FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学届け

今日はオランダ語学校の入学届けを出してきました。
移民用のクラスで、一年の学費なんと65ユーロ。安い!
日本円にすると、一万円弱ですよね。
週5日、1日3時間ですよ?
なんでこんなに安いんだろう?

もちろん、移住するというのを前提としているクラスなので、
社会保障番号が必要だったり、長期ビザが必要だったり、
住民票が必要だったり、いろいろするんですけどね。

私はまだ社会保障番号をもらっていないのですが、
同居しているオランダ人の母君が語学学校の先生ということで、
貰うまでの間も授業を受けることが出来るように彼女が交渉してくれました。

学校は家から自転車で10分くらいのところです。
私の住んでいるところはロッテルダムセンター駅から自転車で5分の距離にあります。
中国人・モロッコ人・トルコ人・黒人がたくさん住んでいて、
たまにオランダ人を見かけるところ。
最近知り合った日本人の女の子がいうには、
ロッテルダムでも唯一銃撃戦が起こるところだそうで、
治安が悪くて怖いのです。
同居人のオランダ人は、

全く何も起こったことがない。
100%安全だ。


と言うのですが、
その彼氏の家に泥棒が入って、
洗いざらい持っていかれてからまだ3年くらいしか経っていませんし、
私がはじめてオランダに来て3日目には、
隣の人が(ゲイだそうですが)、彼氏に殴られたとか言って逃げ込んできました。
深夜頻繁に叫び声・怒鳴り声を聞きますし・・・。
100%安全って、どういう定義で言っているんだろう?
と真剣に疑問を感じますよ。

それで、
引っ越したいなあ。引っ越してくれないかなあ。
とずっと思っているのですが、
学校から家まで10分て、すごくいいですよね。
初めてこのアパートのロケーションで良かったなあと思いました。
禍福はあざなえる縄の如しって本当、本当。

学校が始まるのは本当に嬉しいな。
何しろ、何にもやることがなくて、
読む本もないし、家事と言っても知れているし、
あてどなくブラブラしていたのですから。
「毎日何やってんの?」
という質問に、これからは胸を張って、
「オランダ語の学校に通っているの。」と答えられますよ。

語学学校は、
語学センターみたいな建物のなかにあるのじゃなくて、
普通の高校(?)の教室で行われるようです。
入り口にたくさんの生徒さんたちがたまっていました。
みんな15、6歳くらいだったから、
多分語学学校の生徒じゃないと思ったのですが。
オランダの学校って、
本当に人種が入り乱れていて、
口を開くまでは誰が外人で誰がオランダ人なのか、
全然わかりません。
日本みたいな国からくると、本当に不思議です。

学校は11月6日から始まるのです。
オランダ語かあ。
オランダ語を習う日が来るとはね。
人生って本当に、なにがあるかわかりませんねぇ。

スポンサーサイト

こわい

私の家の近くにはAH(アルバート・ハイン)というちょっと高めで整然としたスーパーマーケットと、
BAS(バス)という安いアラブ系?のスーパーがあります。
私が普段利用しているのはBASのほう。
家から近いし、大分値段が安いんですよね。
BASは面白くて、
ムスリム系のレジの女の子はちゃんとおそろいの赤いバススカーフで髪の毛を隠しているんですよ。
しかも可愛い子が多い。
アラブ系って彫りが深くて、美人が多い気がします。
髪の毛も巻き毛が多いし。

でもBASには、アラブ系だけあって、豚肉が売っていないのです。
夕飯は肉じゃがと決めていたので、
私は今日AHのほうに行ったのですが、
レジに並んでいたら、なにかが軽く背中とか頭とかに当たるんですよ。
何かと思ってふり向いたら、黒人の男性が、
超至近距離でニヤニヤ笑っていました。

・・・・・。

しかもその男性が、黄色い歯をむき出しながら、
声を押し殺して笑い、私が前を向くとぎりぎりまで接近しているようなのです。
ふり向くとすっと離れる。
笑いをかみ殺しながら。

・・・・・・・!

こ、こわ、こわい。普通に怖い。

私はどうも黒人が苦手でねえ。
黒人+挙動不審となるともう、大の苦手と言ってもいいくらい。
やっぱりちょっと人種が違いすぎて、怖いですよ。

ロシアには黒人が少なかったので、
黒人と友達になったこともないのです。

私の住んでいる近辺は、スラムみたいなところで、
私と彼氏を含めてまわりじゅう下層階級だらけ。
白人でも挙動不振な人はいますし、
そういう意味で言えば、
アラブ人・中国人・ヨーロッパ人と、
あらゆる人種の挙動不審が見られるわけですが、
なかでも黒人の挙動不審はこわいですねえ。
あの内側から湧き上がってくるリズム感のせいかな。
マリファナでハイになってるにしても、そのなり方が、
妙にエネルギッシュなのですよ。
こういう人たちは知り合いになれば、
すごく好きになっちゃうのかもしれないけど、
スーパーマーケットで隣り合わせるくらいの知り合いだと恐ろしすぎ
いつも係わり合いにならないようにしているんですが、
今日はなんと運が悪いのでしょう。

ウサギのように怯えて、
なるべく目を合わせないようにして内心で震えていたのですが、
支払いの段になって、緊張のあまり、
財布から小銭がばらけてしまいました。
あわてて拾って、それから品物を袋に納めていると、
その挙動不審の黒人が、
「お金。お金そこに落ちているよ(オランダ語なので推測)」
と教えてくれました。
なかなか見つけられないでいると、
スーパーの袋の下を指差して、にこっと笑いました。
2ユーロ硬貨でしたよ!

・・・・結構いい奴?

神さま、すみません。
今日私は人種差別をしました。

と思ったのでした。

しかし、彼とほぼ同時にスーパーの入り口から出てくることになったのですが、
彼はどこかに去るでもなく、
やはりニヤニヤ笑いながら、私のそばに立って身体を揺すっているのです。

・・・・・・。
・・・・・・こ、こわい・・・・。


愛機・ヘンリエッタ号(自転車)の鍵を外している間、
ずっと背中に彼の存在を感じ続けて、
かなり警戒していたんですけどね。
結局何にもなかったわけですが、なんだったのでしょう?
コワカッター。



deus

YouTubeってすごくありませんか?
音楽クリップとか、何でも観られるし。

Deusというベルギーのバンドがあって、
私が高校生くらいの時にちょうどファーストが出たんだと思うんですけど、
彼らのクリップを深夜のヒットチャート「UKなんとか(忘れたW)」で観て、
これが格好良くてねえ。
情報収集しようとしたんですが、
なにしろインターネットもない当時ですし、
高校生ですからね。
ベルギーのバンドなんて音楽雑誌でも全然触れていないし、
彼らのクリップを見る機会なんて、
その深夜のUKチャート番組の10秒~15秒くらい。
当時我が家にあったのは予約録画のできないビデオデッキだったので、
その10秒くらいのために2時か3時くらいまで起きて、
「あっ来たッっっ」などと兄と一緒に叫んだものです。
それも彼らの曲がUKのヒットチャートにのっていたわずかな期間だけ。
早速購入したCDの解説を別とすると、
それがDeusについて知っていることの全てだったわけです。

昨日ふと思い立って、YouTubeで「Deus」を検索してみたら、
なんと、あるではありませんか。
当時あれほど観たかったDeusのクリップが、
全部、全部あるわけですよ。
私と兄が惚れ込んだのは「suds&soda」というのですが、
最初から最後まで全部観られました。
懐かしくて、3回連続で舐めるように観ましたよ。
今の中高生はいいなあ。
このバンドについてもっと知りたい、クリップが観たい
と思えば、もう即行じゃありませんか。
情報が簡単に手に入ると間違った万能感が生まれるから良くないとか言いますけど、
Deusのクリップまるごとなんて、この年になるまで結局見られなかったわけですからね。
ジャーナリストでもない庶民が、
欲しい(アクチュアルな)情報を自分で手に入れられるようになるツールって、
実はすごくいいと思いますね。

というわけで、DeusSuds&sodaです。
http://www.youtube.com/watch?v=HA_yytxckTo

この手をつないで叫ぶ感じが・・・。
もうねえ、あの頃、たまらなかったわけですよ。
キャアアアアですよ。
Deusの団扇とか売っていたら買ったと思います。
あの、「ばーり、ばーり」とやけっぱちで叫んでいる人が私の初恋の人です(嘘です)。
それはバリ島のこと?
なんでもいいけど、格好いいですよー・・・。
第一、ハンサムですよ。
Deus、ぜひ観てみてください!

そういえば最近私の兄のパンクバンドがイギリスでライブをしたのですが、
その映像がなんとYouTubeに!
だ、大興奮!

http://www.youtube.com/watch?v=BWbgGxIAs4g

お、お兄ちゃん!
お兄ちゃんが出てるよッ!




NL CATS

昨日かの高名なミュージカル、CATSを観てきました。
オランダバージョンです。歌も全部オランダ語。
何を言っているのかさっぱりわかりませんでしたが、ま、猫ですから。
わかると思うほうがおかしいのであって。
言葉がわからなくても、ものすごく楽しめました。
チケット代50ユーロ。高い!
でもセットは豪華でした。劇場中が豆電球でキラキラしているのです。

出だしに猫たちがちょっとづつ集まってきて、
ぱらぱらと歌い出だす頃から喉の辺りが苦しくなり、
なんだろう、これは?と思っていたのですが、
みんなで固まってハレルヤ!と歌うところで、

あ、いけない、泣いちゃう・・・・

ということに気がつき、愕然としました。

私昔、四季の『ライオンキング』を観て、
出だしで客席をキリンがのしのし歩いているのに、
やはり涙が出そうになって、必死にこらえたことがあるんですよね。
まあ、その後に四季特有の変なしゃべり方を聴いてさあーっと冷めたわけですが。

ミュージカルの始まりとか、映画の予告編に涙が出てしまうというのは、
なんでしょうね、あれは?
経験した方も多いのではないかと思いますが。
なんだか、でも、よく出来たお芝居の始まりというのは、
いつでもどこか健気で儚げで、やけに遠くて、
胸が痛むようなところがありますよね。

オランダ猫たちは、やはり大きかったですね。
Munkustrapという銀色に黒縞の猫なんか、どのくらいあったんだろう?
2メートルくらいじゃないのかな?
とにかく、みんなむちゃくちゃ背が高かったですよ。

Grizabellaという、落ちぶれたもと娼婦の猫がいるんですが、
この役をやったのは、Anita Meijerという、
ロッテルダム出身の、オランダでは昔すごく有名だった歌手だそうです。
今は落ちぶれてしまって、テレビにあまり出なくなったそうですが。
この人の「メモリー」http://www.youtube.com/watch?v=cJHzoAmA8Ecは実感がこもっていて(?)すごく良かったです。
ちょっと声がハスキーで、投げやりな感じでね。
また泣きそうになっちゃった。
隣にやたらとフウフウ鼻息をついて、いびきをかき、
芝居中にしきりにワイフと話しあう爺さんが座っていたのですが、
この爺さんも「メモリー」の時にはエキサイトしていました。
芝居が終わって、ホールにこの歌がBGMとして流れると、
ぞろぞろ帰ってゆく群衆に混じり、小声で一緒に歌っていましたから。
かすれた小声に、ここでも人生を感じましたね。

ただ、オランダ勢は踊りはうまいけど、歌は全体的に今ひとつでした。
歌がうまい人は踊らず、踊れる人は歌が下手。
日本人でももっとちゃんと歌うだろう、と思った人が何人かいました。
今度はブロードウェイで観てみたいな。

と思って、YOUTUBEでCATSの映像を探したんですが、
結構世界中で上演されているんですよねー。今更ですが。
しかも、世界中で完コピされているようですね。
完コピはどうやら四季だけの専売特許じゃないですよ。
オランダバージョンと、ブロードウェイで、
まるで同じ人たちがやっているように見えました。
衣装からセットから。チラシから演出から。
役作りが大体一緒ですから。

そんな感じで見続けていると、なんと!

ロシアのCATS発見!!!

興奮!
そういえば、ノラ猫はロシアにもたくさんいました。
ロシアの猫は冬はどうしているんだろう。
路上からいなくなってしまうんですけど。

ロシア版CATSはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=_YvkYGtPN3o

Rum Tug Tuggerという、ワイルドな猫がいるんですけど、
そのナンバーをMTVでやったようです。
モスクワのクレムリン劇場でやったCATSの宣伝のようです。

http://www.youtube.com/watch?v=DlHbk4zx-qc&mode=related&search=

オランダバージョンではデヴィッド・ボウイぽかったけど、
ロシア版では、なんだろ、これ?
田舎のロックスターという感じに仕上がっています。
ちょっとカッコ悪いな

それにしても、
ぅぉおお、ロシアでCATS!
なんと時代は変わったのでしょう。

観たい!観たい!
本場(「ロシアのCATS」というカテゴリーにおける本場)で観たいですよ!
どんなことになってんだろう?
バレエの層が厚いだけに、ダンスのレベルは高そうですけどね。

タイのCATSとか、観てみたい。
中国のCATSの、上海雑技団とのコラボとか。
アフリカのCATSとか、ものすごく良さそうですよね。
アフリカのCATSは絶対にただのCATSじゃないですよ。
ライオン・キャッツみたいな、
もう全然違う分野になっているんじゃないかな!
「africa」「cats」「musical」というキーワードで検索しても、
本物の猫の写真しか出てこないので、
多分まだアフリカでは上演されていないのだと思いますけど・・・。

それにしても、面白かったなあ。
やっぱり劇場はいいですね。最高です。


さすらいの孤児ラスムス君

神様のほんとうのふざけ屋カッコウ鳥
プロフィール

Kachika

Author:Kachika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
102336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27391位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。