FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永田元議員

3日に永田元議員が飛び降り自殺をしたとか。

永田元議員て、ライブドアの事件で堀江貴文さんのメールを偽造した人ですよね。

政治のことなんて一切わからない私がこの人のことを覚えているのは、

若くてハンサムだったから

という一点に尽きるわけですが、

そして、偽メール事件も、「絶対この人は自民党にはめられたんだ!」と反射的に思いましたが、

それもやはり、

若くてハンサムだったから

という一点に尽きます。

自殺だなんてねえ。

あんなに若くてハンサムでお金もあって、頭も良くてねえ。


ウィキペディアで調べてみたら、

永田寿康さんは東大工学部の出身で、大蔵省に入って、

カルフォルニア大学でMBAをとっていて、

実家はものすごいお金持ちなのです。

そして、スチュワーデスと千葉マリンスタジアムを借り切って結婚式を挙げているのです。

だけど、この奥さんとはもう離婚していて、

その調停やなんかでトラブルになって、創価学会ともめたりして、

近年は精神に支障をきたしていた、との記述がありました。


まあ、でも、この人は大人で、

しかも頭も容姿も家柄も良くて、

自分で何でもコントロールできるほどの条件に恵まれていたわけですから、

その人生が自殺という形で終わったとしても、

それは生き方だから仕方がない。

人生ですなあとしか言いようがないのです。

そのまま生きているほうが不幸な人生だって人によってはあると思うし、

他人が判断したわけではなくて、自分で選んだことですしね。

他殺でないとすれば。


私が興味を引かれたのは、もっと別のことなのです。

というのは、

この人には2005年に娘がひとり生まれているのです。

この娘さん、今は3つか4つになるはずですが、

この子がどういう風にこれから育てられて、どういう大人になるのだろう、

ということに、私はとても興味があります。


この子は言ってみれば、何もかも約束された子供だったわけですよね。

若くてハンサムで、大金持ちで東大出で大蔵省に入って議員になったお父さんと、

元スチュワーデスだったお母さん(彼の絶頂期に結婚しているから、多分美人)の子供ですよ。

しかも天皇の子供みたいに義務や普通の人生の喪失があるわけじゃない。

それこそ子供界の帝王みたいなものですよ。


ところが、メール事件をきっかけに父親が破綻した途端、

その条件が一気に消滅するのです。

もっとも永田元議員は実家がお金持ちですから、

慰謝料もあるでしょうし遺産もあるでしょうし、

お金にはいずれ困らないかもしれませんが、

家族ってお金じゃありませんからね。


この子はお父さんのこと、どのくらい聞いて育つのだろうか?

大人になるまで一切内緒にされたままなのかな。

それとも最初から聞かされて育つのかな。

どういう風にこの件が、家族の内部で処理されるのだろうか?

そうして、永田議員が失脚してうまくいかなくなった途端に離婚調停にもっていった奥さんは、

永田さんの死によって、どういう内面を自分の中に持つのだろうか?

そして、その奥さんの変化というものは、一人娘にどういう影響を与えるのだろうか?

そして、永田さんの死によって顕わになった、彼の精神的な弱さ、

精神的な病気に発展していった根みたいなものを、

娘さんは大きくなった時に、どう受け止めるのだろうか?

血のつながりとか、そういうことを含めて。


もし父親があのまま順風満帆であったなら、

この子はろくな大人にならなかっただろうという確信が私にはあるのです。

永田議員の生前の在り方といい、

失脚後の奥さんの在り方といい、

「条件」ばかりが輝かしいこの家族の在り方といいね。

条件のよさがちっとも本質的な絆に結びついていなかったから、

その後の人生の苦難を永田さんは乗り切っていけず、

奥さんも支えていけなかったのだと思うのです。

そんな表面的で、お金と学歴と社会的ステイタスだけがある家庭が、

子供にとって良いはずがないし。

だからこの子の身の上に起こった運命のねじれというものは、

これからの時間の進み方によっては、

人間としての大きなチャンスになるだろうと思います。

もちろん、正反対に、グレてすごいビッチになるかもしれませんけどね。

いずれにせよ、この子は人生の大きなテーマを与えられたのだと思います。

そういう意味では、まさに運命の子供ですよね。


大人と違って、子供は自分の運命を選べないけれど、

せめてこの子がまともな大人に育ってくれるといいなあと、

そしてもしこの子がまともな大人に育つとすれば、

それは父親があのメール事件で失脚したせいであって、

つまりは良いことと悪いこととは、常にあざなえる縄の如しなんだなあと、

そう思いたい年はじめなのでした。


あ、それから、今年はこんな記事も目にしました。

プロボクサー亀田興毅が家族の絆を語る。


亀田興毅といえば、インチキ判定とか、

態度が悪いとか、いっとき親子兄弟そろってむちゃくちゃ叩かれていましたよね。

「負けたら腹切るって言ってましたけど、切らないんですか?」とか、

すごく意地悪なことを記者に聞かれたり。

あれ?これ、お兄さんだか弟だか?

あの一家は皆似ているから、誰が誰やらさっぱりわかりませんけど。

そんなでも、嵐が過ぎればこうして出てきて、

ちゃんとボクシングもやめずに元気に家族の絆について語ったりしていて、

しかもあの騒動でなにかを確実に学んだらしく、

実に感じが良く、いい人風になってたりするのです。


私がチェスを始めてから、

実にもう5年になります。

その間、レベルは驚異的に始めた時の水準をキープしているわけですが、

それにしてもチェスから学ぶことは沢山あります。

そのひとつは、

下手な奴ほど簡単にリサイン(降参)する

ということです。

チェスは上手い人ほどよく粘るし、

どんなに絶望的な局面になっても、ギリギリまで降参しないのです。

まあ、お互いに見えちゃってる場合は別ですけど、

それにしても、場数を踏んでいる人ほど、

確信に近いような感じで、「局面が一転する可能性」を信じているような感じがします。

そうして実際、ネットゲームだと結構あるんですよね。

ひょんなことで、もうあと一手でメイトされる、逃げ道もない、

というところで、

相手がワイフから呼び出されて引き分けを申し出たり。

相手が実はメイトできるのに気がついていなかったり。

マウススリップでクイーンをゲットしちゃったり(笑)

私の場合は途中で彼氏が来て、「こうやれば逃げられるよ」と教えてくれたり。

相手が思いもかけないミスをしたりね。

そう、人生はもうチェックメイトな局面ばかりですが、

だからって確実にメイトされるとは限らないのです。

ボクシングとチェスが同じかどうかはわかりませんが、

このへんを、亀田はちゃんとわかっているという気がしますね。

厚顔無恥に生き残っていけば、

そのうち世間に居所を見つけられる日も来るって事がね。













スポンサーサイト

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

思えば、2006年の正月から始めたこのブログも、もう3年目に突入しました。

なんでこんなに続けているんだろう(笑)


大晦日は手巻き寿司にしようと思い立ち、

また私のオランダ人からOliebolが食べたいという注文を受けたので、

夕方魚とOliebolを買いに町に出ました。

普段は30日にまとめ買いをして、家から出なくてすむようにするのですが、

やっぱり生鮮食品は、その日に買うのがいいかな、と。


ちなみにOliebolというのは、

Olie - 油の bol - 玉

ということで、干しぶどうの入った丸いドーナツのようなものです。

指でつまむとそこからうっすら油が染み出してくるという、

文字通りアブラダマな一品です。

オランダ人は伝統として、大晦日にこれに粉砂糖をかけて食べます。

去年は買わなかったと思うのですが、

今年はしばらく前から駅前にシャンデリアのついた豪華Oliebol車がとまり、

人々が買ってゆくのをしばしば目にしていたせいか、

彼氏はオランダ人魂をゆさぶられ、「食べたい!食べたい!」というのです。

まあそれほど言うならね。

私は自転車に乗って、

戦場の町に出てゆきました。


ところがこれが、

いやー、こわかった。

大晦日の町なかは、想像以上に身の危険を感じました。

なぜって、思春期の子供たちが町を練り歩いて、

爆竹を投げたり、花火のためし打ちをしたりしているのです。

そこらここらで、バンッとかバチバチバチッとかヒューンドカーンという音がしているのです。

音だけとはいえ、ビクビク、ドキドキ。

花火はきれいだからわかりますけど、

爆竹っていったい何のためにこの世に存在しているのでしょうね?

花火のヒューンとかドカーンとかいう音は、

美にたいする期待と、美の爆発をともなってむしろ心地よかったりするけれど、

爆竹の爆音というのは、騒音だけですからね。

びくっとするだけ。

あんなの発明した人はバカなんじゃない?(←ちょっと怒ってる)


自分のすぐ近くで爆竹を破裂させた、ちょっとグレ気味の男の子たちに殺意すら覚えながら、

私はひたすらに自転車をこぎました。

大晦日の前後にオランダはものすごく冷え込みました。

キーンと温度が下がって、運河の水は凍り、手袋をしていても指先が痛くなる感じ。

そんななか、どうして爆竹を投げながら町をさまよわなければならないのか。

しかもね、爆竹を投げる自分たちをかっこいいと思っている節があって、

北斗の拳にヒップホップ色を混ぜたみたいな格好をして、

無表情に、クールに、さりげなくひゅっと投げたりするのですよ。

それで、投げた先でバチバチバチっとものすごい音を立てて、人々がビクッとなるのを、

見送るでもなく、振り向くでもなく。

「俺はそんな事興味ない」みたいな顔で、通り過ぎていくのです。

ぞろぞろとグループでね。

意味不明の坊主どもめ(怒)


音だけでもこれだけ怖いのだから、

戦争中の街中なんて、怖いでしょうねえ。

そんなことをつくづく思いました。

私の住んでいるところはスラム街で、子供は皆ぐれているので、

自分の地域から遠ざかるにつれ爆竹の頻度が落ちてゆき、

また近づくにつれ頻度が上がってゆくという、これは面白いくらいでしたね。

面白いくらい忌々しかったです。


帰ってから、あまりの寒さと緊張のあとで、どすーんと疲れが襲ってきて、

彼氏にOliebolの袋を手渡し、ひとつづつ食べたところで、

私は落ちるように眠ってしまいました。

そうして目が覚めたら、


・・・あれ?

OLIEBOLがない。


彼氏が平らげておりました。

6つもあったのに。

さらに、サラミだとかチョコレートだとかポテトチップスだとかのつまみを、

大晦日のために用意していたのですが、

本能の赴くままに片っ端から食っていったらしく、それも半減しているのです。

おかげで彼はおなか一杯になっちゃって、大晦日ディナーを半分も食べられず。

ああ、なんてこってす。

どうして私、眠っちゃったんだろうなー。

痛恨。

来年は絶対に台所に通さないからね!


だけど、今年は去年に比べて、ずいぶん大人しい大晦日だったと思います。

そういえば、去年はひどかったんですよね。

家の前でソファは焼かれるし、温水プールのガラスは割られるし、

ゴミ捨て場でも火が出るし。

そこらじゅうで警察と消防車のサイレンが聞こえましたっけ。

今年は去年のことがあって、この地域は警察の規制が強化されたらしく、

みんながルールを守って、常識の範囲で花火を打ち上げていました。

ちょっとほっとしましたよ。

新年になった瞬間に、そこらじゅうが花火だらけになるのですが、

それはもうきれいでした。


日本は今未曾有の不況だそうで、

大変な状況にいる人々が沢山いるという噂ですが、

その大変さを、みなが等分に分かちあえる2009年であればいいなと思っています。

今年がみなさんにとって、良い年でありますように。



プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
68866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19205位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。