FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋空

オランダに住むようになってから、
日本の映画やドラマなどを、
日本にいるときよりよく観るようになりました。
やっぱりどこか、心の中に、
日本人が日本で日本語をしゃべっているところが見たいと、
そんなところがあるようです。

それで、しょっちゅうインターネットで無料動画などを探しては観ているわけです。
よく使うのはこのサイトです。
わたしの接続環境では見られない動画の方が多いのですけど。

で、最近、このサイトに『恋空』なる映画がアップされまして、
中高生を中心に評判になり、非常な人気を博した映画だというので、
たまには時代についていかなくては。
ということで、ちょっと観てみました。
まあ太文字にするほどのこともないのですけど。

観てみて、びっくり。
私がロッテルダムで昼寝ばかりしている間に、
世の中はこういうことになっとったのですか。
もうね、びっくりするぐらい、
抜群の低脳感をもつ映画なのです(笑)。
観たら、「これが大ヒット??」って、驚くと思いますよ。

主人公の女の子は、
黒いストレートロングの髪に前髪がそろえてあって、
「可愛い」
って大文字で書いてあるみたいな子です。
笑顔なんてもう、実際問題、
「天真爛漫」
ていう言葉を転換させるとあの子の笑顔になるくらいの、
文字通りの笑顔なのです。
私に言わせれば、こういう文字通りの笑顔をする子というのは、
要注意ですね。
たぶんそのうち『天真爛漫』に追いかけられて、
逃げ切れなくて病気になる可能性大です。
昔の広末涼子みたいに、
周囲の大人の期待と要求に合わせて頑張っているうちに、
次第に笑顔が病的になってきて、
どんな役を演ずるときでも、必ず仕上げに文字通りの顔をするようになり、
その間に実際の自分と『天真爛漫』の間の乖離がどんどんひどくなって、
ある日爆発してスキャンダルをおこす。
まあ、ああいう子は、
そこに至るまでのキャリアで一生食っていけるのかもしれませんが。

でもやっぱりねえ、容姿というのは俳優にとって神様からの贈り物ですけど、
その容姿があるひとつの性格だけを強烈に物語って、
周囲がそれしか彼に求めず、本人もその性格だけを追求しだすと、
これはもう俳優の悲劇です。
これからあの子に必要になってくるのは、
職業的なコントロール法を教えてくれる良い演技トレーナーだと思いますね。
まあ、日本に良いトレーナーなんていないか(笑)。

で「恋空」ですが、
その子が金髪の男とつきあいだすのです。
そのきっかけがね。
携帯をなくして、拾ってもらったのです。
拾ってもらったといっても、
別に「はい」って手渡してもらった訳ではなくて、
放課後探し回って、図書館に自分で捜しに行って、
やっと見つかったと思ったら、
中身のデータを全部消されているのです。
で、電話が掛かってきたので、友達だと思って出てみたら、
知らない男の声が出て、
自分の名前も知っているのです。

データを消されたことに文句を言うと、
「消されたら困る奴がいたの?
 本当にお前と繋がっていたい人間は、向こうからかけてくるよ」 
的なことをいうわけです。
ポイントは最初からの「お前」呼ばわり。
さらに、その男は名乗らないのです。「教えなーい」ですって。
どうですか、この変質者ぶりは。

で、以後その男から、ちょくちょく電話が掛かってくるようになります。
真夜中でも、風呂に入っているときでもお構いなし。
名前も、自分の名前は名乗らないくせに、
女の子の名前は呼び捨て。
何だこの男は!

女の子も女の子でねえ。
なんだかちょっと嬉しそうなのですよ。
「めいわく!」とか言いながら、
実にスウィートな感覚をこの男に抱くわけです。
まあ、ここらへんの警戒心の無さは微妙にリアルですけどね。
出会い系で知り合った男についていって乱暴されちゃう中学生とか、
やっぱりついていく時にはどこか嬉しそうでスウィートなんだろうと思いますし。
しかし、この映画の偉大なところは、
その感じを、非常に肯定的に描いているところなんですけど。

で、そこからその子の人生が大きく狂いだすわけです。
夏休みが終わると、さっそく呼び出されて、正体を明かされます。
最初は明らかにグレている金髪姿にびびるのですが、
花に水をやるやさしい姿に感動して、すぐにつきあい始めます。
やがて、授業中に携帯にメールが来て、
「今すぐ図書室にこい」と呼び出されます。
女の子は先生に嘘をついて、教室を抜け出す。
すると図書室にいたその不良は、
「サボろうぜ」
女の子は困惑しながら、
やはり嬉しそう&スウィートの組み合わせでついていきます。
さあ転落の始まりです。

つれこまれたのは男の子の家。
もうね、すぐに家ですよ。
事前に映画に行くでもなく、喫茶店でおしゃべりをするでもなく、
「さぼろうぜ」→自分の部屋。
なんだ、この男は!
でも女の子は、嬉しそう&スウィート。
人間の嫌な面を描くことにかけては、
この映画は絶妙なリアルさを発揮してますけどね。

その家で女の子はファーストキス&初体験。
目が覚めると、横で男が寝ていて、
起き上がった女の子に、「帰るの、さき?」
ねぼけて別の女の名前を呼びかけます。
そして、処女を奪っておいて、
送っていくでもなく、寝続ける男。
一人で帰っていく女の子。
「信じていいの?」
女の子がメールを送ると、
「あったりめえよ!」
返事をよこす男。
信じちゃいけない気配が充満しています。
でも女の子はその言葉に嬉しそう&スウィート。

やがて、女の子は3人の男にレイプされます。
理由は男の元彼女。あれですよ、さき
さっき寝ぼけて名前を呼ばれていた、さきです。
その彼女が3人の男に頼んで、女の子をレイプしてもらったんですって。
ちなみに男も女の子も高校一年生。
さきも老けては見えますが、たぶん高校一年生くらいかなあ。

男は随分強い人なんですね、その3人の男をあっという間にリンチして、
もと彼女の髪をつかんで自分の部屋につれてきて、
ばしーん!床にひきたおします。
そして倒れた元彼女の髪の毛をもう一度ぐいっと掴んで頭をあげさせて、
女の子にその元彼女の顔をグイグイさらしながら、

「お前がそうして欲しけりゃ、おれはこの女を、殺す!

まあ、明らかに元彼女が悪いですけど、
男がね。元彼女をね。
一度は愛した人間をね。
現在の彼女の目の前で。
何だこの男は。
この男がこういう風だから、その彼女もああいう風だというのは、
間違いないことだと思います。

そして、男の姉さんが(やっぱりグレているんですが)、
鋏を引っつかんで、元彼女の頭をまたもやグイッとわし掴みにして、
女の子の前で、髪の毛をグサグサに切っていきます
「ひいいい・・・ひいいい・・・」
恐ろしくて泣く元彼女。
実に陰惨です。
だけど仇をとってもらって、ちょっと気がすんじゃう女の子。
嬉しくてスウィートな感覚は、ますます強くなっていきます。
そして、見事な解決法として描かれつつ
このシーンは終わります。

レイプされたあと、女の子はしばらく学校に行けなくなりますが、
すると男が自転車で迎えに来て、
川原に連れて行きます。

「おれさー、昔いじめられてたんだ。
 だけどこの川原で、はじめてそいつをボコった」

思い出自慢をはじめる男。
感心して聞く女の子。
この話、どうですか、みなさんは。
ガールフレンドにこういう自慢話をしちゃう感じについては。
この男は、高校一年生。
性的な成熟に、どうも知能が追いついていないようです。
まあでも、彼、心はきれいなんですよね。
女の子はいいます。

「ひろ(男の名前)って、やっぱり川みたい。どんどん前だけに進んでいくのね」
これ、この女の子は結構何回もいうんですよ。
この金髪の男が川みたいって。
文学的表現というやつですね。
詩ですよねー。
この女の子がある種のジャン・ジュネであることは間違いないと思いますよ。

ああ!
そういわれてみれば、この男はいかにもジャン・ジュネが好みそうなタイプだわ。
バカ・ハンサム・金髪・力自慢・チンピラみたいな。
あー・・・。
これ、そうなのかなあ。
「恋空」って、一種の「泥棒日記」なのかなあ。
あまりに陳腐な形を取っていたから、一見してわからなかっただけで、
言われてみれば、そうなのかなあ。
そういえば女の子のナレーションが、
どんなに自分が汚されて落ちていっても、やたらときれいで肯定的なんですけど、
きっと汚辱にまみれることに快感を見出す、
ジャン・ジュネ的な志向があるからなんだろうなー。
深いな。

まあそんなことはどうでもいいや。
すると男が反論します。

「おれは空になりたい。もし俺が空だったら、お前がどこにいても見ててやれる。
 お前を傷つける奴がいたら、とんでいっておれがボコボコにしてやる」

まだボコボコにするっていってますよ。
強いんですよね、この人は。
腕に覚えあり。
みなさん、この話はどうですか。
もし自分がこの男のガールフレンドだったら、
言われてうれしいですか。
まあ女の子は嬉しそうで、スウィートな感じになっていました。

私はここで観るのをやめたのですが、
このあと、この男は癌になって、
女の子は妊娠するらしいんですよ。
そして、その子を産むことを決心するらしいですよ。
死ぬのかなあ?
生むのかなあ?
まあどうでもいいや。
悪いことが連続で起きて、
外から観れば良い点などひとつもないのに、
ナレーションは一貫して
「よかった」「すばらしかった」
と自分の人生と、彼との出会いを褒め称えているので、
まあ、良いというなら良いのでしょう。

それにしてもこの映画、大ヒットなんでしょう?
私は全然理解が出来ないですけど、
やっぱりラストがいいのかな?
ラストに近づくにしたがって、
この世紀末的な低脳思考スパイラルはよい方向へ逆回転したりするんですか?
最後まで観るべきなんでしょうかねえ?
私は最初の40分でもう、
今の子どもたちを取り巻く状況に絶望しかかったんですけど。
いや、レイプとかそういうことではなくて、
思考力とか、判断力とか、物事の捉えかたとか、
単純に趣味の良し悪しとか、
そういった意味でね。
この映画を良いと感じる10代の子供は、
文化的社会的知能的いろいろな意味で、かなり厳しいラインにいると思います。
とりあえず最初の40分は非常に陳腐で悪趣味です。
田舎の風景だけはきれいですけど。

誰か最後まで観て気に入った人がいたら、
教えてね。


スポンサーサイト

深夜の高速で踊るマイケル愛好会

夜中に2本以上ビールを飲むと、
必ず夜中にYouTubeでマイケル・ジャクソンの”Black or White"を観たくなるのです。
黒と白の構図の中で、黄色のことはあまりいわれてないなあとは思うのですが、
それにしても、私はどうもこのクリップが好きですねえ。

http://www.youtube.com/watch?v=-eGapuYUTOo

どこが好きって、
やっぱりあの、インド人の女の子と高速道路の真ん中で踊るマイケルが好きなのです。
真夜中にね。
次のシーンはロシアが舞台で、
モスクワの寺院の下でコサックダンス隊と踊るマイケルなのですが、
そんなのはどうでもよくて、
私はやっぱり深夜の高速で踊るマイケル派ですね。
ここには、マイケル・ジャクソンの良いところが全部出てますよ。

幼児性愛スキャンダルとか、色々ありましたけど、
マイケルは子供が嫌がっているならそんなことしないと、私は信じています。
嫌がっているならね。
無邪気な顔で何もわかってない時はちょっと微妙だとも思いますけどね。
まあ人間、そういうところは誰にでもありますわね。

整形でやり過ぎて失敗しちゃうところとか、
そういうところも好きだし。
やっぱりねえ、もともとの自分が好きじゃなかったんだなあ、
どんなにスターになっても好きになれなかったんだなあと考えると、
非常に共感を覚えますね。

私がマイケル・ジャクソンを好きだというと、
彼氏も家族もみんな馬鹿にするけれど、
やっぱり深夜の高速で踊るマイケル・ジャクソンをみて、
嫌いだっていえる人はそんなにいないと思うのですよ。
・・・いや、そんなこともないのかな。
まあどうでもいいや。



携帯電話の恐怖

金曜日に、私のオランダ人パートナーが会社から帰ってくるなり、
「ほら」
と嬉しそうに携帯電話をみせました。
私と彼の携帯はお揃いのもので、
10年位前に主流だったみたいな、
カメラもインターネットもない古いモデルですが、
その携帯電話はカメラもついているし、
Vodafoneのわりと新しい携帯でした。
そこで、
「なあに、これ?どうしたの?買ったの?」
と聞いたところ。

「ううん、この間うちの部署に配属になった、新しい女の子がいたでしょ。
 彼女が忘れていったんだ。
それを持って帰ってきたの。」

というではありませんか。



ニコニコしながら、得意満面な顔で言ったところを見ると、
自分では非常に親切なことをしたと思っていた様です。
携帯を開けてみると、
待ち受け画面にはジュリア・ロバーツ似の美人が微笑んでいました。
「これ、その子。」

私が

「どうしてそういうことするのー!!!」


と絶叫すると、
不審そうな顔で、

だって、会社に放っておいてどうするのさ?
 盗まれるかもしれないじゃないか。
 彼女はロッテルダムに住んでいるんだから、
 電話して教えてあげれば、
 取りに来るかもしれないよ」

ですって。
うーん。

この人は何もわかっちゃいないのです。
良く知らない男に、
自分の携帯を持っていかれた若い女の気持ちなんて。

①会社の中で新しい部署に配属された。
②そこに独身おたくっぽい男性がいた。
③ある日会社から家に帰ったら携帯がなかった
④やがて自宅に、その携帯から電話が掛かってくる(自宅の番号は教えていないから)。
⑤その独身男性が自分の家に携帯を持ち帰ったことが判明
家が近いから取りに来いと言われる。良く知らない人なのに。   

これ、考えるだけで、非常にいやなストーリーですよね。
自分がその女の子の立場だったら、
絶対に警戒心を抱くと思うし、
むしろ会社にストーカー行為を訴え出るくらいのことだと思うのです。

私のオランダ人は、
普段から携帯をもたない人で、
メールもカメラも全然使わないし、
とりあえず私としか携帯でしゃべらないような原始人なのです。
アドレス帳に入っているのが、私の番号だけですからね。
そのくらい携帯を使わない人なのです。
だから、普通の人が携帯に、
どれだけプライベートをインプットするのかということが、
全然わかっていないのです。
それがほとんど手帳と同じだということがわからないし、
しかも女の子の携帯というのがどういう事かわかっていない。

そういう事はするものではないとこんこんと説教しましたが、
本人は善意のつもりで、むしろそういう自分を誇りに思ってたらしく、
かなり不本意な顔をしていました。

「日本ではそうかもしれないけど、
 オランダでは携帯ってそんなものじゃないよ」

なんてふざけたことを言ってます。

「なるべく早く彼女の自宅の電話番号を見つけて、
 携帯を返すっていいなよ」

というと、早速携帯をいじり始めましたが、
生憎普段から使い慣れていないので、
モタモタモタモタ、いつまでたっても初期画面から抜けられません。
アドレス帳を出すことすら出来ないのです。
たまりかねて私が携帯を引ったくり、
彼女の自宅番号を出して電話をかけましたが、
「この電話は現在使われておりません」
という表示が出てしまいました。
新しい部署に配属になって、引っ越したということでしょうか。

そうこうしているうちに、電話が鳴りました。

私の説教が全然身にしみてなかったらしく、
彼氏はウキウキして電話に出てしまいました。

「もしもし、リックですけど。」


おいおい、待て待て、
お前の携帯じゃないだろう。

つっこむヒマもあらばこそ。

「いえ、いえ、番号違いじゃないですよ。
 彼女、この携帯を会社に忘れちゃって、

 それで僕が自分の家に持って帰ってきたんですよ。」

嬉々として説明する彼氏。
わかってないって、すごいなあ。
自分がものすごい怖い奴になっていることに、
まったくの無自覚です。
ところが。

相手のリアクションを聞く彼氏の顔が、
みるみる曇り始めました。

「・・・え?でも。会社で盗まれたら困ると思ったから。
 ・・・いえ、いえ。ただ、ぼくは、彼女に渡せると思って、
 家が近かったものだから。・・・・はあ。」

と言って、電話を切ると、

「なんか、不愉快だって言われちゃった」

 
どうやら彼女の友達に、
きつい突っ込みを入れられたようです。



言っていることは私と同じなのに、
オランダ人に厳しく言われたことが非常にこたえたらしく、
それ以後、携帯に指一本触れなくなりました。

一刻も早く彼女と連絡を取るべきで、
自宅につながらないなら、
彼女の友達から掛かってきた電話を取って、
伝言してくれというべきなのに、
絶対に電話を取りません。

それはそれで困るんですよねー。
金曜日に会社から戻ってきて、
彼女とまた会社で会って携帯を渡せるのは月曜日。
つまり、土曜日・日曜日と、
彼氏の手元に携帯が残ることになるのです。
二日間ですよ。
連絡なしで、二日間よく知らない男の手に携帯があって、
友達がその携帯でその男と話していて(つまり、彼が電話を取ったということで)、
月曜日にその携帯を渡されたら、
底知れない恐ろしさを感じると思います。
もし私だったらね。
なにされてるかわからないもの。

私は彼氏が人畜無害な良い人で、
ただちょっと感覚がおじいちゃんなだけだという事を知ってますけど、
知らない若い女の人にとっては、
彼は無表情で口数が少なく、
ちょっとオタクっぽい(実際チェスオタクですし)、
いい年をして独身の男という、
ちょっと怖いタイプかもしれないのです。

彼は私の話とあわせて、
その携帯がすっかり怖くなってしまったようで、
実際問題、それ以後本当に指一本触れていないわけですが、
それを、女の子が信じてくれるかどうか。
私も彼氏も、いまのところ、
その携帯がなるたびに、じっと身を固くしているのです。
あーあ、やだなあ。
別に悪意も何にもないのに、
なんでこんなに罪悪感を感じるのだろう。
ていうか、私は関係ないのに(笑)。
まきこまれましたよ、すっかりね。

それにしても、
本当に善意だったのに、なんだか難しいものだなあ、とは思いました。
まあ、彼が非常識なのが一番よくないんですけど、
でもストーカーだの児童性愛者だの詐欺だのが溢れている世の中って言うのは、
たんなる親切っていうことを、わかりにくくするよなあと、
つくづく思ったことでした。








プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
102336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27391位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。