を人間であらしめてくれ
Die niets zoekt
何も要らないがゆえに
Omdat ie niets meer nodig heeft
何も捜さない人間であらしめてくれ

Ik geef me over
おれはあきらめている
Ik leg me neer
おれは這いつくばっている

Ik ben vrij
俺は自由だ
Met mijn voeten op de grond
足は大地に根ざし
En mijn handen bij de zon
両手は太陽に届く
Ik ben vrij
俺は自由だ
Er is geen hemel en geen hel
天国でも地獄でもない
Het is de oorzaak van zichzelf
自分自身のためなのだ

Je kijkt omhoog en je ziet hoe ver het is
お前は高みを見て いかにそれが遠いか悟る
En toch dichtbij
こんなに近いのに
Je zoekt naar de bril waar je door kijkt
お前は先を見るためにメガネを捜す
Het is dichtbij
それは近いんだよ
Je bent vrij
お前は自由なんだ

Je bent vrij
お前は自由だ
Met je voeten op de grond
お前の足は大地に根ざし
En je handen bij de zon
お前の手は太陽に届く
vrij
自由
Er is geen hemel en geen hel
天国も地獄もない
Het is de oorzaak van zichzelf
それは自分自身に根ざしている
Vrij
自由




人間の運命

そうそう、この間、祖母がなくなったんですよね。

血はつながっていなかったけれども、

これで私には祖父母と呼べる人間が一切いなくなりました。

でもやっぱり日本にお葬式のために帰ることはできなくて、

可愛がってもらったのに残念でした。

まあでもねえ、お葬式やらないですぐ焼いちゃったそうですから、

わざわざ帰るまでもなかったのかな。


亡くなってからずっと時間が経っているのに、

まだ祖母のことを考えているから、

それが私のお葬式です。


そうですね、私はこの祖母のことをずっとエーセイボールのおばあちゃんと呼んでいました。

まだほんの小さな子供の頃に、

私たち兄妹に口を開けさせて、

「エーセイボール、エーセイボール」と英国風な発音でいいながら、

エーセイボールを口に放り込んでくれたからです。

エーセイボールのエーセイは衛生だそうですね。

英国でもなんでもないし(笑)

でも60歳過ぎてからイギリスに留学したりして、

雰囲気がもうすごく英国風な人でしたよ。

本人はこの呼び名が気に入っていて、

たまに旅先から葉書をくれたりすると、

名前のところに「エイセイボオル」と書いてありました。


小さな頃に出会う特別な人は、

その人そのものの本質よりも、

子供の心の中でもっとずっと特別な人間に成長したりするものですが、

エーセイボールのおばあちゃんもそういう類の人でした。

私はとにかく、ずっと好きでしたね。

本に出てくる魔法使いとか、かならず重ねて見ていました。

小学校の頃友達に、「私のおばあちゃん、魔女なの」と言った記憶があります。

そう、どこか悪の匂いのする人でしたよ〈笑)。

良い匂いでしたけどね。


でもねえ、死んでしまったことが、それほど悲しくないこともまた確かなのです。

むしろ、彼女のために喜ばなければいけないと思うのです。

人間はやはり、時が来れば死ななくてはいけなくて、

死ぬということは、

その人がその人の人生を精一杯生きた場合には、

決して悪いことではないのだと、私は思っています。

もうね、充分でしたよ。


あーあ、幼い頃の私がエーセイボールの特別さを信じたように、

心の底から誰か特別に偉い人間がいると思えることが、

私にはこの先あるのだろうか。

ああいうファンタジーを子供心の中に持たせてくれた、

持たせる技量があったということは、

やっぱり才能のあった人なのだなあと、

しみじみ思います。


さようなら、元気でね。

どこかでまた会いたいものです。


前より近くなった



Dichterbij dan ooit 前より近く

Liever kwijt zijn waar je echt van houdt
本当に愛していた場所がなくなったほうがましだ
Dan iets houden wat je toch niet mist
惜しくもないものを持っているよりましだ
Liever buiten ook al is het koud
どんなに寒くても外のほうがいい
Dan naar binnen als daar niets meer is
もう何もない中に入るよりいい

Hier is niets om voor te blijven
ここに残る理由は何もない
Hier is alleen nog wat er was
ここにはすでに在ったものしかない
En dat neem ik mee voor altijd
そして俺はそれを永遠に持っていよう
Voor altijd
永遠に

Wie legt me uit hoe alles werkt
何がどうなっているのか誰か説明してくれよ
Hoe groot het gat is tussen nu en nooit
現在と不在の間の穴がどれほどでかいか
en hoe het komt dat ik nu merk
どうして今頃気がついたのだろう
Jij bent weg, maar dichterbij dan ooit
君は去ったのに、前より近くなった

Liever vragen naar de langste weg
いちばん遠回りの道を聞くほうがましだ
Dan een antwoord dat je stil doet staan
静かに立ち尽くすような答えよりましだ
Liever zeggen wat ik zelden zeg
柄にもないことを言うほうがいい
Dan verzwijgen dat ik door moet gaan
ずっと隠して黙り続けるよりいい
Ik hoef jou niets te vertellen
君に話すことはもうない
Wat ik niet al had gezegd
言い尽くしてしまったのさ
Met mijn mond of met mijn ogen
この口やこの目で
Voor altijd
永遠に

Wie legt me uit hoe alles werkt
何がどうなっているのか誰か説明してくれよ
Hoe groot het gat is tussen nu en nooit
現在と不在の間の穴がどれほどでかいか
En hoe het komt dat ik nu merk
どうして今頃気がついたのだろう
Jij bent weg, maar dichterbij dan ooit
君は去ったのに、前より近くなった

Liever lachen om wat is geweest
思い出し笑いでもしていたほうがいい
Dan iets vrezen wat nog komt, misschin
多分、これから起こることを恐れているよりいい
Liever houden van een grote geest
偉人でも愛したほうがましだ
Dan iets haten wat je niet kunt zien
見えもしないものを憎むよりましだ

Ik hoef jou niets uit te leggen
君に説明することなんかない
Het ligt hier open tussenin
二人の間でこんなにも明らかじゃないか
En ik maak een laatste buiging
そして俺は最後のお辞儀をする
Voor altijd
永遠に

Wie legt me uit hoe alles werkt
何がどうなっているのか誰か説明してくれよ
Hoe groot het gat is tussen nu en nooit
現在と不在の間の穴がどれだけでかいか
En hoe het komt dat ik nu merk
どうして今頃気がついたのだろう
Jij bent weg, maar dichterbij dan ooit
君は去ったのに、前より近くなった

Wie legt me uit hoe alles werkt
何がどうなっているのか誰か説明してくれよ
Hoe groot het gat is tussen nu en nooit
現在と不在の間の穴がどれだけでかいか
En hoe het komt dat ik nu merk
どうして今頃気がついたのだろう
Jij bent weg, maar dichterbij dan ooit
君は去ったのに、前より近くなった

meer van jou もっと君を / blof



Meer van jou (voor Eva)

Ik verwachtte je al lang
ずいぶん長いこと君を待っていた
Het eind van de straat
この通りの端っこは
was nooit ver weg
決して遠くないが
Maar liefste, toch was ik wel bang
でも最愛の人よ、俺は怖かったんだ
Dat je niet zou komen
君が来ないことが
Of voorbij zou gaan aan mij
俺の前を通り過ぎていってしまうことが
Dan droomde ik maar iets
それで俺は夢をみていた
Dat echter was dan jij
夢は君よりも本物だった

Niets verandert
何も変わらない
Niets trekt bij
何も良くならない
Het verlangen zit erin
切なさはつのる
wees dan hier met mij
俺と一緒にここにいてくれ
En nu ik je kan zien
今やっと君が見られる
Vraag ik
俺は聞こう

Meer van jou
もっと君のことを
Kruip onder mijn huid en blijf daar
俺のなかにもぐりこんで そのままでいて
Meer van jou
もっと君を
In ruil voor dit gebroken lijf
このぶっ壊れた身体と引き換えに

Jij zag al waar ik stond
君は俺の立っている場所を見た
Het einde van de tijd
時間の終わりは
Was zover weg
あんなにも遠かった
En ik nam woorden in mijn mond
それで俺は言葉を口にのせた
Die jou echt niets zeiden
君に届くはずもない言葉を

Maar geluiden zijn zichzelf
でも言葉は勝手に響いて
En ze leidden je naar mij
君を俺のところに連れてきてくれた
Niet altijd maar dimaal wel
この時に限っては

Niets verandert
何もかわらない
Niets trekt bij
何も良くならない
het verlangen ziet erin
切なさはつのる
Wees dan hier met mij
ここに一緒にいてくれ
En nu ik je kan zien
そして今俺は君を見ることができる
Ben ik
俺は

Meer van jou 
もっと君がほしい
Kruip onder mijn huid en blijf daar
俺のなかにもぐりこんで そのままでいて
Meer van jou
もっと君を
In ruil voor dit gebroken lijf
このぶっ壊れた身体とひきかえに


Ik word meer van jou
もっと君がほしくなった
Kruip onder mijn huid en blijf daar
俺のなかにもぐりこんで そのままでいて
Meer van jou
もっと君を
Met heel mijn ziel en zaligheid
俺の魂と至福のすべてをこめて  
Meer van jou
もっと君を

blauwe ruis 青いノイズ / Blof



Blauwe ruis 青いノイズ

Je droeg weer blauw die avond
お前はあの夜もブルーをまとっていた
In een schaduw van zwart licht
黒い光の影のなかで
Er werd geen gat gedicht
埋め合わせることはできなかった
Met de brief die je me nazond
お前があとから送ってきた手紙でも
Tijd draait alles om
時はすべてを変転させる
Wat eerst prachtig was wordt lelijk
喜びだったものは醜くなり
En wat je toen zo moeilijk vond
あの時あれほど難しく思えたことも
Daar denk je niet meer aan
もうなんとも思わない
Laat je me nog gaan?
おれをまだ行かせてくれるかい?
Wat onaf was blijft wel liggen
やり残したことがたくさんあるんだ
Je maakt niets ongedaan
お前は何も終わらせちゃいない

Blauwe ruis in mijn ziel en in mijn oren
おれの魂と耳にのこる青いノイズ
Ik wil het niet meer horen,
これ以上聞きたくはないのに
Maar het houdt nooit meer op
二度とやむことはない
Blauwe ruis, wat je had gaat nooit verloren
二度ときえない青いノイズ
Het wordt alleen maar harder
激しくなってゆくばかりで
en het houdt nooit meer op
どうしてもやんでくれない

Je draagt steeds blauw die avond
お前は今夜もまだブルーをまとっている
Op het scherm in mijn hoofd
おれの頭のスクリーンの上
In de brief die je me nazond
後からお前が送ってきた手紙の中で
Heb je niets beloofd
お前は何も約束しなかった
Maar ook niets afgerond
けれどまた何も終わらせはしなかった
Onaangenaam verdoofd
不愉快な麻痺状態
Blijf ik staren naar de grond
おれは下ばかりじっと見ていた

Blauwe ruis in mijn ziel en in mijn oren
俺の魂と耳にのこる青いノイズ
Ik wil het niet meer horen,
もうこれ以上聞きたくはないのに、
maar het houdt nooit meer op
どうしてもやんでくれない
Blauwe ruis, wat je had gaat nooit verloren
失われることのない青いノイズ
Het wordt alleen maar harder
激しくなってゆくばかりで
en het houdt nooit meer op
二度とやむことはない

Laat je me nog gaan?
まだおれを行かせてくれるかい?
Wat onaf was blijft wel liggen
やり残したことがたくさんあるんだ
Je maakt niets ongedaan
お前は何も終わらせちゃいない

Blauwe ruis in mijn ziel en in mijn oren
俺の魂と耳にのこる青いノイズ
Ik wil het niet meer horen,
もうこれ以上聞きたくはないのに、
maar het houdt nooit meer op
どうしてもやんでくれない
Blauwe ruis, wat je had gaat nooit verloren
失われることのない青いノイズ
Het wordt alleen maar harder
激しくなってゆくばかりで
en het houdt nooit meer op
二度とやむことはない


プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
113174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28418位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。