突然ですが、皆様

突然ですが、皆様、

私は日本に帰ってきています。

といっても、オランダを投げて、オランダ人も投げて、

もうどうでもいいわ、とネガティブになっている訳ではなく、

今度も仕事および家族との対面およびビッグイベントが目的の、

ポジティブな一時帰国です。

あー、よかった。

まあ、別によかないかもしれませんが。


仕事、および家族との対面は、まあいいとします。

久しぶりに会った甥っ子が二歳になっていて、

歩きもするし話もするし、

まあ巨大になっていて驚きましたが、

みなさんはそんな話にそれほど興味はないと思います。


それでは、ビッグイベントとはなにか。

今日はこのことについて書いてみたいと思います。


私は二年か三年ほど前に、

エヴゲーニィ・グリシコヴェッツという人の、

『冬』という戯曲を翻訳しました。

まあね、翻訳といっても、本になっているわけじゃなし、

雑誌に載ったわけじゃなし、

自分と一部の友人だけがその存在を知っている類の翻訳作品ですが。


ところが皆さん、ご存知の方はご存知だと思いますが、

私はペテルブルグの演劇アカデミーに入る前、

つまり日本で大学生だった頃に、

並行して東京乾電池という劇団の劇団員だった時期がありました。

大学卒業とともに、籍だけは残してロシアに渡ってしまったわけですが、

それでも私には東京乾電池に、幾人かの同期と呼ばれる知り合いがいるのです。


この同期がね、今回私のこのグリシコヴェッツの『冬』、

なかなか日の目をみない私の翻訳作品に情けをかけてくれまして、

このほど上演の運びとなりました。

同期というのは、やはり良いものですね。

オレとオマエは同期の桜、という歌がありますが、

「今年の12月にやることになったよ」と演出のマッキーさんから言われた時、

私は頭の中でこの歌を歌いましたよ。


まあ数年を経るうちに、私の同期もああなったりこうなったりで、

今回のメンバーで乾電池に残っているのはたったの一人という有様ですが、

生天目仁美さんなんて、乾電池をやめたあと、声優として売れているそうですよ。

「まぶらほ」とか。

知ってます?

・・・まあ私も見たことはないので、具体的なことはいえないのですが、

なんと主役ですよ。全国ネットのアニメでもって。

売れてます。

乾電池には例のない売れ方といっても過言ではないでしょう。

彼女が今回はヒロインなのですよ。

「まぶらほ」主役に次ぐ大抜擢。

そして客寄せパンダなのです。


けれど私としては、

アニメオタクだけではなく、ロシアオタクの方々も、

ぜひぜひいらして頂きたいのです。

かなり通の方でも、

エヴゲーニィ・グリシコヴェッツの名を知っている方はそれほどいないと思います。

なぜかといえば、

日本に紹介されるロシアの劇作家って、

まずチェーホフ。

それからチェーホフ。

そしてチェーホフ。

最後にチェーホフ。

そのくらいだからです。

いってオストロフスキーくらい?

随分前に亡くなっている、巨匠と呼ばれる人ばかりです。


でもこのエヴゲーニィ・グリシコヴェッツは、

1967年生れの42歳。

まだ随分若いのです。

ロシアの松尾スズキといいましょうかねえ。

劇作家であり、コラムニストであり、演出家であり、俳優であり、ミュージシャンであり。

ロシアの宮藤官九郎といいましょうかねえ。

まだ生きているだけに、後世における評価は決まっていませんが、

そのぶんアクチュアルでもあり、

その仕事をオンタイムで見守れる人でもあり、

良かれ悪しかれ、現代ロシア演劇界の中で注目を集める若手のうちの一人です。

後学のために、一度観てみて損はないのではないでしょうか。


ということで、皆さん、

東演パラータにて、

12月2日~6日にかけて、

演劇グループのトゥルーパによって上演されます。

ぜひぜひぜひ、観に来てくださいな。


私もねえ、自分が翻訳したものが形になるのは初めてのことなのです。

ドキドキ、ワクワクしているのです。

公演の日には劇場をウロウロしていると思いますので、

スタッフでも出演者でも観客でもなさそうな、

挙動不審の女をみたら、ぜひ声をかけてくださいな。

それ、多分わたしです。


それでは、みなさま、ごきげんよう。











スポンサーサイト
プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
26913位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8825位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR